記事

iPhone速度低下に対応、次期OSベータ版に新機能

[24日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は24日、iPhone(アイフォーン)のバッテリー劣化への対処で動作速度を意図的に遅くしている問題で、次期基本ソフト(OS)である「iOS11.3」のベータ版にバッテリーの劣化具合や修理が必要かどうかを表示する機能を追加すると発表した。

ユーザーは、予想外のシャットダウンを防ぐ機能が作動しているかどうかを把握し、この機能をオフにすることもできるようになる。

ただアップルは、こうしたアップデートが実行可能な時期については今春のiOS11.3の配信後としか説明していない。

アップルは昨年12月、アイフォーンの「6」「6s」「SE」で動作が遅くなる現象が起きると認めた。

*見出しを修正しました。

あわせて読みたい

「iPhone」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの生ビール販売中止は正解

    ヒロ

  2. 2

    「ドラクエ式」が被災地で大活躍

    中妻穣太

  3. 3

    小室圭氏留学 皇室パワー利用か

    NEWSポストセブン

  4. 4

    山本太郎氏の品位欠く罵声に呆れ

    早川忠孝

  5. 5

    橋下氏「定数増法案は戦後最悪」

    AbemaTIMES

  6. 6

    田原氏「麻原彰晃はマジメな男」

    田原総一朗

  7. 7

    枝野幸男氏「私こそ保守本流」

    キャリコネニュース

  8. 8

    豪雨よりも欧州視察 立民に呆れ

    櫻井充

  9. 9

    川上量生氏 五輪事業辞任を説明

    川上量生

  10. 10

    野党の卑しい不信任決議案に反対

    足立康史

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。