記事

暗号通貨でサイバーおけら街道が建設される ~そんな都合の良い仕組みができるわけないだろ~ - 山本一郎

 おけら街道…… それは、競馬場で身銭を盛大にすって、敗北者たちが背中を丸めながら駅へと向かう残念な道のことです。世界はこんなに明るく輝いているのに、どうしてギャンブルに負けた人はこんなに残念な存在なのでしょう。勝てると思って意気揚々と馬券を買い、思い通りにいかなくて外れ馬券をちぎって空に投げる。この見る者の心の中に8割の物悲しさと、2割のざまあみろとの微妙なブレンドを醸させるおけら街道は、私がよく子供の手を引いて歩く水道橋にも存在します。爽やかな汗を流したスポーツマンや、行われるコンサートに胸を躍らせる若者たちに交じって、黒や灰色や濃紺や深いこげ茶などのどどめ色をした地味に貧乏くさいギャンブラーが徘徊しているのはWINSがあるからでしょうか。


東京・水道橋にあるWINS後楽園 ©iStock.com

暗号通貨という新しい賭場

 もちろん、証券投資でやらかした人、FXで有り金を溶かした人、投資の界隈の「なるだけ生活に困らない金額を自分で設定して、無理のない範囲で投資しましょう」という呼びかけも空しく、絶対勝てるという高揚感に負けて全力で相場を打ち、盛大に討ち死にするジェントルメンがあとを絶ちません。そこに賭場がある限り、ポケットに突っ込んだ金額を全部ぶち込まなければ気が済まない愛すべき人種は一定の割合でおられます。

 そこへ出てきたのが暗号通貨の世界です。仕組みは良く分からないけど、何となく凄そうじゃないですか。貼られた値札の値動きで一喜一憂したい人たちにとって、これほど魅力的な賭場はありません。だって仕組みは良く分からないんだもの。証券は一応企業の業績や景気の動きといったバックグラウンドについて勉強したほうが勝率が上がりそうだ。FXも短期的な値動きはともかく実際の通貨の売り買いであることは理解できる。しかし、暗号通貨は正直なんのことだか分からないって人がいっぱいいるでしょう。


©iStock.com

 一昨年、暗号通貨って何かというNHKの番組に出たときは、まだビットコインもせいぜいはした金で面白半分に突っ込むものであり、そういう画期的な世界もあるんだよぐらいのものだったわけです。取引所まるごと吹っ飛んだり、詐欺に遭って被害届を出したけど警察側が仮想通貨がなんなのかさっぱり分からないから、商店街の発行する商品券つきスタンプのようなものと理解して被害者に対して「発行元は誰だ? いない?? なんだそれは?」とか詰めるという悲劇もありました。

「これはバブルだろww」と思って勝負を降りてしまいました

 時は下って2年ほど経過すると、いまや暗号通貨は乱立し、実態の乏しい暗号通貨を使ってさらに実態の怪しいICOという集金手段が花盛りとなって、牧歌的だった仮想通貨界隈は装いを変えてしまいました。言うなれば、のんびりとした下町の商店街が突然やってきた謎のデベロッパーによっていきなり地上げされて高層ビルとタワーマンションが乱立してしまった武蔵小杉のような状況です。タワマンは綺麗なのに東横線に乗れなくてラッシュ時は行列するという。

 私なんかは、たいした値段もつかなかったころにまとまった金額をいれていたんですけど、なんか価格が40万を超えたあたりから「これはバブルだろww」と思って勝負を降りてしまいました。この時点でほとんど売ってしまい、手元には普段使いする程度のわずかな量しか残っていなかったのですが、まさか210万円を超えるとは思ってもいませんでした。私のこの握力の無さを呪いたくなる気分ですが、それでもまだ、仮想通貨やそれを支えるブロックチェーンの技術を知り、自分の判断で降りているので恨みもなければ損害もありません。


©iStock.com

 しかし、本当に困るのは技術も知らず、何となく儲かりそうだからと札束を握りしめて暗号通貨売買に乗り出してきた一般ピーポーです。いや、危険だからやめておけって。ケツ毛までむしられるおけら街道の怖さを知らないだろ。こんなの一昨年から仕込んでないとまとまった利益なんかでないよ。そう思っているうちに、暗号通貨は一説には12月に9.5兆円もの関連取引が行われる一大市場になってしまったといいます。

誰もが熱狂するものはたいてい壮大な落とし穴が待っている

 金融の歴史を紐解けば、それこそオランダのチューリップ球根投資や南海泡沫事件、ごく最近もネットバブルの崩壊といった、誰もが熱狂するものはたいてい壮大な落とし穴が待っているという残念な事例が多数転がっていることを知ることができます。中古でいいからエドワード・チャンセラーの『バブルの歴史』を是非読んでみて欲しいんですよ。世の中、そんないいことばかりは続かないようにできているんです。


マウントゴックス事件というものもあった ©時事通信社

 さらには、暗号通貨の取引所最大手を自任する会社が、100億円の営業利益を引っさげて株式上場したいらしく投資家界隈にレポートを書いておるわけですよ。あっ、そうですか。曰く、取引の80%以上がレバレッジ取引とのこと。え、取引額のかなりの割合が全力2階建とか大丈夫なの。相場が下落したら屋上でウェイウェイやってた投資家全員墜落して死ぬじゃん。サービス内容よく見たら、投下した元金の15倍の取引が行えるハイレバレッジ商品まで提供しているじゃないですか。

相場として必要な機能が必ずしも備わってない

 これは死ぬ。素人は絶対に死ぬだろ。この会社に限らず暗号通貨取引についていうならば、暗号通貨の値段が決定する約定のシステムはハイビットレートではあるものの、売りと買いのスプレッド幅が大きいうえに、決済が不能なら1時間近く、下手すると4時間とか待たされる。つまり何を言いたいのかというと、手持ちの暗号通貨の相場が下落したのでお前が売りたいと思っても、いま表示されている金額で売れる可能性は皆無で、相場が下がりきってから「約定しました~」といってクソ以下の価格で取引されてしまうことがあるかもしれない。単純に言えば、暗号通貨の取引においては、相場として必要な機能が必ずしも備わってないってことじゃないですか。


©iStock.com

 そういう不安定な市場での取引で、システム上、高倍率のレバレッジがかけられるというのは「失敗した投資家は死ね」と言われているに等しい。というのも、レバレッジ付けて暗号通貨を仕込んだが最後、最悪数分、数十分で投下した金額が吹っ飛んだうえに負債が発生して、口座が強制クローズされかねないわけであります。これって、為替FXがいままさに「最大レバレッジを10倍までにしよう」と投資家保護をやってるネタと思い切り逆行するんすよね。

日経平均もニューヨークダウも続伸していますが……

 そういう世界観の商品に暗号通貨がなってしまった、仮想通貨の面白さが結局は博打の具になってしまうというのは残念ではあります。だけど、この世の中には「暗号通貨が儲かる」という不確かな情報で動いてしまう個人がそれほどまでに多く、また調べもせずにお金を突っ込んでしまう人たちが大きな相場を作っているのだということを胸に刻んで、私たちはまた一歩、大人になっていくのでしょう。


©iStock.com

 そして、振り返ったとき「何だったんだろう、あれは」と思い返すことになるのです。

 日経平均もニューヨークダウも続伸していますが、これが「あのとき楽観的にしていなければ良かったのに」ということにならぬよう。

(山本 一郎)

あわせて読みたい

「仮想通貨」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    三浦瑠麗氏発言 日英で認識に差

    小林恭子

  2. 2

    羽生結弦 五輪2連覇に複雑な韓国

    文春オンライン

  3. 3

    日韓合意に釘刺された文氏の誤算

    文春オンライン

  4. 4

    東京五輪 真夏回避は日本の責務

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    中学入試に思考力試す超難問出題

    NEWSポストセブン

  6. 6

    「妊娠は管理できる」という幻想

    中野円佳

  7. 7

    60歳以上の待遇劣化が抱える矛盾

    川北英隆

  8. 8

    北が工作員を手配する動機はない

    高英起

  9. 9

    維新・足立議員が懲罰動議に反論

    足立康史

  10. 10

    就職難の韓国人女性が五輪に苦言

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。