記事

橋下徹「体罰をやめさせる僕の最終手段」

元横綱・日馬富士による後輩力士暴行事件が貴乃花親方の理事解任へと飛び火し、混乱が続く相撲界。改革の一つのモデルとなるのが、大阪市立桜宮高校のケースである。部活の体罰に抗議し生徒が自殺するという大事件が起きた当時、大阪市長を務めていた橋下徹氏が取ったのは「入試の中止」「教職員の大幅入れ替え」という強烈な措置だった。プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」(1月23日配信)より、抜粋記事をお届けします――。

■関係者にも当初は実感がなかった「体罰で自殺者」の恐ろしさ

(略)

組織の雰囲気を変えるというのは非常に成果が見えにくいことである。そしてそれを成功させるためには妥協を許さない徹底した改革の取り組みが必要である。

そのためには、改革が一定成果を上げるまでは、組織の活動をいったん止めてしまうことが非常に有効だ。ある種のショック療法だ。このようなショックを与えることで、活動を再開させるために組織のメンバーが皆必死になって改革に取り組む。

大阪市立桜宮高校で体罰を原因とする生徒の自殺事件が起きた時は、入試直前だったんだけど、僕は問題のスポーツ科の入試を中止にしようとした。最初は学校自体を廃校にするとまで叫んで大騒ぎした。

※桜宮高校の体罰自殺事件については以下の記事を参照
橋下徹「なぜ相撲界の常識は非常識か」

当然、教育委員会や教育委員会事務局は入試中止に猛反対。メディアも自称インテリも猛反対。保護者や生徒からも罵詈雑言を浴びせられたね。特にスポーツ科を目指して受験の準備をしてきた子供たちやその親御さんは、「橋下憎し」だっただろうね。


写真=iStock.com/maroke

大手新聞社も社説で僕の入試中止の方針を批判してきた。テレビメディアも連日批判。関西テレビなんて、生徒を集めたインタビューを流して、生徒の切実な抗議という姿を映した。この影響は大きかったな。大阪の有権者のほとんどが、いったんは生徒の味方、橋下批判になったんじゃないかな。桜宮高校に僕が行って生徒に説明しても、生徒からは文句ばかりだった。

当初は関係者をはじめ大阪市民も、体罰で生徒が自殺した学校の恐ろしさ、というものを強くは感じていないようだった。それよりも目の前の入試を何とかしなければ、という感じだった。

違う。組織を抜本的に立て直すというのであれば、いったんその組織活動は停止にしなければならない。そしてきちんと立て直してから組織活動を再開する。

組織の立て直しの途中に、新しいメンバーを入れても、そのメンバーは昔の悪しき雰囲気の名残に浸かってしまう。

■出直し選挙も考えた教育委員会とのガチンコ勝負

雰囲気を変えるということは、組織メンバーや組織に関わる者全員の強烈な意識改革を断行するということだ。そして雰囲気を変えるためには、ほんの少しでも昔の雰囲気を引きずってはならない。完全なる作り直しが必要だ。

だから雰囲気を変えるまでは新しいメンバーは入れない。新しい活動はやらない。完全に雰囲気が変わってから組織活動を再開する。

教育委員会が入試中止は無理だと言うので、最後は伝家の宝刀を抜いた。ここは教育委員会制度の盲点で、僕は法律家だったのでそこに気付いていた。それは予算執行権というものだ。入試をやるかどうかは教育委員会が決定権を持っているけど、それに予算をつけるかどうかは僕の権限だ。ゆえに僕はこの予算執行権を振りかざし、たとえ教育委員会が入試をやると決めても、市長として金はびた一文出さないと僕は宣言した。

これにも批判の嵐が巻き起こったね。教育委員会制度の破壊だ、と。

結局教育委員会で最終的に多数決を採ったところ、「スポーツ科の入試中止」が決定した。ここはまさにガチンコ。当時は前任の市長が選任した教育委員がまだ残っていたので、僕の方針は否定されると思われていた。文科省も、入試は実行されるだろうと思っていたらしい。

実はね、僕は教育委員会が入試をそのままやるという決定を出したら、市長を辞任し出直し市長選挙をやってやるつもりだった。松井一郎大阪府知事と、当時日本維新の会でタッグを組んでいた石原慎太郎さんにだけそのことを伝えたら、びっくりされたよ。松井さんは僕の性格を知っているから、仕方がないな、と。石原さんは最後まで出直し市長選挙は止めた方がいいんじゃないか、とアドバイスをくれていた。出直し市長選挙のことはこの2人にしか話していなかったので、そのこと自体は騒ぎにならなかったけど、教育委員会の採決のときは、大勝負だったね。

■「勝利至上主義の催眠術にかかっていた」

入試をやるなら桜宮高校には予算はびた一文出さないという前代未聞の宣言、そしてイザというときには出直し市長選挙をやってやろうという僕の気迫を教育委員会は感じ取ってくれたのか、最後は僕の方針通りに入試は中止するという教育委員会決定になった。「教育委員会は首長から独立して決定しなければならないのに、橋下の軍門に成り下がった」などの批判も噴出した。それでも、とにもかくにも桜宮高校はスポーツに特化した高校という看板をいったん返上した。僕は受験生に対して、スポーツの看板を下ろした桜宮高校が嫌なら他の高校を受験して欲しいと記者会見で言い放った。

入試を中止した後、桜宮高校の抜本改革にすぐに取り組んだ。僕は、校長、教頭の経営陣はもちろんのこと、同校の現場教員を全員入れ替えると叫んだ。現実的な人員確保の問題から全員交替とはいかなかったけど、3分の1ほどは教員を入れ替えた。そして外部からバレーボール全日本女子代表監督を務められた柳本晶一さんを同校の改革担当顧問として招き、改革リーダーになってもらい実権を渡した。そして柳本さんを支える事務方体制も整えた。

それから1年、徹底した改革によって桜宮高校は甦った。それまでの勝利至上主義からプレーヤーである生徒を第一に考えるプレーヤーファーストの理念を確立し、学校組織全体にその徹底が図られた。柳本さんも一時は勝利至上主義で鉄拳制裁をやっていた人だからこそ、そのおかしさを真に悟り、プレーヤーファーストという理念に行きつき、それを実践した実績がある。本でお勉強して頭で考えた抽象論じゃないから迫力がある。だから組織のメンバーもついてくる。

そこでスポーツ科の入試を再開したんだ。

僕を応援してくれていた人の子供が桜宮高校に通っていた。僕がこんな騒動を起こしたもんだから、その人は僕に、自分の子供が桜宮高校に通っていることや桜宮高校のこの問題について話せなかったらしい。1年後に入試を再開してから、その人が僕に言うには「橋下さんが入試を中止した直後は妻や子供は橋下さんに対して、おかしい! と言っていたけど、1年経った今、妻や子供は、やっぱり橋下さんが正しかった、学校が生まれ変わった、生徒や保護者の意識が変わった、かつては勝利至上主義の催眠術にかかっていたみたいだ、と言っている」と話してくれた。無茶苦茶うれしかったね。

その後いたるところで、桜宮高校の関係者、特に実際に通っている生徒、通っていた生徒、その保護者の多くから「学校が生まれ変わった。ありがとうございます」と言われた。そして多くの人が口をそろえて言うのは、橋下市長が入試を中止したときには殺してやろうかと思った! だって(笑)。大阪の人たちは激しいね(笑)

(略)

(ここまでリードを除き約2700字、メルマガ全文は約1万1600字です)

※本稿は、公式メールマガジン《橋下徹の「問題解決の授業」》vol.88(1月23日配信)を一部抜粋し簡略にまとめ直したものです。もっと読みたい方は、メールマガジンで! 今号は《待ったなし大相撲改革(3)】「なんちゃって」では逆効果! これが第三者を使った本当の改革のやり方だ》特集です!!

(前大阪市長・元大阪府知事 橋下 徹 写真=iStock.com)


橋下徹公式メールマガジン 好評配信中!Vol.89は1月30日配信予定

政界に突然彗星のごとく現れた男は、大阪の何を変え、誰と戦い、何を勝ち得たのか。改革を進めるごとに増える論敵、足を引っ張り続ける野党との水面下での 暗闘をメルマガ読者だけに完全暴露。混迷が続く日本経済、政界の指針を明確に指し示します。元政治家、弁護士、そして7人の子どもを持つ親として、読者からの悩みごとにもズバリ答えます!

橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン
【ご購読はこちらから→】http://hashimoto.president.co.jp/
橋下徹と直接議論できるサロン『橋下徹の激辛政治経済ゼミ』
【お申込はこちら】→橋下徹の激辛政治経済ゼミ

あわせて読みたい

「桜宮高校体育科の入試中止問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    石破氏の安倍氏批判はまるで野党

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    慰安婦の日が騒がれなかった理由

    WEDGE Infinity

  3. 3

    朝日のギャンブル報道が支離滅裂

    木曽崇

  4. 4

    若者の性交離れ 女子に顕著傾向

    NEWSポストセブン

  5. 5

    テスラCEO 資金枯渇で極限状態か

    広瀬隆雄

  6. 6

    生保世帯へ冷房補助 条件に疑問

    メディアゴン

  7. 7

    中国「金融難民」の怒りが爆発

    ロイター

  8. 8

    NHK委託業者の悲惨な労働実態

    しんぶん赤旗

  9. 9

    ポケモン声優死去 哀悼の声続々

    キャリコネニュース

  10. 10

    堀江氏 ユニクロとZOZOの間狙え

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。