記事

睡眠も“外で楽しむ”時代? 「絶頂睡眠」に「睡眠カフェ」、拡大する“睡眠ビジネス”

「異空間みたいな感じ」(21歳・女性/大学生)
「タイムマシーンに乗っているような感じはしましたね」(30代・男性/金融関係)

 このような声があがり、オープン前から約4万6000人が予約待ちとも言われた原宿のある店舗。1階のエントランスには、歯車がモチーフの巨大なオブジェにアンティーク調の小物が置かれ、さらに店舗の軸となる3階には無数の電子時計が壁に光る不思議な空間が広がる。

 「『絶頂睡眠』という睡眠を体験していただける、睡眠のテーマパークなんです」と説明してくれたのは「悟空のきもち」ヘッドマイスターの風間咲希さん。絶頂睡眠とは「快感が絶頂に達した時に一気に寝落ちするサービス」のことで、水やオイルを使用しない無水ヘッドスパで一気に寝落ちさせる絶頂睡眠の技術が人気の頭の揉みほぐし専門店「悟空のきもち」の新店舗だ。

 内装は絶頂睡眠を体験したお客の声を参考にしたといい、「寝落ちの仕方とか寝てからあっという間に時間が経っていたということで、『タイムマシーンに乗ったみたいだ』というお声をいただいて、それを実現したお店なんです」と風間さん。

 実際に「スタンダード60分コース(税込6690円)」を体験した女子高生は、サービス開始から1時間経ったことに「えっまじで?寝てた…」と驚いた様子。「めっちゃ気持ちよかった。一晩中寝てた気がした。ここ(こめかみ辺り)を押されて、指を離された時にめっちゃ眠気がくる。これが絶頂の意味なんだろうな」と感想を述べた。

 風間さんが「外食みたいに、睡眠も外で楽しむ時代になってきていると思う」と話すように、去年、ネスレが期間限定でオープンした「睡眠カフェ」も行列ができるほど話題になった。はたして、「睡眠」はビジネスになるのだろうか。

 一般社団法人日本眠育普及協会代表の橋爪あき氏は“睡眠ビジネス”について次のように話す。「ここ2、3年ですごく活発になってきている。今まで健康というと、食事と運動に気をつけることばかり言われていた。しかし、睡眠がダメだと全部チャラになってしまうということを、研究者の方やお医者さんが一生懸命メディアに働きかけてきた。メディアもどんどん放送するようになり、みんなが睡眠に関心を持ってきた」。

 また、多くの人が感じたことがあるだろう日中の眠気について「問題は時間帯。お昼寝のリズムというのが人間にはある。午後の1~3時くらいまでに15分くらい寝るのがちょうどいい」とアドバイス。最近では、仕事中に十数分~数十分程度の短い仮眠をとる「パワーナップ」が流行るなど、昼寝に注目が集まっているという。

 さらに、現代の高校生や若者は睡眠時間が短いという指摘もある。その原因に「スマホ」をあげ、「一番悪いのは、寝る直前までスマホをいじっていること。スマホから出ているブルーライトがメラトニンという眠りを誘うホルモンを低下させてしまう。そして眠りの質を落とす」と、寝る1時間前にスマホ操作をやめる事を推奨した。

(AbemaTV/『原宿アベニュー』より)

『原宿アベニュー』は毎週土曜日 12:00~14:00「AbemaNews」チャンネルにて放送!

あわせて読みたい

「睡眠」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    兄から性的虐待7年 妹が苦悩語る

    渋井哲也

  2. 2

    橋下氏「自民亭」への批判に苦言

    PRESIDENT Online

  3. 3

    不倫の安倍チルドレンまた文春砲

    文春オンライン

  4. 4

    外国人比率75%の街が東京に出現

    NEWSポストセブン

  5. 5

    小1死亡 エアコンつけぬ行政の愚

    永江一石

  6. 6

    広島豪雨で見えたマツダの地元愛

    片山 修

  7. 7

    マツコ「消去法で普通科」を批判

    キャリコネニュース

  8. 8

    能力ない2割の人と共存する社会

    Chikirin

  9. 9

    マナー欠如の中国人にタイが怒り

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    小室氏が婚約者主張? 宮内庁怒り

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。