記事

iPhone電池交換にユーザー殺到も「要交換」は1割 修理業者は商機に積極姿勢


Parilov / Shutterstock.com

 昨年、ソフトフェアテスト企業がベンチマークテスト結果を公開したことに端を発するiPhoneバッテリー問題。この問題を受けてアップルはパフォーマンス低下の可能性のある機種のバッテリー交換サービスを始めたものも、問題が収束する気配はまだない。その一方で、iPhoneの修理業者はバッテリー問題をビジネスチャンスと捉え、攻勢に出ている。

◆バッテリー交換は一苦労

 ビジネスインサイダーによると、現在アメリカ各地のアップルストアにはバッテリー交換を求めてユーザが殺到している。各ストアには技術的知識が豊富な店員が製品のトラブルに応対する「Genius Bar」が設けられているが、店舗によっては数時間待たされることもあるという。

 こうした待ち時間を我慢して、ようやくGenius Barの順番がきても安心できない。というのも、現在iPhoneバッテリーは品薄状態だからだ。店員にバッテリー入荷の手配をしてもらっても、店舗に届くまで2~3週間はかかる。iPhone 6 Plusに至っては、3~4月まで待つことになる。同機種のバッテリーは、メーカーが製造を停止してしまっていたからだ。

 ついにバッテリーを交換できたとしても、まだ油断はできない。アメリカ中西部のGenius Barで接客するあるアップルストア店員は、「バッテリー診断に基づけば、本当にバッテリー交換が必要な端末は、ご注文を受けたもののうち10%にも満たないことをぜひお伝えしたいです」と述べる(ビジネスインサイダー)。なお、バッテリー交換が不要な端末の場合、パフォーマンスはほとんど向上しない、とのこと。

◆バッテリー問題はビジネスチャンス?

 アップルストアでバッテリー交換が遅々として進まないなか、テック系ニュースサイト『ブリンクワイヤ』が伝えるところによると、テクノロジー・サポートサービスを手掛けているOA機器販売企業OfficeMaxは、iPhoneバッテリー交換を28ドル(約3,100円)で行うサービスを始めた。この価格は、29ドル(約3,200円)で行うアップルのサービスよりわずかに安い。何より注文を受けた当日にバッテリーを交換するというのだ。同社のサービスでは1年間の保証がつくものも、アップル公式のものではない。しかし、安いうえに待ち時間が短いとなると、多くのユーザがこのサービスを利用するのではないだろうか。同サービスは2月4日まで実施予定だが、バッテリー在庫は刻一刻と変わっている。

 ところで、同様の問題はiPadでは起こらないのだろうか。この疑問に対して、携帯電話ニュース専門サイト『GSMアリーナ』は実際にiPad Air 2を入手して検証を行った。その結果、iPad Air 2にはバッテリー劣化によるパフォーマンス低下は見られなかった。この結果に関して、同メディアはiPadのバッテリーはiPhoneに比べて物理的に大きい(約4倍)なので問題が起こらなかったのではないか、と伝えている。以上の検証記事は、今後iOSがメジャーアップデートするたびにパフォーマンステストを行う予定と結ばれている。

◆アップルは手痛い報いを受けるかも

 そもそも、アップルはなぜ一部の機種のパフォーマンスが低下するような措置を行ったのか。その答えは、世界各国のアップル公式サイトに掲載されたコメントを読めばわかる。同社が言うには、バッテリーの経年劣化は避けられないのだが、バッテリーが劣化した状態で高負荷がかかると端末がシャットダウンすることがある。このシャットダウンを回避する策として、バッテリー劣化が予想される機種に高負荷がかからないように、あえてパフォーマンスが低下する措置を講じていた、とのこと。この措置において問題なのは、パフォーマンス低下の理由をユーザに十分に周知しないまま行っていたことにある。前出のビジネスインサイダーの記事は、この問題に関してアメリカの国会議員も疑義を呈し、訴訟を起こすという話もあることを伝えている。

 実際、ロイターによると昨年12月27日の時点で8件の訴状が提出されており、同社がダメージを被ることは避けられない。投資銀行のバークレイズのアナリストは、バッテリー交換対象機種を所有するユーザのうち10%が新機種購入よりもバッテリー交換を選択した場合、最大で100億ドル(約1兆1,000億円)の売上を失う可能性があると試算している。

Text by 吉本幸記

あわせて読みたい

「iPhone」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本が世界第4位の移民大国な訳

    ビデオニュース・ドットコム

  2. 2

    翁長氏の治療批判する記事に苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    客離れに苦しむ鳥貴族の戦略ミス

    MONEY VOICE

  4. 4

    愛子さまにボーイフレンドのお噂

    SmartFLASH

  5. 5

    麻生氏サマータイム論はデマカセ

    赤木智弘

  6. 6

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬へ?

    田中龍作

  7. 7

    勝利優先で生徒追い込む高校野球

    文春オンライン

  8. 8

    とりあえず否定から入る日本人

    ヒロ

  9. 9

    すぐそこに迫る脱・現金化の大波

    MONEY VOICE

  10. 10

    新型ジムニーに国内外から熱視線

    フォーブス ジャパン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。