記事
  • ヒロ

他人事ではないアメリカ企業の雄、GEの苦境

アメリカ人に知っている会社を10社上げよ、といえば必ず入るであろう会社の一つがゼネラル エレクトリック(GE)でしょう。日本ではあまりなじみがないかもしれませんが、アメリカ人の家庭にはGEの製品が必ず一つや二つあると言われています。

では何の会社かといえば航空機エンジン、医療機器、原発や発電、家庭用電化製品、更に金融もあるコングロマリットであり、アメリカのダウ指標が1896年にできてから一度も外れたことがない唯一の会社という、どう逆立ちしてもアメリカの代表的企業であります。

そのGEはあまりにも多くの著名経営者を輩出してきました。トーマス エジソンが創業し、最近ではジャック ウェルチ(1981-2001)やジェフ イメルト(2001-2017)両氏が経営者としてあまりにも有名で、共に非常に長くトップに君臨してきました。(そのはるか前の経営者もおおむね10-20年前後、長い人は30年もトップに君臨しています。)

さて、その誰でも知っているGEは今、苦境のどん底にあります。それはあれだけ称えられたイメルト前CEOが残した負の遺産の処理があまりにも膨大だからであります。メディアには「GEの解体」のタイトルが躍ります。ただでさえ冴えない業績で配当金を半分にすると発表し、株主の失望感やるせないところにGEキャピタルが手放したはずの保険事業に関し、将来の支払いのための巨額費用を計上せざるを得ないことが「発覚」し、大騒ぎになったことで「GEよ、お前ももうここまでか?」というトーンになっているのだろうと思います。(このシナリオ、東芝とそっくりであります。)

株価はリーマンショック時の一時的下落を除き、1997年並みの水準です。ダウがこれだけ騰勢を強める中、一社足を引っ張っているといっても過言ではないでしょう。それこそGEが普通に成長していたらダウは今頃27000ドルを目指していたかもしれません。

同社の問題はコングロマリット型経営の難しさを物語るものであります。ビジネスの主流が装置産業型で巨額の投資を要するものが多い中で時代の流れに乗りそこなうと全くダメになってしまうリスクを抱えるのであります。イメルト氏が2年ぐらい前に航空機のIoTに先鞭をつけたとインタビューで発言し、強いリーダーシップをとっているようプレゼンしていたのは「カラ元気」だったのでしょうか?

実はGEの苦境を見て東芝の経営の難しさとかなり似ていると感じました。事実、その業務範囲も似ています。東芝は売却という対応を取りました。そしてついに上場維持の確約が取れるところまで落ち着きました。GEも当然、事業の切り売りをすることになるとみていますが解体には至らないはずです。いくら何でもGEもそこまで落ちぶれてはいません。

カナダにバリアントという製薬会社があります。この会社は買収に次ぐ買収で世界有数の製薬会社まで躍り出るのですが、粉飾決算で株価は20分の1まで落ち込み、経営危機がささやかれました。が、そこから必死のリストラ、事業売却、様々な悪い噂をはねのけ、株価は安値から3倍まで戻しました。今も再生の道をひたすら歩んでいます。GEもこんな感じになるとみています。


日本にはこの手の巨大企業はたくさんあります。また、それら企業に経営的問題を抱えているところもずいぶんあります。(具体的企業名は影響があるので書きません。)構造変化への対応が遅れるとGEや東芝のような問題を抱えやすいことは目に見えています。一方、それらコングロマリットの経営者は会社の屋台骨を揺るがすようなそんな事態には「させない、ならない、そんなはずはない」の「3ない」を信じているはずです。

以前から申し上げているように社会の変化や技術革新は「積みあげ」から「掛け算」を通り超えて「ワープ」する時代になっています。かつては地道な努力が勝利に結びつく美談がありました。20年ぐらい前、MBAを取った連中は経営ノウハウを駆使し、レバレッジで大きくジャンプすることを誇らしげに語っていました。

今、そんな話は古臭くて聞いていられません。ワープの世界とはありえない世界が一瞬のうちに起きるのです。それは今までの常識も既存ビジネスも発想もすっかり裏返しになります。これは経営者にとっては恐ろしい話なのです。

コングロマリット企業や多業種を抱えている企業はどうしたらよいのでしょうか?私はそれぞれの分野が最新の技術とノウハウで生き残り策を模索すると同時にコングロマリットというガチガチの関係から企業内の緩い連携に変えるべきだと考えています。「俺たちは同じ船だぜ」という時代ではありません。みんな別々の船でリスクをヘッジする時代です。うちの会社の従業員は10万人というのは自慢ではなくて経営の足かせになるかもしれません。

GEの話は海の向こうのお話しではありません。日本でも第二、第三の東芝問題は必ず起きるとみています。

では今日はこのぐらいで。

あわせて読みたい

「企業経営」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    愛子さまにボーイフレンドのお噂

    SmartFLASH

  2. 2

    日本が世界第4位の移民大国な訳

    ビデオニュース・ドットコム

  3. 3

    麻生氏サマータイム論はデマカセ

    赤木智弘

  4. 4

    勝利優先で生徒追い込む高校野球

    文春オンライン

  5. 5

    石破氏の安倍氏批判はまるで野党

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    中国のサーモンは偽? 無知な批判

    永江一石

  7. 7

    客離れに苦しむ鳥貴族の戦略ミス

    MONEY VOICE

  8. 8

    とりあえず否定から入る日本人

    ヒロ

  9. 9

    テスラCEO 資金枯渇で極限状態か

    広瀬隆雄

  10. 10

    草の根スタイルの元議員に限界か

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。