記事

ビットコイン急落 ~ 予測可能だった年初からの急落

「仮想通貨全体の時価総額は7日に8100億ドル(約90兆円)を超える水準まで膨らんでいたが、16日は5400億ドルを下回った。ちょうど3分の1の価値を失った格好だ。仮想通貨の変遷をつぶさに眺めてきた京大大学院の岩下直行教授も「こんな『総崩れ』は見たことがない」と驚きを隠さない」(17日付日経電子版 「ビットコイン急落、オルトと『共倒れ』 アルゴの売りも」)
金融市場の難しいところは、価格の動きを「つぶさに眺め」ても本質は見えてこないところ。小生が講座等で必ず話すことは「相場」からアプローチする限り、「金融の本質」に辿り着くことはまずできないということ。
「ビットコインの急騰劇に対して『バブルである』との警告を発する専門家たちもいる。しかし仮想通貨に限らず、バブルであるかの判断基準は必ずしも価格ではない。(中略)『バブル』だから価格が急落するのではなく、価格が急騰・急落するから『バブル』と呼ばれるようになるということである」(1月4日公開拙コラム「【新春展望】2018年金融市場は「ビットコイン」と「日銀」が波乱要因に」
「仮想通貨で1億円以上の資産を得た『億り人(おくりびと)』がメディア等で取り上げられるようになったが、もし『もはや2017年ではない』というキーワードが現実のものになるとしたら、それを真っ先に痛感するのはこうした人たちかもしれない」(同拙コラム
「巷の『価格が割高に買われるのがバブルだ』という主張に欠けているのは、なぜその時期にバブルが発生し、そして崩壊したかという時期的な説明がないからである。」(同拙コラム
年末年始に公開したコラムの中で、ビットコインが急落する可能性が高いことを指摘した。勿論仮想通貨の「総崩れ」は見たことはないが、市場価格の急騰急落は何回も繰り返されていることで、仮想通貨市場だけで起きた特別な現象ではない。

ビットコインがどこまで上昇するかという「相場」的視点から考えるのではなく、金融、或いは金融市場がどのように成り立っているのかということから考えると、このタイミングで仮想通貨の急落が起きる可能性があることは予測可能な出来事だったといえる。

あわせて読みたい

「ビットコイン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの生ビール販売中止は正解

    ヒロ

  2. 2

    「ドラクエ式」が被災地で大活躍

    中妻穣太

  3. 3

    小室圭氏留学 皇室パワー利用か

    NEWSポストセブン

  4. 4

    山本太郎氏の品位欠く罵声に呆れ

    早川忠孝

  5. 5

    橋下氏「定数増法案は戦後最悪」

    AbemaTIMES

  6. 6

    田原氏「麻原彰晃はマジメな男」

    田原総一朗

  7. 7

    枝野幸男氏「私こそ保守本流」

    キャリコネニュース

  8. 8

    豪雨よりも欧州視察 立民に呆れ

    櫻井充

  9. 9

    川上量生氏 五輪事業辞任を説明

    川上量生

  10. 10

    野党の卑しい不信任決議案に反対

    足立康史

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。