記事

世界の広告費予測ーー18年ネットがTV超える!

電通の海外本社「電通イージス.ネットワーク」(本拠地:英国ロンドン市)は、世界59カ国・市場から収集したデータに基づき、世界の広告費成長率予測を取りまとめた。

それによると、世界の広告費成長率は、中央および東ヨーロッパを除く世界各地で成長がやや鈍化したことに伴い、2017年は2016年対比で低下する見込みだが、2018年は世界の広告市場の3分の1を占める北米をはじめ、アジアパシフィックやラテンアメリカでの成長が上向くことから、2017年(予測3.1%)を上回る3.6%の成長となり、総広告費は5895億ドルになると予測している。

この成長率には、主にデジタル広告のさらなる拡大と、「2018年平昌冬季オリンピック.パラリンピック競技大会」「2018 FIFAワールドカップ.ロシア大会」「米国の中間選挙」など大型イベントによる貢献が反映されている。

国別で見ると、2018年の成長率の傾向は一様ではなく、米国(17年予測2.6%→18年予測3.2%)、ドイツ(2.2%→2.6%)、インド(9.6%→12.5%)では大きく伸びる一方、英国(3.2%→2.9%)、ロシア(12.9%→10.4%)、中国(6.0%→5.4%)では減速を予測。日本は、緩やかで安定的な経済成長に伴い、2018年には1.6%(17年予測1.0%)になると見ている。

また、広告費のデジタルシフトは今後も継続すると見ており、世界のデジタル広告費の成長率は2017年の15.0%に引き続き、2018年も12.6%と、2ケタ成長が続くと予測。そのけん引役は、オンライン動画広告やソーシャルメディア広告で、2018年の成長率はそれぞれ24.5%、23.5%となる見通し。なお、モバイルデバイス向けのデジタル広告は、2017年にデスクトップPC向けを追い抜き、2018年には1211億ドルに達する見込み。その結果、2018年には世界の総広告費に占めるデジタル広告費の割合は38.3%となり、初めてテレビ広告費(35.5%)を上回る見込み。

あわせて読みたい

「オンライン広告」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    若い世代ほど麻生氏支持のワケ

    永江一石

  2. 2

    小西氏罵倒 自衛官の屈辱に理解

    中田宏

  3. 3

    小室さん母 出勤往復にタクシー

    女性自身

  4. 4

    林大臣が通う「個室ヨガ」の実態

    NEWSポストセブン

  5. 5

    防衛省が国民の敵発言を隠ぺいか

    小西洋之

  6. 6

    林大臣 公用車でキャバクラヨガ?

    文春オンライン

  7. 7

    逆効果?野党の#MeToo運動に苦言

    大西宏

  8. 8

    希望と民進「国民民主党」で合意

    民進党

  9. 9

    世論理由に辞任求めるのは間違い

    常見陽平

  10. 10

    内閣支持率3割切るも野党は低迷

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。