記事

「夫婦がうまくいっていれば、すべてがうまくいく」─2人の時間は、一番お手入れが必要なもの

1/2

1.jpg

「夫婦デートの時間」はもちろん義務ではありません。だからこそ、意識的に時間をつくり大切にする――。 子育てや仕事は頑張って当たり前、そんな風潮の中、あえて仕事や子育ての時間を削ってでも「夫婦デートの時間」を優先するフランス人夫婦のソフィーさんとジョアンさん。

夫婦が共働きであることが普通になっているフランスでは、日本と同様に育児と仕事に追われている女性がたくさんいます。もちろんフランスでも、すべてを両立させるのは大変なこと。それでも「夫婦の仲が良ければすべてがうまくいく」と信じ、マニュアルや他人の意見に流されず優先順位をつけて、うまく時間をコントロールする。

そんなソフィーさんに、夫婦のありかた、家庭と仕事のバランスについて、インタビューしてみました。なぜ「夫婦の時間」を大切にするのか。仕事と家庭の両立、メリハリを大切にするパリジェンヌの言葉には、夫婦が協力して幸せに暮らすためのヒントが溢れていました。

忙しくても「夫婦デート」の時間をつくる努力は忘れない

井田 おふたりは「夫婦デート」をどれくらい実施しているのですか?

ソフィー 週一回は夫婦で夜出かけるようにしています。

井田 必ず、ですか?

ソフィー はい。二人目が生まれてからは、さらに平日に有休を取って、夫婦二人だけでデートする日を二ヶ月に一度は持つようにもしました。

井田 定期的に期日を決めて、協力して『夫婦の時間』を作っているのですね。

2.jpg

公共機関に勤務するソフィーさん(36歳:写真右)とメーカーで輸出関連業務をしているジョアンさん(35歳)はフランス人の夫婦。7ヶ月と3歳半の2人の子育てをしながら、共にフルタイムで働いている。産後3ヶ月で仕事に復帰したソフィーさんは、「生活にメリハリを持つこと」と「夫婦の時間を意識的に持つこと」の大切さに気づき、育児をしながらも夫婦デートの時間を優先して捻出することを自らの生活で実践している。

ソフィー 当然ベビーシッターを雇ったり、両親に預けたりするので、お金や時間がかかりますが、この努力を忘れてはいけないと思っています。

井田 どうしてそこまで「夫婦デートの時間」を、大切にするのでしょうか?

ソフィー 仕事や子育ては、どうしても義務感があるので、頑張ってやりますし、時間も割いていますよね。その点、夫婦間というのは、意識しないと時間が見つけられない。だから、デートの時間を定期的につくることを大切にしています。

井田 たしかに、子育てをしていると夫婦の時間は意識しないとなかなか持つことが難しいですよね。

ソフィー そうなんです。私は、極端に言うと「夫婦がうまくいっていれば、すべてがうまくいく」と思っているんです!

離婚率が高いフランスだからこそ気づくこと

井田 愛の国フランスといいますが、離婚率は世界的にみても高いですよね?

ソフィー そうですね……。私たちの周りにも離婚したカップルはたくさんいます。

井田 どのような原因が多いのでしょうか?

ソフィー もちろん一概には言えませんが……、仕事も子どももアパートもみんな素敵なのに、夫婦仲が悪くなって離婚してしまうカップルをたくさん見てきました。

井田 そうなんですね。

3.jpg

ソフィー そうなると子どもの精神状態にも影響するかもしれませんし、仕事にだって気持ち良く行けないかもしれません。だから私個人としては、一番気をつけて、お手入れしてあげなければいけないのが、夫婦の時間だと考えているんです。

井田 夫婦仲は家庭の要(かなめ)ということなのですね。

ソフィー はい。なので、私たちは子どもとの時間と同じくらい、夫婦の時間を大切にしています!

夫婦円満の秘訣「視野を広げる行為は、一緒にする」

井田 では、もし夫婦デートの時間を持たなかったら、どうなると思いますか?

ソフィー きっと、日常に忙殺されるでしょうね。私は性格的に、仕事と子育てだけでは切り替えがしにくくなって、視野が狭くなってしまうと思います。

井田 私も子育てをしているので、その気持ち、わかる気がします。

ソフィー そうなれば、きっと、ナーバスになることもあるし、マイナス面ばかりが気になってしまうかもしれません……。だから、生活にメリハリをつけて、効率よく時間を使った方が、気分転換になると考えています!

井田 具体的に、二人の時間はどんな風に過ごしているのですか?

4.jpg

ソフィー 外食をしたり、映画を観に行ったり、スポーツしたりです。デートという名の文化活動だと思っていて、夫婦で一緒にすることによって、外的刺激を一緒に受けて、お互いにリフレッシュできるんです。

井田 そうした体験は、楽しい話として子どもに聞かせてあげることもできますね。

ソフィー そうなんです。だから私は『視野を広げる行為は、夫婦一緒にすること』を大切にしています。 どちらか一人が新しい世界を見てしまうと、ズレを生じるようになったりするきっかけになるかもしれませんから……。

あわせて読みたい

「結婚」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    那覇市長選 与党が敗北した要因

    田中龍作

  3. 3

    韓国また合意棚上げ? 注目の判決

    tenten99

  4. 4

    サウジ記者殺害 米IT企業が窮地?

    幻冬舎plus

  5. 5

    3億円事件告白 出版社の仕込みか

    tokyo editor

  6. 6

    50人以上応募 音喜多新党に期待

    早川忠孝

  7. 7

    文大統領の苦しい国家運営と外交

    ヒロ

  8. 8

    マツコが悟った松田聖子のすごさ

    SmartFLASH

  9. 9

    「汚い顔は失礼」神田うのが炎上

    女性自身

  10. 10

    堀江氏「もう一度東大受ける」

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。