記事

中国の経済数値は本当に正しいのか? - 澁谷 司

 2018年の年明け早々(1月11日)、カンボジアを訪問中の李克強首相が昨2017年の中国のGDPは6.9%前後だと明言したが、李首相のその数字は“ブラックジョーク”としか思えない。何故なら2007年、李克強が遼寧省トップだった頃、米高官に中国の経済数字は「人工的」だと発言し、それをウィキリークスが暴露したという経緯があるからだ。

 当時、李は(1)電力消費量 (2)貨物輸送量 (3)銀行の貸付残高―この3つは信用に足ると述べた。これが、有名な「李克強3指標」である。中国では一旦前年のGDPが発表されると、その後は一切修正はない。普通の国ならば再計算され、GDPの初期値はしばしば修正される。しかし、中国では北京政府によって最初から数値が決定されているため、全く誤差が生じず修正されない。真に不思議である。

 さて、我々は以前より近年の中国の景気は良くないと主張してきた。例えば、他国への輸出入が低迷し、(前年度比)2015年は-7.0%、2016年は-0.9%と落ち込んだ。基本的に中国は中間財を輸入し、最終財を輸出している。輸出入の伸び悩みは、GDPに大きな影響を与えただろう。

 また、中国における固定資産投資は2009年来ずっと“右肩下がり”である。2015年は10%、2016年には遂に2桁を切って8.1%まで落ち込んだ。そして、昨年2017年は7%台に終わる公算が大きい。

 発電量は、2015年には-0.3%と一時マイナスとなった。また、貨物輸送量も2014年は-2.6%、2015年は-5.0%と2年連続マイナスが続いた。

 2008年の「リーマンショック」の際、まだ経済規模が我が国(世界第2位)より小さかった中国(世界第3位)は、4兆元(現在のレートで約60兆円)の財政出動をして、世界経済を救済したと言われる。10年前の出来事だった。

 ところが、今や中国経済は(北京政府が発表している通りに成長していれば)、日本の2倍の規模となっている。仮に、その経済規模の中国が、本当に6.7%〜6.9%も成長していれば、隣国の我が国も当然恩恵を受けているはずではないか(反対に、我が国が7%近く経済成長をしていると想像していただきたい。恐らく“バブル景気”に沸いているだろう)。それどころか、習近平政権は安倍政権に秋波を送っている。北京は日本にも「一帯一路」に参加し、投資してもらいたいという思惑が透けて見える。目下、割と景気の良い米国(「トランプ効果」か)でさえ、せいぜい3%前後の成長である。それでも、世界経済を牽引するには十分だろう。

 かつて、世界一中国へ輸出依存していた台湾(馬英九政権による「中国一辺倒」政策)が2015年の第3四半期・第4四半期、2016年の第1四半期と第3四半期連続のマイナスとなった。もし中国が、6〜7%の成長を遂げていれば、台湾経済がマイナスに陥るはずはないだろう。

 同様に、中国への輸出依存度が高い韓国やオーストラリアも、近年ではせいぜい2~3%の成長である。その理由は改めて言うまでもない。ここ2、3年、中国経済が悪かったからである。

 確かに、2017年に入り、中国は少し景気が上向いてきた。例えば、輸出入が漸くプラスに転じ、景気回復の兆しが見られる。だが、依然、大して景気は良くないし、今後も良くならないだろう。

 それは、習近平政権が掲げる「サプライサイド経済学」(小さな政府を目指す)と北京政府が行っている施策(共産党が民間企業まで干渉しようとする)が真逆という点とも関係する(これほど矛盾する経済政策は珍しい)。

 他方、習近平主席の国有企業(親方五星紅旗)重視の姿勢は、景気浮揚への足を引っ張るかも知れない。国有企業は、民間企業に比べて非効率かつ借金まみれの体質だからである。更に北京政府は「ゾンビ企業」の整理が遅れている。これらの企業が生き残れば、時間とともに、中央政府の財政が益々逼迫するだろう。

 以上のような中国経済の厳しい状況にも拘わらず、何故世界の多くのマスメディアが北京政府発表の数字をそのまま垂れ流しするのか理解できない。中国だけが経済学の常識で測れないというのだろうか。

 良識あるマスメディアならば、「中国共産党が発表している数字には疑問符が付く」という注釈を加えるべきではないか。そうでなければ、世界のマスメディアは中国政府のお先棒を担ぐ機関へ堕したと受け止められても致し方あるまい。
澁谷 司(しぶや つかさ)
1953年、東京生れ。東京外国語大学中国語学科卒。同大学院「地域研究」研究科修了。関東学院大学、亜細亜大学、青山学院大学、東京外国語大学等で非常勤講師を歴任。2004~05年、台湾の明道管理学院(現、明道大学)で教鞭をとる。2011~2014年、拓殖大学海外事情研究所附属華僑研究センター長。現在、同大学海外事情研究所教授。
専門は、現代中国政治、中台関係論、東アジア国際関係論。主な著書に『戦略を持たない日本』『中国高官が祖国を捨てる日』『人が死滅する中国汚染大陸 超複合汚染の恐怖』(経済界)、『2017年から始まる!「砂上の中華帝国」大崩壊』(電波社)等多数。

あわせて読みたい

「中国経済」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    不倫疑惑の山尾氏 ついに離婚へ

    文春オンライン

  2. 2

    ZOZO前澤氏の英語スピーチは満点

    広瀬隆雄

  3. 3

    よしのり氏 医師の文句受け失望

    小林よしのり

  4. 4

    安倍外交批判するロシア紙に反論

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    三田佳子次男 元乃木坂も現場に

    文春オンライン

  6. 6

    杉田氏擁護で炎上 評論家が反論

    キャリコネニュース

  7. 7

    非核化へ誠意が見えない南北会談

    団藤保晴

  8. 8

    100億円超? ZOZO前澤氏の月旅行

    THE PAGE

  9. 9

    信頼ない? 進次郎氏の欠点は独身

    新潮社フォーサイト

  10. 10

    パチンコ広げた在日韓国人の苦難

    宇佐美典也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。