記事

旅人・中田英寿「記憶に残る一番のシーン」答えられない理由

nakata_1

 元サッカー日本代表の中田英寿が、1月9日放送の『トーキングフルーツ』(フジテレビ系)に出演した。

 3年間世界中を旅して回ったという中田。スーツケース1個で回った町は90以上にも上る。「あのときは年に数日しか日本にいなかった」と振り返る。

 司会の古舘伊知郎が「野暮な質問していいですか? 『この町のこのシーンだけは忘れられないな』っていうのを1個だけ教えて欲しい」と質問すると。

「それ、サッカーのときに『どのシーンが1番嬉しかった?』って聞かれて、『いや僕らは負けた試合も勝った試合も覚えてます』と言うのと同じで。それだけ旅をしていても、基本的にはどれも覚えているんです。なぜかっていうと、なんとなくで旅をしてないから」

 覚えていることが多すぎて、「ひとつあげろ」と言われても簡単には絞れないという。さすがの古舘も「なんで無慈悲なんですか」とツッコミ。なかなかインタビュアー泣かせの中田であるが、なぜ答えないのか。その理由を語り始める。

「サッカーを辞めた後に、『なんで旅をしたんだ』『なんで日本を回った』『なんで工芸やっているんだ』『なんで日本酒やっているんだ』『なんで社会貢献やっているんだ』と、たくさんみんな聞くんですね。

 それはポイントでしか僕を見ていないから。人生の中で基本的には、僕はブレてないんです。だけどみんなポイントで聞くから、なんでこれをやっているか知らない。

 サッカーは『子供のころ好きでやってました』でみんな納得するのに、他のものに関しては理由がない限り認めないんです」

 中田には周囲からの「なぜ?」の声が理解できないという。

「僕は好きだからやったんです。好きだから軽い気持ちではなく追い込んでやった。それはサッカーでもそうだし、旅も『軽い気持ちでは行きません』と。

 追い込むから、とにかく(いろんなところへ)行くと。それはすべて共通であって、僕の生きてく上ではなんでも同じこと。

『好きなことは誰よりも一生懸命にやる』ってことしかしていないのにも関わらず、(取り組む)ものが変わると必ずみんな『なんで?』って言うんですよね」

 中田は、世界中を回った後の『AERA』(2009年3月23日号)にて、日本各地を巡る計画について、「理由とかって、難しいんですね。こういうのって理由なく思うことだから、突然。小さいことの積み重ねであって」と答えている。

 さらに日本酒に興味を持ったきっかけに関しては、2014年11月1日の『週刊ダイヤモンド』で、酒蔵メーカーの社長との対談にてこう明かす。

「海外に行くと、人々が日本に対して非常に興味を持っていることに気付きました。でも、十分に応えられない自分がいた。そこで、日本のことをもっと知ろうと思って国内で旅を始めました。農業や伝統工芸、神社仏閣、宿など多くを見聞きする中で、日本酒の魅力にも気付いたんです」

 海外から日本へ、そして日本酒。なるほど中田の人生を流れで見ていけば、彼がブレていないことがよくわかる。

あわせて読みたい

「海外旅行」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本人がアメフト問題に腹立つ訳

    永江一石

  2. 2

    眞子さま見せた紀子さま拒絶の姿

    NEWSポストセブン

  3. 3

    6月の米朝首脳会談中止を発表

    ロイター

  4. 4

    日大に致命傷与えた稚拙な広報

    早川忠孝

  5. 5

    日大は雪印逆ギレ会見の二の舞か

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  6. 6

    森友交渉記録に昭恵氏関与の形跡

    森ゆうこ

  7. 7

    橋下氏「弁護士会も日大も同じ」

    橋下徹

  8. 8

    日大アメフト 元凶はカルト指導

    大西宏

  9. 9

    MJのありえない動きを医者が解説

    BBCニュース

  10. 10

    堀江氏 中高教育の9割は意味ない

    サイボウズ式

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。