記事
  • 東龍

イケア(IKEA)の無料ソフトクリーム施策は他でも効果があるのか?

1/2

イケアの施策が話題

Yahoo!ニュースのトピックスでも取り上げられ、NewsPicksでも盛り上がっていますが、<イケアの混雑対策に「ナイスアイデア!」 リツイート2.5万件超の評判>で紹介されているように、イケア(IKEA)の取り組みが注目されています。

その取り組みとは、イケア港北とイケア立川のフードコートでレシートに印字された時刻から30分以内に他の客へ席を譲れば、当日限り有効となっている50円のソフトクリーム券をプレゼントするというものです。

回転数の向上

この施策はイケア港北では2010年から、イケア立川では2017年3月からと、以前から行われていましたが、多くの人が知らなかったこともあり、余計に拡散されました。

飲食店、特に単価が低い飲食店では回転数が重要なので、既に食べ終えており、追加の注文もしない客には早く退店してもらいたいです。

しかし、何度も注文を訊きに行ったり、水の交換が滞ったりするくらいのことはあるかも知れませんが、面と向かって早く出ていってくれと言う飲食店はほとんどありません。

何故ならば、店から追い出すのは、ホスピタリティとは対極の応対になり、評判が悪くなるからです。

イケアでは、回転数の向上をこのようなネガティブな施策で行うのではなく、ソフトクリーム無料というポジティブな施策で行っています。客にインセンティブを与え、気持ちのよい体験に転化しいているのは素晴らしいことです。

他の業態ではどうか

今回はフードコートという業態でしたが、他の業態でもイケアと同じような施策をとれるのでしょうか。

以下の業態について考えてみます。

・ファインダイニング
・ラーメン
・ブッフェ
・カフェ
・ファミリーレストラン

ファインダイニング

ファインダイニングは回転数を向上させるために、客に対して何かしらの優待を行うことはまずありません。

何故ならば、基本的にランチもディナーも1回転を考えているからです。

フルコースに関して言及すると、ランチタイムであれば1時間30分くらいを要し、ディナータイムであれば2時間以上を要するでしょう。料理人やパティシエ、サービススタッフが最高に集中できることも考えたら、1回転が妥当なのです。

1回転しかしないので、早く退店してもらっても売上にはつながりません。客単価が高い業態であるだけに、むしろ値段に対する満足度を高めるためにも、客にはある程度長くゆっくり滞在してもらった方がよいでしょう。

従って、ファインダイニングでは、ソフトクリーム無料のような施策を行う必要はありません。

ラーメン

<はあちゅう氏も巻き込まれたラーメン1杯を4人で食べた炎上事件は、何がよくて何が悪いのか?>でも触れましたが、ラーメン店は回転数が命です。

ラーメン店は日本でも最も人気があるうちの業態のひとつであり、ファンも多いので、強気の店も少なくありません。そのため、食べている時に私語を慎むように要求したり、食べ終えたら速やかに退店することを半ば強要したりするところもあります。

また、人気ラーメン店は行列ができることがステイタスとなっていますが、行列が食べているプレッシャーを与えているので、客はあまり長居する気分にはなれないでしょう。

さらには、ラーメンは文化として確立しており、店主が尊敬の念を抱かれたりしているので、客が積極的にマナーを守り、ラーメン店の利益を守るという傾向もあります。

以上のことから、ラーメン店は回転数が重要ですが、回転数が向上するような環境となっているだけに、ソフトクリーム無料のように、客にインセンティブを与える施策は必要ないでしょう。

あわせて読みたい

「IKEA」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    チコちゃんに飽き?NHK編集が秀逸

    メディアゴン

  2. 2

    関口宏3選チクリ 自民議員が反論

    和田政宗

  3. 3

    石破氏に苦言呈す甘利氏に違和感

    郷原信郎

  4. 4

    半分、青い。の震災表現は逃げ

    井戸まさえ

  5. 5

    日村の淫行疑惑に高まる擁護論

    女性自身

  6. 6

    キングオブコントV逸 痛恨のミス

    メディアゴン

  7. 7

    中居正広がTVで語った本音に感銘

    文春オンライン

  8. 8

    「人権守れ」日本人のズレた叫び

    自由人

  9. 9

    大正製薬 特許切れで人員大削減

    MAG2 NEWS

  10. 10

    進次郎氏の沖縄入り 党に媚売り?

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。