記事
  • S-MAX

秋吉 健のArcaic Singurality:若者のSNS離れ……ならぬ「人々のSNS依存」。人はなぜ「いいね!」を欲しがり、そして疲れてしまうのか。SNSの現状とこれからを考える【コラム】

1/2


SNSと人々の関わり方について考えてみた!

突然ですが、筆者は自他ともに認める無類のTwitter廃人です。暇さえあれば(時には暇を作ってでも)タイムラインを眺め、気になる記事や話題を見つけては感想をつぶやいたりリツイートをしています。その頻度があまりにも多いため、フォロワーによっては相当迷惑しているだろうと思いつつも、ついついRTアイコンを押してしまうのです。

こんな筆者に限らず、世の中には似たようなソーシャルネットワーク(以下、SNS)依存の人は少なからずいるようです。いや、もしかしたら相当数の人々がSNS依存やインターネット中毒と呼ばれる状況にあるかもしれません。LINEの通知が常に気になる人、Instagramの「いいね!」の数に一喜一憂する人。そういった心理的な現象はなぜ起こるのでしょうか。またそれらは現実世界にどのような影響を与えるのでしょうか。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「[http://s-max.jp/tag/%E7%A7%8B%E5%90%89%E5%81%A5%E3%81%AEArcaicSingurality[Arcaic Singurality]]」。今回は若者を中心とした人々とSNSとの関わりを中心に、その正しい利用方法やSNS依存からの脱却について考えてみたいと思います。

as-006-004
人は人と繋がりたがる。そして世界を知りたがる

■女子高生とSNS

スマートフォン(スマホ)に特化したリサーチを軸に事業を展開するテスティーは、「現役女子高校生を対象に「ひとり」に関する意識調査」を2017年11月に公開しました。この調査は同社が継続的に行っている高校1年生~3年生の女性(以下、女子高生)に関する調査の1つで、女子高生500名を対象にアンケートを行ったものです。

その調査では「1人でいるのは好きかどうか」や「1人でいたくないイベント」のランキングなどが紹介されていましたが、筆者が注目したのは「SNS疲れを感じたことがあるか」という項目です。

はじめに、SNSアプリの利用状況においてはLINEが98.3%と圧倒的な利用率を達成して堂々のトップに。そしてTwitterが80.0%、Instagramが56.7%と続いています。これらのSNSの利用で疲れを感じたことがあるかという設問には51.4%の人が「ある」と回答しており、半数もの女子高生がSNSに過度に依存している状況が浮き彫りとなりました。

as-006-001
「若年層調査のTesTee(テスティー)調べ」(URL:https://testee.co/

恐らくこれは女子高生に限らない話だと思います。なぜ人は本来道具として使うべきアプリやデバイスに振り回され、悩みを持たなければいけないのでしょうか。冒頭に筆者はTwitter廃人だと書きましたが、筆者はSNSの利用で疲れたり対人関係で悩まされたりしたことがほとんどないため、まずはこの心理状況から考察する必要がありました。

■SNS依存は人間依存である

最初に筆者が辿り着いた答えは「SNS依存は人間依存である」という点です。人々はLINEやInstagramといった「アプリ」に疲れているわけではありません。極論を言ってしまえば、そのアプリがLINEであるのかInstagramであるのかなどは問題ではないのです。問題は、その先にいる人々との交流でありその反応なのです。

人は生きている限り何かしらの集団や組織、社会などに囲まれていますが、10代の学生にとってその集団や社会というものはとても狭い範囲であり、尚且つ非常に密度の濃い接点を持つ存在です。早い話が「学校」か「家庭」か、もしくはせいぜい「バイト先」程度の「世界」なのです。

実はこの状況、多くの社会人もあまり変わりがありません。朝起きて家族とせわしなく朝食を食べ、会社へ出勤し、取引先に出向き、帰社して残業を行い、帰宅して夕食を食べて寝る。その繰り返しの日々になっている人がほとんどではないでしょうか。「自宅」「会社」「取引先」の3つしか世界がないと言っても過言ではないでしょう。

しかし社会人と違い、学生の場合はさらに状況が深刻です。社会人はそのコミュニティにおいて人間関係よりも優先すべき「仕事」があります。そのため人の繋がりで成り立つSNSへプライバシーに関わるようなことをあまり書き込みたがりませんし、良くも悪くも波風が立つようなことは書き込みませんが、友人関係が全てとも言えるようなコミュニティを形成している学生にとって、そこは学校やリアルの友人関係の延長線のような存在になりがちだからこそ、学校でのグループや派閥的な存在がSNS上でも形成・再現されてしまったり、時には陰口などを書かれてしまい、それを気に病んで疲れてしまうのかもしれません。

as-006-002
学生は友人同士のつながりが強いからこそ疲れてしまう

あわせて読みたい

「SNS」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    本物?「三億円犯人」に直接取材

    BLOGOS編集部

  2. 2

    秋篠宮さま 小室親子はもう他人

    女性自身

  3. 3

    築地の営業強行は小池知事の責任

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  4. 4

    業界人が「干される」実態を告白

    NEWSポストセブン

  5. 5

    改憲反対を論じる石田純一を評価

    篠田博之

  6. 6

    百田氏が憶測で沢田研二叩き謝罪

    女性自身

  7. 7

    韓国のパラ五輪不正は組織的詐欺

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    人を傷つけることは表現者の宿命

    小林よしのり

  9. 9

    サウジ記者 遺体解体する音声も

    WEDGE Infinity

  10. 10

    無戸籍解消の有識者会議に識者0

    井戸まさえ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。