記事

憲法の包容力とはいい表現だ

「WEBRONZA」の倉持麟太郎氏の論文「憲法の包容力を再び」を全文読んだ。
見事だ。まったく見事だ。
わしがずっと言ってきた「自主防衛」の理念を見事に具体化する方法論を教えてくれている。

安倍改憲のビジョンは、軍隊未満の自衛隊のまま、集団的自衛権でアメリカについて行こうという「属国・日本」である。

護憲派のビジョンも、集団的自衛権が解放された現在の憲法典を一字一句変えず、「属国・日本」に安住しようという堕落でしかない。

どちらも主体的に日本国のビジョンを打ち出せない怠惰な勢力なのだ。

山尾・倉持が構想し、「ゴー宣道場」を媒介に国民が支持する憲法改正は、「立憲主義を貫く改憲」で、憲法の包容力を充実させようというものである。
わしもこの改憲構想を漫画化して、広く国民に知らせなければならない。

あわせて読みたい

「憲法改正」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新宿区が広報せず高齢者情報提供

    田中龍作

  2. 2

    おっぱい飲ませ登場 モデル賛否

    女性自身

  3. 3

    金持ちが駆使する相続税の抜け穴

    MAG2 NEWS

  4. 4

    日本の旅館が外国人にウケない訳

    内藤忍

  5. 5

    バブルを懐かしむ50代女性の貧困

    NEWSポストセブン

  6. 6

    神対応ボランティアの裏に仕掛人

    中妻穣太

  7. 7

    野田前首相 カジノ法案に目が点

    野田佳彦

  8. 8

    安倍首相を支える産経の無料記事

    舛添要一

  9. 9

    鳥貴族が大苦戦 値上げで客離れ

    MONEY VOICE

  10. 10

    ヒカキンが寄付呼びかけ16万人増

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。