記事

憲法の包容力とはいい表現だ

「WEBRONZA」の倉持麟太郎氏の論文「憲法の包容力を再び」を全文読んだ。
見事だ。まったく見事だ。
わしがずっと言ってきた「自主防衛」の理念を見事に具体化する方法論を教えてくれている。

安倍改憲のビジョンは、軍隊未満の自衛隊のまま、集団的自衛権でアメリカについて行こうという「属国・日本」である。

護憲派のビジョンも、集団的自衛権が解放された現在の憲法典を一字一句変えず、「属国・日本」に安住しようという堕落でしかない。

どちらも主体的に日本国のビジョンを打ち出せない怠惰な勢力なのだ。

山尾・倉持が構想し、「ゴー宣道場」を媒介に国民が支持する憲法改正は、「立憲主義を貫く改憲」で、憲法の包容力を充実させようというものである。
わしもこの改憲構想を漫画化して、広く国民に知らせなければならない。

あわせて読みたい

「憲法改正」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    本物?「三億円犯人」に直接取材

    BLOGOS編集部

  2. 2

    秋篠宮さま 小室親子はもう他人

    女性自身

  3. 3

    朝日「安倍支持ネット民は貧乏」

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    沢田研二の公演中止は罪深き甘え

    常見陽平

  5. 5

    よしのり氏「沢田研二は哀れ」

    小林よしのり

  6. 6

    サウジ記者 遺体解体する音声も

    WEDGE Infinity

  7. 7

    若者が野党を批判する理由に衝撃

    猪野 亨

  8. 8

    石破茂氏 自民党の改憲案に疑問

    石破茂

  9. 9

    謎の会社、ギガファイル便を直撃

    BLOGOS編集部

  10. 10

    18歳の47% 将来も新聞読まない

    宮崎正

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。