記事

対イラン制裁停止継続、トランプ氏「欠陥修復最後の機会」

[ワシントン 12日 ロイター] - トランプ米大統領は12日、核合意に基づく対イラン制裁の停止継続を表明した。

ただ、欧州同盟国や米議会とともに核合意の「ひどい欠陥」を修復する「最後の機会」とし、結果次第では米国が合意から脱退する可能性にも言及した。

120日以内に別の合意で内容を強化することを求め、実現しなければ、米国が単独で離脱する方針を表明。「だれも私の言葉を疑うべきでない」と述べた。

イランのザリフ外相はツイッター投稿で反応を示し、核合意は再交渉不可能で、トランプ氏の姿勢について「しっかりした多国間合意を台無しにする、自暴自棄の企て」と指摘した。

米財務省は、イランの司法部門責任者ら14の組織・個人に対し、新たな制裁措置を公表した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室哲哉を叩く東国原氏に苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    よしのり氏「文春を糾弾すべき」

    小林よしのり

  3. 3

    反基地は特定勢力? 政府の見解は

    和田政宗

  4. 4

    文春の小室報道は醜い「リンチ」

    片岡 英彦

  5. 5

    小室引退 実に後味の悪い文春砲

    渡邉裕二

  6. 6

    グラドルが語る放送事故の瞬間

    NEWSポストセブン

  7. 7

    ラーメン二郎に影響? もやし危機

    中田宏

  8. 8

    小室引退に坂上忍が辛口コメント

    NEWSポストセブン

  9. 9

    千畝読めない? 疑惑の首相を擁護

    文春オンライン

  10. 10

    寝落ち必至 睡眠ビジネスが拡大

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。