記事

男はなぜセクハラをしてしまうのか

1/2
今日の横浜北部は冬の関東地方らしく、よく晴れて寒かったです。

さて、前回の番組でも触れた、セクハラ問題についての最新研究の知見をまとめたワシントン・ポスト紙の記事を要約しました。

本ブログには珍しいタイプの記事かもしれませんが、「権力」という観点ではかなり関連性のあるものなので、あえてとりあげてみました。
====

男をセクハラに駆り立てるものは何か?:人間の「業」を科学的に説明

Byウィリアム・ワン

2017年12月22日

セクハラをしたと非難される人物の数は増える一方であり、その性暴力やセクハラの詳しい内容も段々と明らかになってきている。ニュースやツィッターで報じられるその詳細などを見るにつけ、われわれはここで、一つのひどい疑問を問うべきであろう。

それは「この男性たちはなぜこのような行動をするのか」というものだ。

もちろんこのような行動のうちのいくつかは、その男性のガサツな性格や、完全な女性蔑視によるものだと片付けることもできるだろう。ところが、これらの行動のどれだけの量が、その男性自身の性格によるものであったり、彼のいる文化的な環境によるものなのだろうか?

ある男性が他の男性よりもセクハラをする可能性が高い場合、その原因は何なのだろうか?そして女性が嫌がることをしている時に、彼らの頭の中には何が起こっているのだろうか?

社会学者や心理学者たちは、近年このような疑問を解明しようと取り組んできている。そのおかげで興味深い研究成果が着々と出てきており、中には現在の状況を踏まえると、かなり「挑発的」ともいえる答えも出ている。

Q: セクハラをしがちな男性と、それ以外の男性との差をつくっている原因は何なのだろうか?

ジョン・プライヤーは過去30年以上にわたってこの疑問にとりくんできた。セクハラ研究のパイオニアの一人として、プライヤー教授は1987年に「セクハラ見込み度」(Likelihood to Sexually Harass scale)と呼ばれる、男性のセクハラ傾向を測る方法を開発しており、これがセクハラ研究の金字塔を打ち立てることになった。

彼の開発したテストは10個のシナリオで構成されている。

たとえばその一つのシナリオでは「あなたが会社の社長で、新たに女性秘書を雇う」というものがある。志望者である彼女は雇ってもらうことに必死であると説明しつつ、社長であるあなたに対して好意を持った目つきで見るのだ。

このような状況でのような状況で、あなたが彼女を雇うチャンスはどれだけ上がるのだろうか?性的な見返りを求めて雇うだろうか?仕事について議論するために彼女を夕食に誘うだろうか?

イリノイ州立大学の心理学の学者であるプライヤー教授を始めとする人々は、長年にわたってこのような人工的な状況を実験室の中に設定し、このテストが人々の行動をどれほど予測できるものであるのかを研究してきた。

その結果として、セクハラをする人々の傾向として以下のような三つの特徴があることを見つけている。それは、

①共感力の欠如

②伝統的な男尊女卑の考え方を持っている

③優越感・独裁主義的な性格をもっている

である。

また、教授は電話インタビューで、セクハラをする人の周囲の環境の影響が非常に大きいことを研究者たちが発見したとも答えている。

彼によれば「テストで高い数値をもった人たちを、セクハラしても見逃されやすいセッティングの環境につれていくと、彼らは必ずセクハラをします。つまり免責状態(impunity)というものが、大きな役割を果たしているんですよ」と述べている。

Q: 権力を持った立場にいる人は、なぜハラスメントすることが多いのか?

近年増えてきた研究結果によれば、人間の認識と行動は「権力」(power)を持つことによってゆがめられてしまうことがわかってきている。

カリフォルニア大学バークレー校の心理学教授であるダシェール・ケルトナーは、「多くの研究で、権力は人間を衝動的な存在するという結果が続々と出ています。人間は権力を持つと、社会的な習慣についての心配は減り、自分の行動が他人の目にどのように映るのかという関心そのものが減るというのです」と述べている。

たとえばケルトナー教授が行った実験では、

1,自分のことを「金持ちだ」と感じている人のほうが、車を運転している時に横断歩道で歩行者に道をゆずる確率が下がる

2,自分のことを「権力者だ」と感じている人のほうが、子供からキャンディーを取り上げることができる可能性が高い

3、実際に権力を持っている地位の高い人のほうが、自分のことに意識を集中させがちであり、他人をモノとして扱う傾向が多く、他人が自分にいかに好意を持っているのかを誇張しがちである

という。

「つまり一種の自己中心主義になる、ということですね。頭で考えていることがそのまま周囲の世界にも当てはまると考えてしまう、ということです。ハーヴェイ・ワインスタインのような人間は、”俺がこれだけムラムラしているんだから、周囲も同じようにムラムラしているはずだ”と考えてしまうんですね」とケルトナー教授は述べている。

あわせて読みたい

「セクハラ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室引退 実に後味の悪い文春砲

    渡邉裕二

  2. 2

    よしのり氏「小室哲哉は気の毒」

    小林よしのり

  3. 3

    河野氏の韓国強硬外交は歴代突出

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    千畝読めない? 疑惑の首相を擁護

    文春オンライン

  5. 5

    小室引退に坂上忍が辛口コメント

    NEWSポストセブン

  6. 6

    小室哲哉 3年前から妻とぶつかる

    THE PAGE

  7. 7

    外国人も失望? 蔓延する残念和食

    NEWSポストセブン

  8. 8

    高須院長 南北合同の五輪に激怒

    NEWSポストセブン

  9. 9

    いきなりステーキ脅かす競合登場

    NEWSポストセブン

  10. 10

    年収1000万円の銀行員が続々転職

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。