記事

胡錦濤氏の長男が浙江省台州市トップ 異例の出世に批判も


【胡錦濤・元国家主席(左)の長男が大出世(時事通信フォト)】

 胡錦濤・元国家主席の長男、胡海峰氏が浙江省台州市トップの党委員会書記に昇格していたことが分かった。王昌栄・党委書記が浙江省党委員会書記兼市政法委員会書記に転出したための昇格だが、台州市は沿海部の経済・観光都市で、浙江省内でも重要都市であり、前任者同様、浙江省幹部へ道が開けたといえる。

 胡海峰氏は2年前に国有企業幹部から嘉興市長に転じており、ビジネス界から政界入りした幹部が、わずか2年という短い行政経験を経て、沿海部の主要都市のトップに就くのは極めて異例。

 ネット上では「ビジネス界からすぐに市長になり、たった2年で市トップというのはまさにロケット出世。胡錦濤氏という親の七光り以外の何ものでもない」とのやっかみともとれる書き込みがみられる。香港紙「明報」が報じた。

 胡海峰氏は1971年生まれの46歳。中国有数の名門校、上海交通大学を卒業後、父の胡錦濤氏の出身校でもある清華大大学院のビジネススクールを終え、同大が出資する国有企業の幹部に就任。

 その後、胡海峰氏はアフリカのナミビア政府に対して、空港で使う検査機器を売り込んだ際、収賄疑惑が報じられたことで、企業幹部を辞任し、清華大副秘書長に転じた。その翌年、嘉興市にある同大の浙江清華長江デルタ研究院のトップに就任しており、その縁で、嘉興市の党委副書記に就任している。

 通常、市の党幹部には県級(中国の場合、県は市の下部組織)の行政機関の幹部経験者が昇格するが、胡氏の場合、行政経験が皆無で市の党幹部に就任しており、行政上の手続きが無視された形だ。

 胡氏が今回、トップに就任した台州市は、天台宗発祥の地である天台山や、中国の名刹で天台宗の中心的な寺院、日本の弘法大師が修行したとされる天台国清寺など観光の名所で知られる。人口も550万人と嘉興市の335万と比べると大都市で、面積も前者が1万平方キロ、後者が4000平方キロと2倍以上と行政区分は格上だ。

 それがわずか2年間の行政経験だけで、極めて異例の人事となった。

 2年前の嘉興市長への就任についても、当時としては極めて異例の出世だけに、ネット上では「サラブレッドはロケット出世が当たり前。党は実力ではなくて血統を大事にする」との批判が取りざたされた。今回も台州市トップ人事でも、上部機関の極めて意図的な思惑が感じられるだけに、今後も胡氏への風当たりが一層、厳しくなりそうだ。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計理事長のドサクサ会見は卑劣

    宮崎タケシ

  2. 2

    香川が名乗り 仲間も予想外のPK

    文春オンライン

  3. 3

    ZOZO田端氏の残業代ゼロ論は呪い

    国家公務員一般労働組合

  4. 4

    朝日の信頼度が5大紙で最下位に

    島田範正

  5. 5

    米朝会談で断たれた北の逃げ道

    MAG2 NEWS

  6. 6

    新幹線を叩くマスコミに違和感

    MAG2 NEWS

  7. 7

    飲酒で出社 フジテレビの思い出

    幻冬舎plus

  8. 8

    キンコン西野 大阪地震でSNS炎上

    女性自身

  9. 9

    楽しい食事をダメにする残念な人

    内藤忍

  10. 10

    W杯は現場よりTVで観た方がいい

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。