記事

安楽死問題 何でも明快にして線を引くことの危険性


【養老孟司氏と宮下洋一氏(左)】

 脚本家・橋田壽賀子氏の安楽死宣言以降、NHKや雑誌がこぞって特集を組むなど、日本でも安楽死容認論が高まってきた。65歳以上の高齢者が3500万人を超える日本にあって、終末期医療の一つの選択肢になり得るのか。

 近著『遺言。』(新潮社刊)がベストセラーとなった養老孟司氏(80)は、解剖学者として数多の死に接してきた。国際情報誌・SAPIO連載にて世界の「安楽死現場」をルポし、このたび『安楽死を遂げるまで』(小学館)として上梓した宮下洋一氏(41)とともに、日本の安楽死議論から抜け落ちている視点を語りあった。

宮下:数多の死を見てきた先生にも、死は、一般化できないのでしょうか。

養老:はい。極論を言えば、人間には“知り合いの死”しかありません。現在だって、ご臨終の人は世界中に、何百人もいますよ。でもそれは、自分の生活に一切関係ない死。「本日の交通事故死者何名」と、警視庁は発表しますが、それと一緒で赤の他人の死です。

宮下:知り合いの死、養老先生の本では、“二人称の死”という言葉が用いられていますね。その意味で、私は、象徴的なエピソードを取材しました。1996年、京都の京北町で、地域医療を担う医師が、いまにも亡くなろうとしている末期癌患者に筋弛緩剤を投与して、死去させた事件がありました(*1)。直接手を下さなくても、じきに死を迎えたのに、なぜ医師はリスクをとったのか。

【*1 1996年、国保京北病院(京都)で医師が末期患者に筋弛緩剤を投与したことが判明。殺人容疑で書類送検されるが、投与した致死薬が患者の息の根を止めたか断定できず、嫌疑不十分で不起訴処分に】

 医師にとって当初、患者は三人称の存在だった。でも苦しむ患者の側で家族が泣き叫ぶ姿をみて、それが二人称になった、と言うんです。だから安らかに死なせるために薬を投与したと。

養老:そうした話は、戦場でも、しょっちゅう起こります。今の時代、あまりに平和なので、日本人が想像できないだけです。

宮下:その京北町では、日本人の共同体意識を感じました。20年前の事件なのに、地域の住民に当時の話を聞くと、先生を擁護するんです。先生の処置は悪くない、と。あの人たちの中にルールがあって、私みたいなよそ者がとやかく言うなという空気がありました。

養老:それをね、丁寧に小説で書いたのは深沢七郎の『楢山節考』(*2)ですね。冬場の山のなかに、おりん婆さんを置いてきちゃうのも、ローカルルールとして成り立っていた。あれは倫理問題を超えていると、僕は思っています。

【*2 1956年発表の深沢七郎の処女作。集落の因習に従い、年老いた母を背中に乗せ、寒山に捨てにいく物語】

宮下:私が日本で取材した安楽死のケースでは、遺族が医師の対応に、事後、文句を言うことは確認できませんでした。むしろ、家族は、ベッド上で苦しむ患者の死を要請している側です。

 事件化するのは、決まって看護師などが内部告発するケースです。それがなかったら、発覚さえしていなかった。想像でしかありませんが、過去、日本では秘密裡に、安楽死させているケースが他にあったのではないか、と思います。

養老:表に出さないどころか、誰にも言わない。それが医者である。そんな時代は確かにありました。今の人はなんでも情報公開した方がいいと言うけど、それでは理性的な解決に辿りつかないこともあります。

 なんでも明快にして線を引くと危険思想に行き着くこともある。2016年夏に相模原の障害者施設で19人が殺された事件がありました。犯人の元職員が「他人の世話になるしかない人の人生にどんな意味があるのか」といった主旨の発言をしたらしいけど、これは極めて現代的です。要するに介護や看病を負担としか捉えていない。私なんかは、病人や老人が若者に迷惑かけて当たり前じゃんって思う。うちのお袋なんて迷惑極まりなかったから(笑)。

【プロフィール】
ようろう・たけし/1937年、神奈川県鎌倉市生まれ。1962年東京大学医学部卒業後、解剖学教室に入る。1995年東京大学医学部教授を退官し、2017年11月現在東京大学名誉教授。著書に『からだの見方』『形を読む』『唯脳論』『バカの壁』など多数。

みやした・よういち/1976年、長野県生まれ。ウエスト・バージニア州立大学外国語学部卒。スペイン・バルセロナ大学大学院で国際論修士、同大学院コロンビア・ジャーナリズム・スクールで、ジャーナリズム修士。主な著書に『卵子探しています 世界の不妊・生殖医療現場を訪ねて』など。

※SAPIO2018年1・2月号

あわせて読みたい

「安楽死」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    キャラ名刺やめろ 弁護士が警鐘

    BLOGOS編集部

  2. 2

    棚橋弘至 40代は現実受け入れよ

    BLOGOS編集部

  3. 3

    NEWS23の根拠ない安倍批判に苦言

    和田政宗

  4. 4

    ZOZO前澤氏の英語スピーチは満点

    広瀬隆雄

  5. 5

    NHK桑子アナのコメント力に苦言

    メディアゴン

  6. 6

    橋下氏「進次郎氏に期待失った」

    PRESIDENT Online

  7. 7

    正恩氏「北朝鮮はみすぼらしい」

    高英起

  8. 8

    総裁選で「圧力」と騒ぐ自民の愚

    深沢明人

  9. 9

    三田佳子次男 元乃木坂も現場に

    文春オンライン

  10. 10

    不倫疑惑の山尾氏 ついに離婚へ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。