記事
  • S-MAX

ソフトバンクとパシフィックコンサルタンツが社会インフラ事業における業務提携を共同発表!5G網を利用したAIとIoT技術の導入で快適な都市生活を実現する【レポート】

1/2
ソフトバンクがAIおよびIoT技術を生活インフラの安全対策に活かす取り組みを発表!

ソフトバンクとパシフィックコンサルタンツが各種IoTデバイスから取得したデータなどを組み合わせてAIで分析を行い、最適な公共インフラの設計・開発などを共同で実施することを目的とした業務提携に合意したとの共同記者会見を2017年12月14日に行いました。

2020年頃の5Gサービス開始に向け、現在ソフトバンクが注力している分野がAIとIoT技術を活かした社会インフラへの投資です。2017年には日建設計との提携によるスマートビルディング構想などを発表していますが、今回のパシフィックコンサルタンツとの提携もまた社会インフラ事業への取り組みとなります。

ソフトバンクが社会インフラ事業に率先して取り組む意図とはどこにあるのでしょうか。またそれによって人々の暮らしはどう変わっていくのでしょうか。記者会見の模様を中心に社会インフラとAIおよびIoT技術の在り方について解説します。

sb-pc-002
IoTを使ったスマートインフラという考え方

■「事後対策」では対処しきれなくなった社会インフラ


はじめに現在の社会インフラ(道路、鉄道、災害対策など)について考えてみます。現在の社会インフラは事故などによる交通渋滞や鉄道網の遅延、運行休止といったトラブルに常に見舞われています。こういったトラブルを抑制・監視するために各種情報網の整備や監視カメラの設置などが進められていますが、いずれも事後的な措置が中心で予防策はなかなか取られていないのが実状です。

災害対策においても予測や注意喚起はまだまだ十分とは言えず、得に毎年頻発するゲリラ豪雨や台風による水害、土砂崩れなど、突発的に起こる災害に対しては非常に脆い側面を見せています。

そこでソフトバンクはインフラ事業大手のパシフィックコンサルタンツと提携し、AIやIoT機器による危険予測を中心とした社会インフラの安全対策を考えたのです。

sb-pc-003
パシフィックコンサルタンツは道路網などの公共事業を中心に手がける大手企業

■ソフトバンクの狙いは「5G」の活用

AIやIoT機器などを利用すると社会インフラはどのように変わるのでしょうか。例えば、道路網ではそれまでに起こった事故や渋滞の情報を道路網各所に取り付けた監視カメラや各種センサーで当日の天候や曜日、時間、気温などとともに収集しビッグデータ化します。このデータを基に渋滞が起こる時間帯や天候、曜日などを分析し、次の渋滞予測へと活用するのです。

また鉄道網の場合、駅のホームでの人の流れや利用される頻度の高い場所などを監視カメラやSuicaのようなICカードの利用情報からビックデータ化し、人の流れがスムーズになるように構内レイアウトの変更や改築などを設計できます。

こういったビッグデータは個人を特定するものではなく、飽くまでも人々の動きを数値化したものとして記録・分析されるため、プライバシーへの影響も極力下げているのが特徴です。

sb-pc-004
都市部への人の一極集中が止まらない中、如何に人々が快適に効率よく動ける街づくりをするのかが問われる時代になっている

あわせて読みたい

「IoT(モノのインターネット)」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    消費増税を批判しない野党に疑問

    やまもといちろう

  2. 2

    イモトのWiFiまだ使う情弱に助言

    永江一石

  3. 3

    織田裕二が坂上忍に絶縁通告か

    女性自身

  4. 4

    TBS宇垣アナがキレた同期の一言

    文春オンライン

  5. 5

    色あせる中国 金融の舞台で矢面

    ロイター

  6. 6

    日本の伝統を理解してない杉田氏

    岩田健太郎

  7. 7

    よしのり氏 左翼の人権論に苦言

    小林よしのり

  8. 8

    外国人大歓迎 裏目にでた観光地

    MAG2 NEWS

  9. 9

    政治的発言許されぬ日本の芸能界

    篠田博之

  10. 10

    3億円事件告白小説 専門家が分析

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。