記事

慰安婦問題新方針、難しい日韓関係

韓国の康外相が、9日、従軍慰安婦問題の解決を確認した2015年12月の日韓合意に関する韓国政府の新方針を発表しました。

韓国の発表の骨子は、
○日本拠出の10億円と同額を韓国政府が用意し扱いを日本と協議する。
○2015年の合意では問題解決できない。
○合意は公式のもので否定はできず、日本に再交渉は求めない。
○日本政府が被害者の心を癒す努力を続けることを期待する。
○被害者の望みは心のこもって謝罪だ。
○被害者の名誉回復などに韓国政府として努力する。
○歴史問題を賢く解決し日本との未来志向的な協力のため努力する。
というものです。

日韓合意の見直しを公約に大統領に当選した文大統領としては、10億円を返すべきだという一部の元慰安婦の主張をいれているのでしょう。

一方で、日本との関係からも、再交渉は要求しない、としていて、両方を立てようとして、迷走しているようにしか思えません。

いわゆる従軍慰安婦の問題は、あってはならない人権問題で、日本としては、河野談話をはじめ、合意の際にも安倍総理が謝罪しています。

国際的にも、2国間の合意が、政権が代わったからといって見直されるということは、考えられないことです。

日本拠出の10億円の扱いなどを日本と協議する、としているのは、再交渉に結びつくのでは、と日本政府は危惧している、と報じられています。

2015年の岸田外相の時の日韓合意は、当時のアメリカのオバマ大統領の働きかけもあり、実現したもので、ようやくこれから日本と韓国の関係がよくなると期待されました。

アジアでも世界の中でも、日本と韓国が対立していてよいことは何もありません。

特に、現在の北朝鮮の脅威にどう対応するかについては、日米韓の連携が欠かせません。

この韓国の新方針に日本政府は抗議し、平昌五輪への安倍総理の出席も、国会開会中ということもありますが、見送る方針とされています。

日本の拠出金を財源として財団が行った現金支給事業では、合意の時点で存命だった元慰安婦47人のうち36人が受け取ったか受け取る意思を示しました。

両国の正式の合意を基に日本としても、さらに納得が得られるように努力することは、もちろん必要だと思います。

しかし、せっかくの合意の意義を見失ったような文政権の迷走ぶりは、韓国のメディアからも批判されている、とのこと。

人権問題には真摯に取り組みつつ、多くの懸案に、ともに取り組める日韓関係であってほしいと思います。

あわせて読みたい

「従軍慰安婦問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室引退 実に後味の悪い文春砲

    渡邉裕二

  2. 2

    よしのり氏「小室哲哉は気の毒」

    小林よしのり

  3. 3

    河野氏の韓国強硬外交は歴代突出

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    千畝読めない? 疑惑の首相を擁護

    文春オンライン

  5. 5

    小室引退に坂上忍が辛口コメント

    NEWSポストセブン

  6. 6

    小室哲哉 3年前から妻とぶつかる

    THE PAGE

  7. 7

    外国人も失望? 蔓延する残念和食

    NEWSポストセブン

  8. 8

    高須院長 南北合同の五輪に激怒

    NEWSポストセブン

  9. 9

    いきなりステーキ脅かす競合登場

    NEWSポストセブン

  10. 10

    年収1000万円の銀行員が続々転職

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。