記事

かめはめ波が現実に!ARで楽しむテクノスポーツ「HADO」世界最強チーム「わちゃごな☆ピーポー」を直撃取材(前編)

わちゃごな☆ピーポー
撮影:BAYAFILM

アニメ「ドラゴンボール」で描かれるかめはめ波、ゲーム「ストリートファイター」で繰り出される波動拳を現実世界で打つことができたら。

テクノロジーの進化によって、そんな誰もが憧れた二次元の世界が再現できるようになった現代。「AR」という言葉は徐々に世の中に浸透しつつある。

今回取り上げる「HADO」は、このAR技術を駆使したテクノスポーツであり、アニメの世界に入り込んだような錯覚に陥りながら、仲間と連携して勝負を決する興奮を味わえる、いわば「未来のスポーツ」なのだ。こちらは、第2回目となる世界大会「HADO WORLD CUP 2017」の決勝戦の様子。

各チーム3人のプレーヤーがフィールド内を縦横無尽に動き回り、自らの腕を使ってエナジーボールを発射。攻撃とバリアを使い分けながら、敵プレーヤーの周りに生えたライフと呼ばれる「羽」を撃ち抜き、より多く命中させたチームが勝利する。

わちゃごな☆ピーポー

一見ルールは単純そうだが、腕に取り付けるアームセンサーの数値を変化させることによって、エナジーボールの大きさやスピードなどを細かく調整できるうえに、仲間との連携も必要になる。実は、いくつもの要素が絡み合った奥深いスポーツだ。

年齢性別問わず楽しめる日本発祥のHADOは、現在、ベトナム、シンガポールなどの東南アジアやアメリカにもプレーヤーが拡大。今後ますます発展していく可能性を秘めている。

HADO WORLD CUP 2017の王者「わちゃごな☆ピーポー」

わちゃごな☆ピーポー
わちゃごな☆ピーポーのメンバー(左からKodai、まつゆか、TAKA、Raimu)

HADO WORLD CUP 2017において、世界中から選抜された12組のチームの頂点となったのが、日本で活動する「わちゃごな☆ピーポー」。2016年11月に結成し、HADOを始めて約1年という短い経歴ながら、持ち前のセンスの良さと妥協なしの努力で世界一になった勢いのあるチームだ。

まずはメンバーの自己紹介から。

室前貴則(むろまえ たかのり)/TAKA(39歳)
わちゃごな☆ピーポーの初期メンバーであり、リーダーを務める中心人物。会社員の傍ら、ダンス、HADOとスポーツざんまいの日々を送る。

箱崎航大(はこざき こうだい)/Kodai(25歳)
TAKAと同じく、わちゃごな☆ピーポーの初期メンバーとしてチームを引っ張る。本業は会社員ながら、ダンス、HADOに明け暮れた日々を送る。

木村來夢(きむら らいむ)/Raimu(25歳)
世界一を目指すために2017年1月、チームに加入。本業はダンサーで、バックダンサーや振り付けなどダンス中心の日々を送りつつ、HADOにどっぷりハマっている。

松葉有香(まつば ゆか)/まつゆか(29歳)
天性のセンスを買われ、2017年8月にチームに加入。マラソン、テニスなど多数のスポーツに触れつつ、現在はHADOが一番の趣味。本業は会社員。

4人のうち3人がダンサーである、わちゃごな☆ピーポー。まだまだ世間に浸透していないHADOと、彼らはどのようにして巡り合ったのだろうか?

わちゃごな☆ピーポー
わちゃごな☆ピーポーの練習試合の様子

「友人のFacebook投稿でHADO WORLD CUP 2016が開催されることを知って『おもしろそうだな』と思って、ダンサー仲間に声をかけて一緒に応募したんです。初めてHADOをプレーしたのは、大会前日の体験会。ほぼ初めてなのに大会では4位入賞と、かなりの好成績でした」(TAKA)

「僕はTAKAさんに声をかけてもらったダンサーの1人でした。それまでARなんて触れたことがなく、初めて見た二次元の世界に興奮したことを覚えています。2016年の世界大会では個人戦もあったんですが、TAKAさんが4位、僕が2位でした。ダンスをやっていて基礎体力があったことが有利に働いたのかもしれないですね」(Kodai)

「私は『HADOで世界一を目指したい』と言われて、友人のKodaiにチームに誘われました。彼らと一緒に世界一になりたいという気持ちでチームに加入したので、最初からずっと本気です(笑)」(Raimu)

わちゃごな☆ピーポー
TAKAとRaimu

ダンサー同士である3人とは対象的なのが、加入歴の最も浅いまつゆかだ。

「私は知り合いに誘われて、HADO WORLD CUP 2016に別チームで参加していました。HADOはそれきりでしばらく離れていたんですが、今年の7月に『わちゃごな☆ピーポー』の練習に参加する機会があり、そこでメンバーにセンスを認めてもらって、チームに加入したという流れです。世界一を目指せるなんて夢があるし、このチャンスを逃すわけにはいかないなって」(まつゆか)

こうして集まった4人のメンバーは緻密に作戦を練り、自分たちの特性を生かした「攻撃特化型」のプレーで、見事、世界一の栄冠を手にしたのだ。

2日に1回の練習。No.1を夢見てHADOにささげた日々

わちゃごな☆ピーポー

2017年の頭、メンバーはHADO WORLD CUP 2017でNo.1を目指すことを決めた。とはいえ、まだ現実味はなく練習も本格的ではなかった。「最初は僕1人が暴走しているような感じで、チームはバラバラでした」とTAKAは話す。

しかし、練習や小さな試合を何度も重ねるなかで徐々に他のメンバーの気持ちに変化が表れる。

「異次元に入り込めるARの世界観に魅了されたこともありますが、本気のプレーヤーが集まる試合で戦ううちに、心の底から『勝ちたい』という気持ちが湧いてきて。本気で世界一を取りにいこうというスタンスに変わりました」(Kodai)

わちゃごな☆ピーポー
まつゆかとKodai

団結を深めていく中で、4人目のメンバーまつゆかが加入し、新生「わちゃごな☆ピーポー」は本格的な練習を開始する。

「12月に行われる本番に向けて8月から練習のペースを上げていき、11月は2日に1回の頻度で練習をしました。時には激しく意見がぶつかることもありましたが、メンバー全員がメキメキと上達するのを実感し、他チームと一緒に行った大会前の練習会ではぶっち切りの強さでした」(Taka)

「私はダンサーの仕事が忙しく、なかなか練習に参加できず『メンバーの足を引っ張ったらどうしよう』と不安がありました。でも、練習に出られない分、移動中にライバルチームの映像を見て分析したり、自分にできることに取り組みながら過ごしていました」(Raimu)

それぞれが仕事を終えてから集まり、体力の限界まで練習を重ねた。まだまだ開拓中のスポーツであるため、必勝法もわからない。探り探り歩んできた道が間違っていなかったことは、2017年12月3日、「HADO WORLD CUP 2017」の会場で証明されることになる。

HADO公式サイト:http://meleap.com/
わちゃごな☆ピーポー 公式Facebook:わちゃごなピーポー×わちゃわちゃピーポー
わちゃごな☆ピーポー 公式Twitter:@wachagonna_hado
わちゃごな☆ピーポー 公式Instagram:wacha.gonna.people

(取材・文:小林 香織)

小林 香織
1981年、埼玉県生まれ。2014年ライターデビュー。本名とペンネーム「恋する旅ライターかおり」を使い分けながら、WEBメディアを中心に、【働き方、ライフスタイル、旅、恋愛、スポーツ】など幅広く執筆。東京を拠点に、ときどき国内外を旅しながら旅と仕事を両立している。ライターとして叶えたい夢は、人生の選択肢を提供することで、誇れる人生を選びとれる人を増やすこと。地球上にあふれるトキメキをありのまま届けること。

あわせて読みたい

「スポーツ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    三浦瑠麗氏発言 日英で認識に差

    小林恭子

  2. 2

    羽生結弦 五輪2連覇に複雑な韓国

    文春オンライン

  3. 3

    日韓合意に釘刺された文氏の誤算

    文春オンライン

  4. 4

    東京五輪 真夏回避は日本の責務

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    中学入試に思考力試す超難問出題

    NEWSポストセブン

  6. 6

    「妊娠は管理できる」という幻想

    中野円佳

  7. 7

    60歳以上の待遇劣化が抱える矛盾

    川北英隆

  8. 8

    北が工作員を手配する動機はない

    高英起

  9. 9

    維新・足立議員が懲罰動議に反論

    足立康史

  10. 10

    就職難の韓国人女性が五輪に苦言

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。