記事

風俗戦国時代、生き残る風俗嬢の特徴「頭を使う。スタッフとも仲良くできる」

 さまざまな事情で風俗業界に身を置く女性たち。SHELLYが番組MCを務める『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』(AbemaTV/アベマTV)では、「セックスにタブーはない!禁断の4時間スペシャル」を放送。現役のセックスワーカーたちが、胸の内を赤裸々に語った。


(高級ソープ嬢、セクシー女優としても活動するモモさん)
過去の「Wの悲喜劇 〜日本一過激なオンナのニュース〜」はAbemaビデオで無料視聴できます。

 モモさんは、18歳のときに風俗の世界に飛び込んだ。実家は地方で、家が貧乏だった。現在は高級ソープ嬢として働いているが、一時はお客さんがなかなかつかず、気持ちが低迷していたという。「もう年齢的にもこの仕事は限界なのかなって思った」と話す。

 当時26歳だったモモさんは、風俗嬢の独立、起業、再就職をサポートしている風俗嬢情報メディアNAISHOの編集長・泡典子さんの助けもあって、環境のいい店に転職することができた。泡さんは「18歳で高校を卒業して入ってくる子が多い。若い女の子を指名するお客さんも多く、25歳を過ぎたら(需要が)下がっていく感じはある」と話す。

高級風俗でも手取りは下落傾向…生き残る風俗嬢の特徴は?


(風俗嬢情報メディアNAISHO編集長・泡典子さん)

 泡さんは「風俗に行く若者が減っているのに、高校を卒業した女の子たちがどんどん(風俗業界に)入ってくる。60~70代のバブル世代の男性たちが風俗利用を卒業することも重なって、飽和状態になっているお店が多い。まさに戦国時代」と続け、「頭を使ってしっかりと客を取り込み、スタッフとの関係も良好にしないと風俗の世界では生き残れない」と話した。

 泡さんによると、風俗業界の中でも高級ソープや高級デリヘルではもらえる値段が高いという。しかし、風俗嬢たちがもらえる金額は、勤務している店にもよるが、だいたい半分前後。例え2時間で10万円を払う客がいても、その半分ほどしか手元に残らない。泡さんは「昔はもう少し女の子の取り分が多かった。今はどんどん少なくなる。働く女の子の人数が多くなってきているから、足元を見られている」と話した。

AbemaTV/『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』より)

(C)AbemaTV
(ライター/小林リズム)

Wの悲喜劇年末年始祭り5弾!「ダーリンは外国人に限る」も必見

あわせて読みたい

「性産業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    逆効果?野党の#MeToo運動に苦言

    大西宏

  2. 2

    内閣支持率3割切るも野党は低迷

    舛添要一

  3. 3

    小室さん母 出勤往復にタクシー

    女性自身

  4. 4

    手入れ、値段…革靴通勤に疑問

    キャリコネニュース

  5. 5

    テレ朝は色仕掛けの手法を明かせ

    三田次郎

  6. 6

    世論理由に辞任求めるのは間違い

    常見陽平

  7. 7

    若い世代ほど麻生氏支持のワケ

    永江一石

  8. 8

    安倍首相の続投希望 企業の7割超

    ロイター

  9. 9

    林大臣 公用車でキャバクラヨガ?

    文春オンライン

  10. 10

    希望議員 新党名「ゼロ」を提案

    せき 健一郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。