記事

超精巧"中国製ラブドール"の意外な使い方

1/2
日本製品の半額以下で、同等以上のクオリティ。「中国製ラブドール」が劇的な進化を遂げている。高品質なだけでなく、株式上場で資金を集め、AIを搭載したアンドロイドの開発も進行中。用途もラブドール以外に広がりつつある。なにが起きているのか。中国・大連で創業者を直撃した――。

■業界初の株式上場は中国ベンチャー

2017年8月18日、中国のベンチャー市場「新三板」に、「ラブドール」を制作する企業が株式上場を果たした。その名は大連蒂艾斯科技発展股フン有限公司(英語名「EXDOLL」)。業界では初の株式上場という。これまでオリエント工業などの日本メーカーが業界をリードしていたが、中国ではEX社が市場を席巻しつつある。


EXDOLLのウェブサイト。直感的に情報を探せるサイトづくりがなされている。中国語で「クリスマスはラブドールを買おう!」と書いてある。

人気の理由は「低価格で高品質」というまっとうなものだ。EX製品は高級モデルでも1万~2.5万元(約17万~43万円)程度で、日本のオリエント工業の製品(60万円台後半)と比較すればかなり安い。だが、写真をみてもらえばわかるように、その品質は日本製に匹敵するほど高い。ウェブサイトもあか抜けており、ラブドールの製造元とは思えないスタイリッシュなものになっている。

私はEX社の大連本社と工場に突撃して、雑誌『SAPIO』(12月号、小学館)に現地リポートを寄稿した。取材の結果、EX社はただのラブドール企業ではなく、大きな可能性を秘めたハイテク企業であることがわかった。人形の造形技術をベースに、AIを組み込んだ可動性アンドロイドの開発を進めており、すでにベンチャーキャピタルから1000万元(約1億5000万円)規模の資金を調達していたのだ。

このハイテク企業の創業者はどんな人物なのか。現地リポートではじゅうぶんに紹介できなかったので、今回はCEOの楊東岳氏へのインタビューをお届けしたい。楊氏は現在34歳。かつては日本の大学で電子工学を学ぶ中国人留学生だった。なぜラブドールを商材に起業することになったのか。そこには日本が取りこぼしている「成長産業の可能性」が秘められている。

■留学中に日本製ラブドールを転売したら人気に

――中国は社会主義の国なので、性には厳しいイメージがあります。しかし計画生育政策のもとで産児制限がおこなわれ、なにより人口が多くて独身者も多いため、実は以前から「性健康」「性保健」の名のもとで成人用品の流通販売が黙認されてきました。ただ、ラブドールは顔の造形に工夫が必要なため、センスの悪い商品が多かった印象です。

【楊】そうですね。中国では(過去の一人っ子政策のもとで親が「産み分け」をおこなったこともあり)国民の男女比は116:100と、かなり不均衡。結果、一生結婚できない男性が3000万人から5000万人もいると言われています。ラブドールの市場は極めて大きく、これは弊社の起業の理由のひとつです。

ご指摘のように従来の中国産の製品の外見は「微妙」なものが多かったため、私どもは差別化のできる美しいものをつくっています。中国は豊かになりましたから、ちょっと値段が張っていても、美しければちゃんと売れるんですよ。


EXDOLL本社で筆者の取材に応える楊CEO。1983年生まれの34歳。経営陣もほぼ全員が楊氏よりも若いという。

――なるほど。楊さんはもともと、日本の大学に通っていた留学生とのことですが、どういう経緯でラブドールメーカーを起業することになったんですか?

【楊】2000年から日本に留学して、2005年ごろから小遣い稼ぎに「代購」をはじめたんですね。ネットで中国国内にいる中国人から注文をもらって、日本で代わりに商品を買って相手に送るビジネスです。

――近年、「代購」は中国人留学生の小遣い稼ぎの鉄板です。とはいえ、2005年からやっているというのは相当なアーリーアダプターですね。

【楊】ええ、それで2007年くらいからかな。オリエント工業のラブドールがずいぶんよく売れたんですよ。

■従業員130人で月400~800体を出荷中

――日本では2000年代後半にラブドールブームが起きています。ラブドールと遊べる性風俗店ができたり、ラブドールファンの専門誌が創刊されたりしました。

【楊】特にオタク系の分野の情報は、中国にもすぐに伝わるんですよ。お客さんへ送るためにオリエント工業のショールームに行ったところ、実物の美しさとかわいさに圧倒されました。自分でも買ってみると、その素晴らしさがよくわかりました。そこで、中国でも作れないかと考え、2009年に大連に戻ってから起業準備をはじめました。


EX社製品、通称「ホタルちゃん」。眉や下まつげを植毛ではなく描くなどしてコストカットしつつ、美しい見た目を実現しているという。

――当時、楊さんは26歳ぐらいですよね。儲かりそうなものを見つけたらすぐに商売にする中国人のスピード感は、あらためてすごいと感じます。

【楊】もともと「代購」のために小さな会社はつくっていたんです。帰国後、2009年から2年ほど研究開発して、2011年に第1号を商業ベースに乗せました。地元の友人知人を誘って会社を大きくして、2013年に業務をラブドールの製造だけにに転換。売れ行きがよかったので、2016年から上場の準備をはじめ、2017年8月に新三板市場に上場しました。

――現在、会社の規模は?

【楊】上場時点の資本金は1036万元(約1億7800万円)。自社工場の面積は3000平方メートルで、従業員数は130人くらい。月に400~800体を出荷しています。売り上げは中国国内向けが5割。日本を含めた海外向けが5割です。

――日本だと、大手のオリエント工業や4woodsでも従業員は数十人程度ですし、企業の規模はもっと小さいようです。

【楊】中国ではもっと大きなビジネスができるんですよ。ラブドールの市場は大きいし、競争相手もほとんどいないブルーオーシャン。そして郊外なら土地も人も簡単に確保できますから。

――中国での客層は?

【楊】高価なものですから、やはりお金を持っている人たちですが、若者や既婚者のお客さんもいます。女性のお客さんも多いんです。(性行為をする)「実用」が目的というより、衣装を着せてコスプレを楽しんだり、写真撮影の被写体に使っていたりするようです。等身大のフィギュアみたいな感じですね。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計理事長のドサクサ会見は卑劣

    宮崎タケシ

  2. 2

    香川が名乗り 仲間も予想外のPK

    文春オンライン

  3. 3

    ZOZO田端氏の残業代ゼロ論は呪い

    国家公務員一般労働組合

  4. 4

    朝日の信頼度が5大紙で最下位に

    島田範正

  5. 5

    新幹線を叩くマスコミに違和感

    MAG2 NEWS

  6. 6

    米朝会談で断たれた北の逃げ道

    MAG2 NEWS

  7. 7

    ドンファンが語っていた新妻S

    MAG2 NEWS

  8. 8

    飲酒で出社 フジテレビの思い出

    幻冬舎plus

  9. 9

    キンコン西野 大阪地震でSNS炎上

    女性自身

  10. 10

    W杯は現場よりTVで観た方がいい

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。