記事

橋下徹「ふざけるな弁護士会」

1/2

■また来た弁護士会からの「処分検討」

さあ今年も頑張るか、と自分に鞭を入れた新年早々の1月2日、NHKが「(大阪)弁護士会が橋下徹氏の処分検討の方針 市長当時の発言で」というニュースを流した。またかよっ!て思うと同時に、自分の政治家の原点というものを正月早々振り返ることになったよ。歳をとったもんだ。

ただね、政治家を引退してから、すっかり隠居モードになっていたけど、また戦闘モードの血が騒いできたね(笑)

僕は2010年に、大阪弁護士会から「業務停止2カ月」の懲戒処分を食らった。その頃は現職大阪府知事だったんだけど、業務停止の理由とされたのは大阪府知事になる前の行為だった。しかも僕の弁護士業務そのものではなく、ある刑事事件の弁護団をテレビ番組で厳しく批判した発言が問題視された。その際、メディアや特に僕のことを大嫌いな自称インテリたちは、鬼の首を獲ったように僕を批判してきたね。それも人格攻撃と言えるぐらい辛辣な批判をね。いつもの高村薫とか江川紹子とか。そういや朝日新聞なんかは、社説で「橋下は弁護士資格を返上せよ」なんてやってきたね。

(略)

この懲戒処分のときは僕もまだ40歳前後で若かった。問題のテレビ発言をしたときは38歳でバリバリの戦闘モード。今振り返ると、このテレビ発言や懲戒処分に至る経緯、そしてこのテレビ発言を巡って相手方より訴えられた民事訴訟での経験や態度振る舞いが、僕の政治家としての原点だったなと感じる。

権威を振りかざす者への怒り、前例踏襲(これまで当然のことと思われていたことを繰り返すやり方)への疑問、批判のリスクがあっても正すべきことは正していく姿勢、強いモノが相手になると闘志に火が付く性格、争いは法で解決する姿勢、あらゆる知恵を振り絞ってやれることはやりつくすしつこさ、負けは素直に認めること、業界団体内の感覚や風評にはとらわれない性格などなど、弁護士としても政治家としても僕の行動基準は同じなんだよね。これが僕の弁護士の原点でもあり、政治家の原点。というよりも僕自身の原点かな。

(略)

■非常識な対応で被告人の利益も損ねた光市母子殺害事件の弁護団

光市母子殺害事件という悲惨な殺人事件があった。被告人は1999年4月の犯行当時18歳と1カ月。被害者は女性とその子供である赤ちゃん。犯行態様は悪質極まりなかった。ところが18歳に達するまでは法的には少年で、少年法は18歳未満の少年には死刑の適用はしないとしている。少年法51条1項は18歳未満の少年は死刑であったとしても無期懲役にしなければならないと定めているんだ。だから18歳未満であれば必ず無期懲役になるのに、18歳を1カ月過ぎただけの本件被告人には死刑が適用されることになるのかということが大論争になっていた。

刑事事件としては1審、2審とも検察官の死刑求刑を退け、無期懲役の判決が下された。これに対して、被害者の夫であり父であるご遺族が厳罰を求める運動を起こしていた。ご遺族という辛い立場でありながら、亡き妻のため亡き子供のために必死になられていた。そのご様子はメディアでもたびたび報じられていて、僕もそれを拝見し、同じく妻子を持つ立場として強い憤りを感じていた。

1審、2審では被告人は犯罪事実は全て認めており、情状や年齢のところだけが争点だった。被告人がどれだけ反省の意を示し、更生可能性があるかどうか。18歳未満の少年は少年法によって必ず無期懲役になることとのバランス。

(略)

最高裁では弁論期日が開かれることになった。2審の無期懲役という判決が維持されるだろうと思っていたのが、18歳と1カ月という年齢の被告人に死刑が適用される可能性が出てきたんだ。死刑となれば、死刑が適用された歴代の被告人の中で最年少の被告人となる。そこで被告人というよりも弁護士業界が大慌てしたんだ。弁護士業界の「被告人の人権を守れ!」という血が騒いだんだろうね。ここで弁護人の大幅な交代劇があり、結構な弁護団が結成された。当然この弁護団は被告人が死刑になることを回避するために徹底した弁護活動を行うことを目標にした。

その目標は正当なものだ。しかしその手段が、どう考えてもおかしいと僕は感じたんだ。まさに一般市民の感覚でね。

(略)

あわせて読みたい

「弁護士会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏 禁煙巡るヤジ許せぬ

    小林よしのり

  2. 2

    世界称賛 必見の和製ゾンビ映画

    松田健次

  3. 3

    ナンパの聖地 コリドー街に驚き

    内藤忍

  4. 4

    舛添氏 国会ヤジ問題で党に苦言

    舛添要一

  5. 5

    問題解決能力のない国会に改革を

    玉木雄一郎

  6. 6

    「医師に拳銃を持たせて」の真意

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    思い出のブロック塀が安全を阻む

    赤木智弘

  8. 8

    新AppleWatch 物理ボタン廃止か

    フォーブス ジャパン

  9. 9

    「万引き家族」ストーリーに疑問

    (チェコ好き)

  10. 10

    米国ネット通販の税徴収可能に

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。