記事

【読書感想】SHOE DOG(シュードッグ)

1/2
SHOE DOG(シュードッグ)SHOE DOG(シュードッグ)

Kindle版もあります。

SHOE DOG(シュードッグ)―靴にすべてを。SHOE DOG(シュードッグ)―靴にすべてを。

内容紹介
★世界最強のブランドはいかにして生まれたか?
★創業者が自ら語る、ナイキの創業秘話!
★待望の翻訳、ついに刊行!

父親から借りた50ドルを元手に、アディダス、プーマを超える
売上げ300億ドルの会社を創り上げた男が、ビジネスと人生のすべてを語る!

1962年晩秋、24歳のあるアメリカ人が日本に降り立った。
彼の名はフィル・ナイト。のちに世界最強のブランドの一つとなる、
ナイキの創業経営者だ。

オニツカという会社がつくるシューズ「タイガー」に惚れ込んでいた彼は、
神戸にあるオニツカのオフィスを訪れ、役員たちに売り込みをする。

自分に、タイガーをアメリカで売らせてほしいと。

スタンフォード大MBA卒のエリートでありながら、なぜあえて靴のビジネスを選んだのか?
しかもかつての敵国、日本の企業と組んでまで。

「日本のシューズをアメリカで売る」。

人生を賭けた挑戦が、このとき始まった!

 世界最強のスポーツ用品メーカー、『ナイキ』の創業者が、自らと会社のこれまでを綴った本。
 オレゴン州というアメリカの「田舎」に生まれたフィル・ナイトは、大学卒業後、「世界を見たい」と、友だちと一緒に世界一周の旅に出るのです。
(個人的には、ハワイで彼女ができて、残ることになった友人の「その後」が気になるんですが……)

 フィル・ナイトは、世界を見るのと同時に、ひとつの「野心」を持っていました。
 もともと陸上競技の選手だった彼は、日本のスポーツメーカー、オニツカのシューズを輸入し、アメリカで売るという事業をはじめることを考えていたのです。
 そして、「戦後の傷跡と劇的な復興が入り混じった」日本で、半ばハッタリをかましつつ、オニツカのシューズの輸入代理店契約を結ぶことに成功しました。

 これを読むと、「インターネットが普及する前」というのは、今からみると、すごく「アバウト」というか、外国の情報は「行ってみないとわからない」状況だったのがよくわかります。
 今だったら、そんな野心的な若者がやってきても、googleでその会社名を検索すれば、どんな会社か、本当に存在するのかがあっというまにわかってしまうのだから。
 それはもちろん、悪いことではないのだろうけど。

 ちなみに、日本に行くといったときの家族の反応も、フィル・ナイトさんは紹介しています。

 家族のみんなはそこまで応援してくれなかった。祖母は私の旅の話を聞きつけ、その中のある国に、とりわけぞっとした。「日本ですって」と声を張り上げたのだ。

 「どうしてなの。バック、ほんの数年前まで日本人は私たちを殺そうとしたのよ。覚えていないの? 真珠湾攻撃を。日本人は世界を制服しようとしたのよ。自分たちが戦争に負けたことを自覚していない連中もまだいるわ。日本人は密かに企んでいる。お前を刑務所に送るかもしれなくてよ、バック。目をくり抜かれるわよ。連中はそんなこともやってたらしいわ。目をくり抜くのよ」

 今の時代に読むと、「いくらなんでも……」という話ではあるのですが、戦争から17年経っても、アメリカ人の中には、こういう日本人へのイメージを持つ人がいたのです。

あわせて読みたい

「ナイキ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏 高齢化は可視化する

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    ヒカキンが寄付呼びかけ16万人増

    MAG2 NEWS

  3. 3

    安倍3選を阻止できる唯一の人物

    PRESIDENT Online

  4. 4

    習主席の権力に異変 崩壊始まる?

    ヒロ

  5. 5

    進次郎氏の国会改革案は中身ない

    AbemaTIMES

  6. 6

    小泉・小沢が組んでも影響力ない

    早川忠孝

  7. 7

    よしのり氏 自衛隊員増やすべき

    小林よしのり

  8. 8

    加藤鷹が明かすSEX下手男の特徴

    いいんちょ

  9. 9

    ストロー廃止に意識が低い日本人

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  10. 10

    横着は中年の特権 老害化に注意

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。