記事

【重要】あちゃー!ビットコインETF 続々轟沈!SECが難色を示したので

コインデスクの報じるところによると、米国証券取引委員会(SEC)に提出されたビットコインETF申請に対し、SECが難色を示したので、ビットコインETFの申請が、次々に取り下げされているそうです。

具体的にはプロシェアーズ(ProShares)、ディレクション(Direxion)とELF(Exchange Listed Funds)がこれまでに申請を取り下げました。

ここからは僕の考えですが、まずこの3つのETFは全てビットコイン先物を原資産として設計されたETFです。

ビットコイン先物は、CMEやCBOEという、ちゃんとしたデリバティブ取引所に上場されている関係で、「SECが却下する理由がなくなる」ということで、ETF認可への希望が膨らんでいました。その夢が打ち砕かれたのです。

しかし……

今回の取り下げのグループに入っていないウィンクルボス・ビットコインETFの場合は、先物ではなく、現物をベースにした商品設計となっています。これまでSECは現物ベースのビットコインETFには難色をしめしてきたものの、CBOEの先物価格のレファレンス先に、ウィンクルボスのジェミナイ(Gemini)が採用された関係で、以前よりは少し「箔がついた」と考えられています。

なおウィンクルボス・ビットコインETFは一足先にSECから申請を却下され、それに不服申し立て中です。私見を述べれば、このようなカタチでSECに不服申し立てしてもムダだと思います。なぜなら、SECは極めてプライドの高い政府機関だから。イチから出直した方が得策。

なおこれでビットコインETFの夢が全部消えたわけではないと思います。

それと……

プロシェアーズ、ディレクション、ELFの3社は、大手ではありません。従って、SECは大手運用会社からの申請があるまで、これらの企業からのリクエストをシカトすることを決め込んでいたフシもあります。

実際、ETF承認の歴史を紐解くと、先ず大手がシンプルなETFを売出し、それに続くカタチで今回、申請をひっこめた各社のような、どちらかといえば冒険的な商品設計に訴える企業が、チャラチャラした商品を出す……というのが常でした。

その意味では、今回、そういう「王道ではない」各社がSECからつれなくあしらわれたのは(やっぱり!)という感じがなきにしもありません。

ビットコインETFは機関投資家がビットコインに投資する際のおもな投資経路だと考えられています。機関投資家は90兆ドルもの運用資産を持っています。だからそのマネーが取り込めるかどうかは、ビットコインの価格形成に大きな影響を与えます。

これで「アウト!」だとは僕は思っていません。ただ今回のニュースは厳粛に受け止めるべき。

【お知らせ】
Market HackのFacebookページに「いいね」すれば最新記事をサブスクライブすることができます。

広瀬隆雄のTwitterInstagramnoteもよろしく。

お問い合わせはhiroset@contextualinvest.comまでお願いします。

最後にMarket Hack読者の親睦コミュニティ、Market Hack Salonは、現在、新規メンバーを募集中です。

あわせて読みたい

「ビットコイン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本の旅館が外国人にウケない訳

    内藤忍

  2. 2

    ひろゆき氏 高齢化は可視化する

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    安倍首相を支える産経の無料記事

    舛添要一

  4. 4

    神対応ボランティアの裏に仕掛人

    中妻穣太

  5. 5

    ヒカキンが寄付呼びかけ16万人増

    MAG2 NEWS

  6. 6

    小泉・小沢が組んでも影響力ない

    早川忠孝

  7. 7

    鳥貴族が大苦戦 値上げで客離れ

    MONEY VOICE

  8. 8

    習主席の権力に異変 崩壊始まる?

    ヒロ

  9. 9

    金持ちが駆使する相続税の抜け穴

    MAG2 NEWS

  10. 10

    プライムデー Amazon製品半額も

    後藤文俊

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。