記事

羽鳥慎一 7億円稼いでも娘に2万円…元妻ボヤく“どケチ不満”

image

「もちろん話し合って決めた養育費は毎月もらっているわよ。でもね……あの人って本当にケチなのよ(笑)」

ポカポカ日和となった昨年12月上旬の深夜、都内の沖縄料理店に女性の声が響き渡っていたという。声の主は人気フリーアナウンサー・羽鳥慎一(46)の元妻・A子さん(46)だ。

羽鳥は96年に元客室乗務員のA子さんと結婚したが、12年5月に離婚。長女(20)の親権はA子さんが持つことになり、慰謝料や養育費についても話し合って決めるとされていた。だが離婚から3カ月後の12年8月、脚本家の渡辺千穂さん(45)と知り合った羽鳥は、同年11月から交際を開始。14年8月に再婚し、16年1月に女児(1)が誕生していた。

現在は朝の情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)をはじめ、『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)などで司会を担当している羽鳥。昨年12月8日に発表された「好きな男性アナウンサー」ランキングでも堂々の1位に輝いている。ただそんな大活躍の裏側で、元妻がひそかに不満をぼやいていたという。

「今でこそ人気キャスターとしてふんぞり返っているけど、彼のファッションをアドバイスしていたのはすべて私なの。もともと田舎者で、ファッションセンスは皆無に近い男。私がアドバイスしなかったら、ここまで人気になったか分からないわ!」

真偽はさておき、店内はA子さんの独壇場。羽鳥の金銭感覚の話になるとさらにヒートアップし、冒頭のドケチ発言が飛び出したという。さらにA子さんは、こんな発言も。

「7億円近く稼いでいるくせに、娘の20歳の誕生日に送ってきたのが2万円の図書カードだったの!たった2万円よ、信じられないでしょ!」

当初は和気あいあいとしていたが、最後は居合わせた客も全員凍りついてしまったという。

「とはいえ羽鳥さんは養育費もきちんと払っていますからね。長女へのプレゼントは欠かしていないようですし、2万円の図書カードにしたって20歳の娘の金銭感覚を考えれば妥当でしょう。A子さんはドケチぶりを漏らしていましたが、言葉の端々から『あんな稼ぐんだったら簡単に別れるんじゃなかった』という未練も感じました」(前出・居合わせた客)

今やもっとも売れている男性アナといっても過言ではない羽鳥アナ。離婚から早や5年、思わぬところで“遺恨”が残っていたようだ――。

あわせて読みたい

「アナウンサー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    本物?「三億円犯人」に直接取材

    BLOGOS編集部

  3. 3

    「考え方が甘い」時差Bizに指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    石田純一の改憲反対に感じた覚悟

    篠田博之

  5. 5

    秋篠宮さま 小室親子はもう他人

    女性自身

  6. 6

    有休義務化 日本はやせ我慢社会

    自由人

  7. 7

    AI無人店舗は万引きの概念変える

    赤木智弘

  8. 8

    百田氏が憶測で沢田研二叩き謝罪

    女性自身

  9. 9

    築地の営業強行は小池知事の責任

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  10. 10

    サウジ皇太子の脅威だった記者

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。