記事

インフラ老朽化のNY大寒波直撃―暖房故障で命の危険、それでもタフな市民

1/2

5日から、米国東部は記録的な大寒波に見舞われています。建物や公共交通機関の老朽化が進むニューヨークでは、街の機能が麻痺し、暖房設備などがあちらこちらで壊れ、健康状態に危険を及ぼすレベルの寒さに多くの市民が苦労している模様です。一方で、極限状態の寒さを楽しむタフさをみせるのも、ニューヨーカーならでは。ニューヨーク・ブルックリン在住のライター金子毎子さんの報告です。


雪が降った4日から今現在も道路の雪のためにゴミ収集は限定的で、街のあちこちにリサイクルのツリーやゴミがたまる一方

日本でも昨日8日の成人の日は、低気圧の急発達(爆弾低気圧)と強い寒気の流れ込みで冬の嵐となったところがあるようですね。北米もこの爆弾低気圧に見舞われ、南部フロリダでも30年ぶりに降雪が観測されています。ここニューヨーク市でもクリスマスの夜から13日間連続で氷点下の日々が続きました。今回はそんなふるえる街の様子をこちらのニュースを交えてご紹介します。

BOMB CYCLONE! BOMB CYCLONE! BOMB CYCLONE!

爆弾低気圧は英語ではBomb Cyclone(ボム・サイクロン)。米国人にとっても、中西部と東部がこの大寒波に見舞われるまでほとんど馴染みのない言葉だったこともさることながら、「爆弾級のサイクロン」という語感がなかなか強烈で恐ろしいやら、でもクールな感じもするやら、やっぱり意味不明やらで、年末から年始にかけて新聞の見出しやニュースで引っ張りだこ状態になっています。

CBSの深夜バラエティ番組「レイトショー」の冒頭では、「金曜日はBomb Cyclone、土曜日はMurder Rain、日曜日はSnowcanocanemageddonado(アルマゲドン的トルネード風雪嵐?)になるでしょう」とフェイク天気予報が流れ、メディアによる「ボム・サイクロン」という言葉のもてはやしぶりを揶揄していました。

数字で見るニューヨークの爆弾低気圧

クリスマスの夜に氷点下になって以来、8日現在でも摂氏マイナス2度ほど。本日夜中前に0度に達したあと、明日(9日現地時間)は2週間ぶりに最高気温5度と氷点下祭りがついに終わりを迎える予想となっています。タフな姿勢を見せたがるニューヨーカーなので、こんな寒さが続いても「っていうか冬だから!」なんて街頭インタビューで答えている人が必ずいますし、筆者もつい寒いと近所のおばちゃんに弱音を吐いたら、「私が子どもの頃はもう11月の感謝祭の頃にはこんな感じだったわよ」なんて“自慢”されてしまいました。

まあ、本当はさすがにそんなことはなくて、この時期でも平均気温は摂氏3~4度くらいだそうです。実際去年の大晦日は1917年以来2番目に寒いカウントダウンとなり、最低気温は氷点下12度(風のため体感温度はマイナス20度)まで下がりました。

新年へのカウントダウンで有名なタイムズスクエアには、それでも200万人近い人が集まったとのこと。CBSの夜11時前の中継では、朝の9時から同じ場所にいるという女性が「カウントダウンが待ちきれないわ!」と叫んでいました。指定エリアは一度入ったら終了まで出られません。トイレだっていけません。マイナス20度の屋外に12時間立ちっぱなしって、この世にそうまでしても見なくちゃいけないものがあったとは。まさかマライア・キャリーの「昨年のマジギレ汚名返上のカムバック劇」ではないですよね?

賃貸とセントラルヒーティングの悲劇

[ブログで画像を見る]

実際そのテレビを自宅で見ていた筆者のアパートの中でさえ、うすら寒い状態でした。築100年近い古いブラウンストーンの建物全体に張りめぐらされた管の中を熱いお湯が循環することで室内を温めるという、書いてしまうとかなり心もとないセントラルヒーティング・システムですが、例年通りの気温ならば、Tシャツ1枚で過ごせるほどの暖かさは保たれています。

ところが今回の大寒波、さすがにお湯では荷が重すぎたようで、セーターを着込んでのカウントダウンで新年を迎えました。結露が窓枠周辺で凍ってしまったのが氷点下続きでとけてくれず、窓もここ10日以上開けられないままです。

ちなみにニューヨーク市では、室内を最低でも昼間は20度、夜間は16度に保つことが大家に対して義務づけられています。それ以下になったら、市のホットライン(311)に電話して苦情を申し立てると、市が事態への対応を大家に強制してくれるという仕組みです。

とはいえ、本来なら暖房が効いていないのであれば大家に直接言えばいいわけで、そもそも311に電話している時点で“悪徳”大家の可能性大ですから、市の担当局が介入したところで、そう簡単に問題解決とはいきません。寒さで管が破裂して暖房もお湯もない状態なのに、いくら電話しても繋がらないなんてことはざら。「NY1」という市のローカルニュースで、昨日もブルックリンのあるアパートの住民たちが「20 Days No Heat」と書かれたサインを持って、建物の前で抗議している様子が流れていました。20日間って……。

もっとも、「市が大家」である公団住宅も同じくらい悲惨です。この大寒波で、311には何千件もの「暖房が効かない、お湯が出ない」という苦情が寄せられています。NY1の番組内でも、マンハッタンの公団住宅に住む女性が、コートやマフラーをしたままでないと寒くて眠れないと訴えていました。向かいの部屋のおばあさんはオーブンをつけっぱなしにしたり、湯を沸かしてしのいでいるそうです。この公団住宅では暖房もお湯もない状態が7日間続いています。

そして最悪なことにこれが例外ではありません。ニューヨーク市ハウジング当局(NYCHA)は先週末だけで1万件の故障に対応したとの声明を発表していますが、まだまだ問題の全面解決にはほど遠く、そもそも1万件も直しが出ていること自体が問題です。市長もラジオのインタビューで築50、60、70年の公団がほとんどのなかで、これまでNYCHAが適切な修理を怠ってきたから、非常事態に集中して問題が発生するのだと指摘していました。

ニューヨーク市では、大半の人が賃貸物件に住んでいる(その割合なんと70%とも)ため、暖房やお湯といった生活の基本を大家の誠意や役人の熱意に委ねなくてはならないという、かなりしんどい状態にあります。そして、時として命に関わるような深刻な問題にもなりうるのです。

あわせて読みたい

「ニューヨーク」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    逆効果?野党の#MeToo運動に苦言

    大西宏

  2. 2

    内閣支持率3割切るも野党は低迷

    舛添要一

  3. 3

    小室さん母 出勤往復にタクシー

    女性自身

  4. 4

    手入れ、値段…革靴通勤に疑問

    キャリコネニュース

  5. 5

    テレ朝は色仕掛けの手法を明かせ

    三田次郎

  6. 6

    世論理由に辞任求めるのは間違い

    常見陽平

  7. 7

    若い世代ほど麻生氏支持のワケ

    永江一石

  8. 8

    安倍首相の続投希望 企業の7割超

    ロイター

  9. 9

    林大臣 公用車でキャバクラヨガ?

    文春オンライン

  10. 10

    希望議員 新党名「ゼロ」を提案

    せき 健一郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。