記事

アップル、大株主が若者の携帯電話依存問題で対策要求

[ニューヨーク 7日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>の大株主であるジャナ・パートナーズとカリフォルニア州教職員退職年金基金(カルスターズ)は、大きな問題になりつつある若者の「iPhone(アイフォーン)中毒」に同社が対策を講じるよう促している。

米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が7日伝えたところでは、ジャナとカルスターズは6日付でアップルに書簡を送り、親が子供の携帯電話使用を制限できるソフトウエアの開発を検討するよう求めた。ジャナとカルスターズは、過剰な携帯電話使用が精神衛生にどのような影響を及ぼすか調査することも要請したという。

WSJによると、ジャナとカルスターズは合計で約20億ドル相当のアップル株を保有している。

米国では子供が携帯電話を手放せなくなっているという親からの苦情が増え、若者の携帯電話依存が社会問題化。ジャナとカルスターズは、アップルが何も対応しなければ同社の評判と株価が打撃を受けかねないと懸念している。

あわせて読みたい

「Apple」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    反対ばかりの野党は幼稚園生以下

    笹川陽平

  2. 2

    元自衛官 小西議員の矛盾を指摘

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    よしのり氏 セクハラ告発に疑問

    小林よしのり

  4. 4

    セクシーヨガ報道に経営者が怒り

    キャリコネニュース

  5. 5

    辻元氏 国会でなく政府が不正常

    辻元清美

  6. 6

    セクハラの構造こそを批判すべき

    三浦瑠麗

  7. 7

    よしのり氏「麻生大臣見直した」

    小林よしのり

  8. 8

    NZでブラック経営の日本人に非難

    キャリコネニュース

  9. 9

    若い世代ほど麻生氏支持のワケ

    永江一石

  10. 10

    日本の長者1位 30年前は孫氏以上

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。