記事

アップル、大株主が若者の携帯電話依存問題で対策要求

[ニューヨーク 7日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>の大株主であるジャナ・パートナーズとカリフォルニア州教職員退職年金基金(カルスターズ)は、大きな問題になりつつある若者の「iPhone(アイフォーン)中毒」に同社が対策を講じるよう促している。

米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が7日伝えたところでは、ジャナとカルスターズは6日付でアップルに書簡を送り、親が子供の携帯電話使用を制限できるソフトウエアの開発を検討するよう求めた。ジャナとカルスターズは、過剰な携帯電話使用が精神衛生にどのような影響を及ぼすか調査することも要請したという。

WSJによると、ジャナとカルスターズは合計で約20億ドル相当のアップル株を保有している。

米国では子供が携帯電話を手放せなくなっているという親からの苦情が増え、若者の携帯電話依存が社会問題化。ジャナとカルスターズは、アップルが何も対応しなければ同社の評判と株価が打撃を受けかねないと懸念している。

あわせて読みたい

「Apple」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国企業がコスト削減?

    団藤保晴

  2. 2

    堀江氏 読解力ない人が多い理由

    MAG2 NEWS

  3. 3

    eスポーツ認めぬ体育会おじさん

    倉持由香

  4. 4

    いま35年ローンで自宅を買う怖さ

    文春オンライン

  5. 5

    貧困層見ない堀江氏の読解力考察

    田中俊英

  6. 6

    那覇市長選 公明演説に聴衆ゼロ

    田中龍作

  7. 7

    豊洲とヤクザ アワビ密漁の実態

    NEWSポストセブン

  8. 8

    昭恵氏 NY危険地域で飲み明かす

    NEWSポストセブン

  9. 9

    地震後の北海道 今行くべき理由

    BLOGOS編集部

  10. 10

    遺品でW不倫発覚 消えた女子アナ

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。