記事

イラン情勢

イランの抗議デモは峠を越え、今後は逮捕者に対する処置ぶり(もっともかなりの者が釈放された模様)、体制内での責任のなすり合い(と言えば、言葉は悪いが、どうやら体制内でも、抗議デモの始めの頃の経済的不満に対する抗議には、真剣に対応しないと危ないとの危機感もあるようで、そうなると保守派とロウハニ支持派の間での論争にならないか?)の方に、重点が移っていきそうです。

ただし、al arabiya net (サウディ系)は依然、10日目もデモが続いているとか、労働者のストライキに発展したとか、バシージの一部には中立を表明するために袖章などを取り外しているものがいるなどと報じています。
まあ、サウディ系メディアということで、情宣の可能性と思い込みがあるかと思いますが、完全に否定する材料もありません

この点に関して、al qods al arabi netは、(ソースは不明だが)逮捕者は1000名に達したと報じています(この数字が正しければ、抗議は写真等から想像されたよりは大規模かつ広範囲であった可能性がありそうです)

また改革派や学生組合等によると、この中には90名の大学生も含まれているが、その多くが自宅で逮捕され、デモに参加しなかったものも少なくない由。
そのうち58名がテヘラン大学で残りは各地の大学の由。
またイラン議会は緊急の会議を開いたが、議長の報道官は、総ての政府機関に対し、抗議の原因に関する報告とともに、正確な逮捕者の数を報告するように求めた由。
他方、革命防衛隊は抗議デモの終焉を宣言したが、さらにイラン人民と革命防衛隊等は米国、シオニスト(イスラエルのこと)、サウディ、英国が計画した陰謀を粉砕したとした由
(このうち前3者は通常の非難相手だが、これに英国が加わった背景は不明。昔の英国のイランに対する横暴に関する記憶がよみがえったのか、MI6などが疑われているのか)

他方、y net news とal arabiya net は、最高指導者ハメネイが、英語は欧米文化の進出の道具となるとして、警戒を表明した事に伴い、学校関係者によれば、小学校での英語の授業が禁止されると報じています
(何処かww2における日本での英語授業禁止措置を思い出します…敵性言語!!。しかし、最高指導者の言う通り、言語はその文化への入り口であり、英語の禁止はさらにイランと英米、国際社会との相互理解を妨げる作用がありそうです)
https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5067726,00.html
ds.co.uk/?p=856871
https://www.alarabiya.net/ar/iran/2018/01/07/اليوم-11-لانتفاضة-إيران-تنظيم-إضرابات-عمالية-.html
http://www.aljazeera.net/news/international/2018/1/7/إطلاق-سراح-معتقلين-في-إيران-ووعيد-لقادة-الاحتجاجات
https://www.alarabiya.net/ar/iran/2018/01/08/إيران-تمنع-تدريس-الانجليزية-إنه-غزو-ثقافي-.html

あわせて読みたい

「イラン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    大雪で帰宅命令より朝出社禁止に

    かさこ

  2. 2

    堀江氏「新幹線高すぎ」に反響

    THE PAGE

  3. 3

    性行為なしの援助交際続ける少女

    渋井哲也

  4. 4

    白米を食べられない子供が増加中

    NEWSポストセブン

  5. 5

    尾木ママ iPS不正で国の責任指摘

    キャリコネニュース

  6. 6

    橋下氏 会見開いた岩上氏を批判

    橋下徹

  7. 7

    青山繁晴氏 首相の平昌行き反対

    AbemaTIMES

  8. 8

    賃金払えない店が潰れるのは正常

    非国民通信

  9. 9

    石破氏 軍オタの左翼と呼ばれる

    AbemaTIMES

  10. 10

    橋下氏 スパコン不正ひどすぎる

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。