記事

日本に輸入された「ポリティカル・コレクトネス」

1/2

■「ポリティカル・コレクトネス」の起源

 昨年末のダウンタウンの番組の中で、浜ちゃんが『ビバリーヒルズ・コップ』の黒人俳優エディ・マーフィーのものまねのために顔を黒塗りしたことで物議を醸すという出来事があったらしい。

 私はダウンタウンのデビュー当時からのファンだが、年末恒例の特番番組はマンネリ感があるため数年前から観ていないのでニュースで知った。このニュースはアメリカでも報道されたそうだが、批判的な意見も結構あるらしいので、少し、ダウンタウンの擁護をしておきたいと思う。

 昨日、『アメリカ人が語る日本人に隠しておけないアメリカの“崩壊”』(マックス・フォン・シュラー著)という本を読んでみたが、奇しくも、この問題を考える上で非常に参考になる本だった。

 アメリカにおける過剰なまでの「言葉狩り」は「ポリティカル・コレクトネス」という言葉で知られている。現在のアメリカでは、少しでも差別に繋がるような言動は徹底的に糾弾される社会が出来上がっており、ほんの些細な言葉が原因となり、社会的に抹殺されるという窮屈な社会になっている。

 ある意味、日本とよく似ているとも言えるが、実際のところは、ポリ・コレの歴史が長いだけあって日本よりも酷いらしい。アメリカが「訴訟社会」というのは、実は「ポリティカル・コレクトネス社会」であることを意味しているのかもしれない。

 この「ポリティカル・コレクトネス」というものは、一般的には1960年代のベトナム戦争の抗議活動に端を発するとされているが、実のところは、1920年代にドイツに誕生したフランクフルト学派にあるらしい。

 新しいマルクス主義の研究組織であるフランクフルト学派は、ドイツでナチスが誕生したのを契機として、アメリカに移った(逃げた)。戦争が終わると大部分のメンバーはドイツに帰ったが、一部のメンバーがアメリカに残り、左派運動の中心となっていった。その1人であるヘルベルト・マルクーゼは「ポリティカル・コレクトネス運動の父」と呼ばれている。

 「社会的弱者」という概念を作り出し、人心を荒廃させることで国(の文化)を破壊し革命を起こすことを目的とした彼らの理論のことを「批判理論」と言う。

あわせて読みたい

「ガキの使いやあらへんで」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沢田研二の公演中止は罪深き甘え

    常見陽平

  2. 2

    秋篠宮さま 小室親子はもう他人

    女性自身

  3. 3

    都職員VS客 150人が築地で買い物

    田中龍作

  4. 4

    よしのり氏「沢田研二は哀れ」

    小林よしのり

  5. 5

    死ねの書き込み おっぱいで消滅

    倉持由香

  6. 6

    謎の会社、ギガファイル便を直撃

    BLOGOS編集部

  7. 7

    沢田研二のドタキャンはプロ失格

    かさこ

  8. 8

    貧困層見ない堀江氏の読解力考察

    田中俊英

  9. 9

    歌姫の発言でトランプ氏ピンチに

    渡邉裕二

  10. 10

    巨大化する新聞の見出しに違和感

    山本直人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。