記事
  • ヒロ

今年大きく変わるかもしれないこと

2018年、何が起きるのか、いろいろ見渡すとトレンドとして変わりそうなことがいくつか、思い当たります。そのあたりを少し覗いてみましょう。

札入れはなくなるのか!

かつて土建屋のオヤジは組の若い衆に食事をおごるのに財布が立つほど現金を持ち歩いていたものです。多分、今でもその名残はあるでしょう。当地でも知り合いの大手建設会社の副社長がコーヒーを買う時、財布を見るとはなしにみると札束がびっしり。ちょっと悪そうな商売をしている人の財布ものぞいたことがありますが、カナダですら現金が重宝しています。

なぜ、現金が重宝するのか、といえば足がつかないからであります。例えばレストランで客からチップを現金で貰ってそれを従業員に分けたとしてもそれを申告する人は少ないでしょう。ところが電子化されればチップがどう支払われたか丸見えになり、レストランで働く従業員がチップの収入を申告していないと指摘されるかもしれません。

世の中、仮想通貨は二通りに進んでいるようです。通常通貨とリンクされ、一定比率で確実に交換できる「保証」があるものとビットコインのように使う通貨ではなく、投機の通貨のようなものです。どちらがどう覇権しようが構わないのですが、現金はどうなるのでしょうか?

やっぱりなくなるとみています。私の場合、12月に銀行で現金を引き出したのは100ドルだけです。最近は現金を引き出さない月もあります。あとは全部カード決済。電車バスのカードもウェブでクレジットチャージします。比較的大きな銀行の窓口で午後、1万ドル(約90万円)引き出すのは困難です。銀行が現金を持っていないのです。「明日朝、来てね。」と言われます。

ではその中でなぜか街中に多い両替商。ある時、日本円が欲しくて電話すると「10万円分、ないねぇ」とつれない返事。両替できない両替商となる時節だとつくづく感じます。

来そうで来ない電気自動車の時代

いや、いつかは来るのだろうと思います。「全固体電池」という安全、充電速攻、長寿命というリチウム電池の弱点を克服したものはあと5年で出回るとされます。となれば来そうで来ない電気自動車とはこの電池革命を待っているのでしょうか?

驚くことにバンクーバーのローカル新聞あたりでも電気自動車の時代を予見させるような記事を散見します。たしかにバンクーバーは環境にやさしい街づくりを目指しているのですが、街中を走っているのはガスを食うSUVや大排気量の高級車。田舎に行けば巨大な軽トラック(日本のそれとは違います。)だらけです。私の住むコンドでは管理組合が「電気自動車のチャージャーの導入は見送る」と決議しました。

そういえばもう一つ、来そうで来ないのが自動運転の車。何故なんだろう、と思いますが、私は技術の問題ではなくて保険の問題などもっと現実的な部分に焦点が当たっているような気がしてなりません。仮にアメリカ的な新技術は走りながら改善していく、としても事故が起き、第三者も巻き込むものならば会社の屋台骨は嵐のような訴訟と保険クレームで車づくりどころではなくなります。

世の中、何でも新しい技術が席巻すると思いきや、案外、人間臭い問題で「ちょっと待った!」がかかるものかもしれません。

YouTube新時代

正月のテレビを「面白い」と思ってみた方はどれぐらいいらっしゃるのでしょうか?綾小路きみまろ風に言えば「テレビとはかつては観るもの、次に流れているもの、今は電源もつけない飾りもの」になったと思っています。私も年末1カ月ぶりぐらいにテレビをつけてNYのカウントダウンをほんのちょっとだけ見た程度です。

ところで日本の新しいテレビには面白い機能がついています。「インターネット」であります。ネットと接続していればテレビでネットが見られるのです。そこでYouTube新時代が訪れるのだろうと思い始めました。

最近のYouTubeは進化していて自分の好みのものがある程度ジャンル分けされて出てきますので探すのも簡単、関連の番組もとても拾いやすいのです。わたしは日曜大工で「これどうやって組み立てる」というのをアメリカあたりのオタクな方のYouTubeで「なるほど!」と納得したりします。いや、とにかく勉強になるのです。近年はユーチューバーも増え、とにかく番組の量、質とも日本のテレビを圧倒しています。

私、12月に「テレビ受信機がついていないテレビが売り出されればいい」と申し上げました。本気です。家電メーカーでどこか一社でもそれを売り出したら各メーカー絶対にフォローするでしょう。NHKさん、ごめんなさい。

後記

多分、もっと面白い変化はあるのでしょう。読者の皆様で「こんなのがありそうだ」と思うものがありましたらぜひとも書き込み入れてみてもらえれば皆様の「なるほど!」度が上がるかもしれません。

では今日はこのぐらいで。

あわせて読みたい

「YouTube」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室圭さん 秋篠宮邸で門前払い

    NEWSポストセブン

  2. 2

    辻元氏 国会でなく政府が不正常

    辻元清美

  3. 3

    反対ばかりの野党は幼稚園生以下

    笹川陽平

  4. 4

    元自衛官 小西議員の矛盾を指摘

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    セクハラの構造こそを批判すべき

    三浦瑠麗

  6. 6

    銀座の喫茶が炎上覚悟マナー訴え

    キャリコネニュース

  7. 7

    セクシーヨガ報道に経営者が怒り

    キャリコネニュース

  8. 8

    よしのり氏 セクハラ告発に疑問

    小林よしのり

  9. 9

    セクハラ容疑段階の批判は止めよ

    吊られた男

  10. 10

    よしのり氏「麻生大臣見直した」

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。