記事

日本一賢い不思議な女子校「桜蔭」の秘密

1/2

圧倒的知力、学力を兼ね備え社会で活躍する桜蔭中学校・高等学校の卒業生。一方で、「どこか空気を読めない人も多い」という声も、企業の人事部や卒業生から漏れ聞こえる。「日本一賢い」という不思議な女子校の秘密を追った――。

■医師に弁護士、女優まで。特色に「礼法」の授業も

日本に名門校は数あれど、トップと評されるのは一握り。東京では男子校の「御三家」として開成、麻布、武蔵が昔から名高いが、それに対する「女子御三家」は、桜蔭学園、女子学院、雙葉の3校を指す。なかでも桜蔭は、約四半世紀にわたり東京大学合格者数で全国トップ10入りを記録し、2017年には63人の合格者を輩出(全国第7位)、名実ともに「日本一賢い」女子校と呼べるだろう。


(左上)政治家 豊田真由子氏(写真=時事通信フォト)
(右上)参議院議員 猪口邦子氏
(左下)精神科医、元衆議院議員 水島広子氏
(右下)気象予報士 染井明希子氏

そんな桜蔭からは、参議院議員の猪口邦子(卒業は米コンコードアカデミー高校)、起業家の経沢香保子、女優の菊川怜、歌手でイラストレーターの水森亜土、弁護士の土井香苗、精神科医の水島広子らをはじめ、医者、研究者、弁護士、裁判官など多彩な人材が世に出ている(敬称略)。

各界に超一流の人材を輩出する一方で、「桜蔭卒」として最近話題になった人物といえば、秘書を「このハゲ~!」と大声で呼び捨てて週刊誌に報道され話題になった政治家の豊田真由子氏がいる。桜蔭学園とは実際にはどのような学校なのか、謎をひもといていく。


(左上)イラストレ-ター、歌手 水森亜土氏
(右上)弁護士、国際人権NGO ヒューマン・ライツ・ウォッチ 日本代表 土井香苗氏
(左下)政治家 山田美樹氏(写真=時事通信フォト)
(右下)女優、タレント 菊川 怜氏(写真=時事通信フォト)

東京・文京区、後楽園や東京ドームシティなどの歓楽地を背に1歩細い路地を曲がると急激な上り坂が現れる。宝生能楽堂のほど近く、緑豊かな住宅街に桜蔭学園はひっそりと佇んでいる。1924年、関東大震災の翌年に桜蔭学園は設立された。初代校長は皇室の教育係も務めた女性、後閑キクノ。「勤勉・温雅・聡明であれ」との校訓をはじめ、いまある桜蔭の素地をつくりあげた。「女子御三家」のうち雙葉はカトリック系、女子学院はプロテスタント系であるのに対し、桜蔭は宗教色を持たず、代わりに日本人としての礼儀や嗜みを身につける礼法の授業が特色だ。

多くの女子校創設ラッシュに沸いた大正時代に創設された1校である桜蔭だが、なぜ数多ある女子校から群を抜いて東大合格率トップを誇る学校にまで成長したのだろうか。著書『名門校とは何か?』で日本の名門校の系譜を記したおおたとしまさ氏は、その背景には桜蔭の創設時の事情があると見ている。

「桜蔭学園の母体は、東京女子高等師範学校(現・お茶の水女子大)の同窓会組織「桜蔭会」です。つまり日本の女子教育界をリードしてきた大学の妹的学校として桜蔭は誕生したんです。その結果、同校は開学時から非常に優秀な教師を集めることができました。実はこれは名門校に共通する大切な条件の1つで、現代でも新設校の1番の課題は、いかに優秀な教師を確保するかという点です。よほどの高給を提示できる場合を除き、新人教師で当初は乗り切っていくしかない。その問題を最初からクリアできた学校としては、ほかにも桐朋中学・高校、筑波大附属などがありますが、いずれも名門校としての基礎を築けています」

立地も幸いした。大学や病院の多い文京の地に住む医師や教員など高学歴層の子女が、最高の教育を受けられる場として桜蔭に送り込まれた。

■「リケジョ」の天国。倍率は2倍と意外に低い

そんな桜蔭の最大の特徴、それは理系女子の多さと、医学部進学率の高さである。長年中学受験専門塾を主宰し、都内の進学校の内情に詳しい矢野耕平氏は、桜蔭を「モンスターのような学校」と評する。

「桜蔭の東大合格者数は、近年50人から70人で推移しています。しかし、注目すべきは医学部合格者の多さです。17年には東京大学理IIIへ7人が合格していますが、全国の医学部を見ると130人が合格している(現役・浪人含む)。彼女らは東大理Iを十分合格できる実力を持ちながら、医者を目指すために他大学に進学しています。つまり1学年約250人中、半数は東大現役合格の実力を持つという、女子校でも唯一無二の存在なんです」

矢野氏の言葉を裏づけるように、桜蔭卒業生30~50代の職業を見るとトップには「医師」が輝いている。薬剤師や税理士、公認会計士、弁護士、裁判官、教育関係者、研究者などの職業も継続的に輩出しており、いずれを見ても「女子校=文科系」という先入観は覆る。

「世の中ではよく文系、理系と区分しますが、桜蔭の場合は文系:理系:医系で分けます。しかもその比率は1:1:1。他校と比べると圧倒的に理系が多い」

その傾向はすでに入試問題から表れているという。男子校顔負けの硬派な問題が並び、詰め込み式の知識のみならず思考力が試される記述問題も頻出する。それは他教科にもおよび、中学入試を受ける小学生に対し、ある年の国語の問題では東大入試で出た例文が出題されたという。

「倍率こそ2倍と低めですが、そもそも実力を持った子しか集まらないので、間違っても運で合格できるような学校ではありません」

あわせて読みたい

「学校教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    大雪で帰宅命令より朝出社禁止に

    かさこ

  2. 2

    幸福の科学 総裁長男が衝撃退職

    女性自身

  3. 3

    橋下氏 会見開いた岩上氏を批判

    橋下徹

  4. 4

    東京は費用対効果的に雪対策ムリ

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    白米を食べられない子供が増加中

    NEWSポストセブン

  6. 6

    性行為なしの援助交際続ける少女

    渋井哲也

  7. 7

    センター国語に直木賞作家が挑戦

    NEWSポストセブン

  8. 8

    堀江氏「新幹線高すぎ」に反響

    THE PAGE

  9. 9

    羽生竜王vs藤井四段 対局は幻に?

    大村綾人

  10. 10

    安倍首相が平昌を欠席すべき理由

    門田隆将

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。