記事

相撲協会による貴乃花理事解任処分問題 朝日新聞の社説は支持できない

 相撲協会が貴乃花に対する理事解任処分をしたことについて朝日新聞が社説で取り上げています。
(社説)相撲協会 一件落着とはいかない」(朝日新聞2018年1月5日)

 朝日社説の趣旨は、相撲協会の処分を妥当なものとし、貴乃花に対する批判を展開していることです。相撲協会の持つ問題点の指摘はそのとおりですが、しかし、今回の事件に対する貴乃花への処分との関連性をはっきりと断絶させているところに特徴があります。

 問題点の指摘
 ①力士は部屋に所属し移籍もできない。親方が部屋を牛耳っている。
 ②協会は、部屋の集合体でしかない。
 ③暴力に対する意識改革が途上。

 貴乃花に対する批判はこの部分です。
「貴乃花親方の罪も重い。公の場所で口を開くことはほとんどなく、そのために臆測や無責任な支持・批判がはびこった。協会のあり方や方針に意見があるのなら、堂々と主張し、改革を訴えるのが筋だ。」
 貴乃花のやり方に対しては、私は正しかったと評価しました。このような言動は朝日新聞に言わせると「無責任」だそうです。
 しかし、私は、以前から述べているように、相撲協会側の姿勢と貴乃花に対する処分こそが誤りなのです。
相撲協会は終わった 暴力体質に反省なし 信頼ゼロ 貴乃花親方が協会に報告しないとする判断は正しかった

 貴乃花は、日馬富士による暴力事件の処理を協会の手に委ねることを相当とせず、司直の手に委ねるという選択をしたものですが、相撲協会の暴力容認、隠蔽体質からすれば司直の手に委ねることこそ正義と判断したというものです。相撲協会では到底、この事件を正しく処理できないと判断したというものですが、この判断は貴乃花が理事という立場であろうとやむを得ないものです。

 捜査機関が捜査することと協会の事情聴取は両立するものですが、示談が成立したともなれば検察官の処分にも影響が及びますし、丸く収めさせてしまうことは、この問題を曖昧にさせてしまうことにもつながります。
 今回、貴乃花の言動があったからこそ、相撲協会の陰湿な体質がより鮮明にクローズアップされることになったのです。
 貴乃花の対応を支持するのは、判官贔屓でも何でもありません。あまりに相撲協会の体質がおかしいからです。

絶望的な相撲協会
相撲

 貴乃花としては精一杯やったのだろうと思います。朝日新聞は貴乃花に対して公の場で堂々と言え、などと言っていますが、貴乃花が記者会見などやろうものなら、揚げ足取りのような質問をぶつけてねじ伏せてやるというようにしか読めません。何と言っても貴乃花が理路整然と説明したり、揚げ足取りのような屁理屈意見、質問に対してばっさりと反論できるほどの能力があるとは思えないからです。朝日のこのような主張は意地の悪さすらも感じさせます。

 私は協会側こそ頭を下げて貴乃花に対しても一致団結して、この相撲協会の暴力体質根絶のためにはどうしたらいいかという協議こそ必要なことでした。

 貴乃花に対する処分の不公平性の指摘までなされるようになりましたが、もはや処分に正当性はなく、単に協会の権威を保つためのものでしかないということも露呈しています。
「辞めるべきは八角理事長」論相次ぐ 専門家も首かしげる「バランス欠く」処分」(J-CAST)

 今回の朝日新聞の社説は、結局のところ、協会の問題点は列挙するものの、貴乃花批判を展開することによって、現実の改善を促すものにはならなくしてしまいました。この問題を契機に本来であれば協会体質にこそ糾弾されなければならないのに、むしろそれを曖昧にさせようというものにしかなっていない、というもので、これこそが朝日の社説の重大な問題点です。

あわせて読みたい

「貴乃花」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    大雪で帰宅命令より朝出社禁止に

    かさこ

  2. 2

    堀江氏「新幹線高すぎ」に反響

    THE PAGE

  3. 3

    性行為なしの援助交際続ける少女

    渋井哲也

  4. 4

    尾木ママ iPS不正で国の責任指摘

    キャリコネニュース

  5. 5

    白米を食べられない子供が増加中

    NEWSポストセブン

  6. 6

    橋下氏 会見開いた岩上氏を批判

    橋下徹

  7. 7

    青山繁晴氏 首相の平昌行き反対

    AbemaTIMES

  8. 8

    賃金払えない店が潰れるのは正常

    非国民通信

  9. 9

    幸福の科学 総裁長男が衝撃退職

    女性自身

  10. 10

    橋下氏 スパコン不正ひどすぎる

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。