記事

カプセルホテルもIoT化 カフェや浴場の混雑が一目で分かる

【ホテル客が無料で使えるスマホサービス「handy」】

【&AND HOSTELのIoTルーム】

 ホテルは伝統的にハード・ソフト・ヒューマンで成り立っているといわれるが、いまテクノロジーサービスの提供という新たなフェーズへ突入しつつある。

 ホテルのテクノロジーと聞いてまず思い浮かべるのは“ロボット”だ。ホテルならではのホスピタリティは、人的サービスの提供が絶対条件ともいえるが、そんな常識をロボットは覆そうとしている。

 すでにロボットを導入しているホテルの代表格は、「変なホテル」だ。メインスタッフがロボットで、「世界初の、ロボットが働くホテル」としてギネスにも認定されている。多言語対応のロボットによる受付、荷物を預かるロボットアーム、客室にはコミュニケーションロボットも。

 現在、ハウステンボス(長崎)、ラグーナテンボス(愛知)、舞浜(千葉)の3か所で展開されているが、稼働は好調で大阪、京都、福岡などに10店舗の新規開業を予定しているという。ロボットの活用は業務の効率化、生産性の向上などに資することはもちろんだが、エンターテインメントの提供という点でも見逃せない。

 もちろん、スタッフからの直接的なおもてなしを求めるゲストには受け入れられないだろうが、ホテルのホスピタリティという常識から逸脱しつつ、ロボットホテルという独自のスタイルをカテゴリー化しつつあることは、新たなホテルのスタイルとして注目すべきだ。何より、宿泊特化型のホテルにして滞在の楽しさを提案している点は秀逸である。

 ところで、変なホテルの客室にはスマートフォンが設置されている。ホテルアメニティとして導入されたスマートフォン「handy」だ。 国内だけでなく海外にも自由に電話ができるという。通話料金は無料。滞在中は客室からの持ち出しも可能で、もちろんインターネットデータ通信を無料・無制限で利用できる。

 handyは2017年7月にスタート、ホテルゲストが無料で使えるスマートフォンレンタルサービスで、handy Japan 株式会社が展開する。一気に火が付き国内契約台数15万台を達成、20万台へ届く勢いだという。ホテルばかりではなく旅館への導入も。いま最も注目されている最先端のホテルサービスといえる。

 SNSアプリやカメラアプリ等、自分の好きなアプリを自由にダウンロードして利用でき、お得な旅の情報提供、ホテルが提供する商品やサービスの限定クーポンの受け取り、外出中も1クリックでホテルのコンシェルジュに電話でつながるなど多彩なサービスを提供する。もちろんデータ完全消去機能も完備。

 個々人がスマートフォンを持つ現在、使い勝手の良さをはじめ更なる利用価値の打ち出しなど、旅行者や滞在者に対して独自の進化を打ち出せるのか注目だ。いずれにしてもhandyがホテルセレクトの理由と結びつくことがホテルにとっての導入メリット。handyが客室の必需品としての地位、存在感を確立できるのか注視していきたい。

 スマートフォンで操作といえば“IoT(モノのインターネット)”も気になる動きだ。

 最先端のIoTデバイスを集結させた“スマートホステル”で注目されているのが「&AND HOSTEL」。各IoT機器はスマートフォンのアプリから使用できるが、客室の中にIoTデバイスを設置しても、これまでは各機器の操作には専用アプリが必要だった。

 同社では、鍵を開けることをはじめ、電気を付ける、エアコンを操作するなど、各機器を1つのアプリから操作できる独自の「&IoTアプリ」を開発。様々なIoTデバイスの統合管理アプリケーションで、たとえばドアの鍵と連動した照明のON/OFF機能、快適な目覚めの演出など、デバイスの連携によって体験価値を向上させている。

 &AND HOSTELはIoTルームとドミトリールームから構成。現在、上野、浅草、福岡で展開されているが、さらに都内、大阪など2018年度中に計10店舗の進出を予定している。宿泊施設で最先端の技術を体験できることで、コンセプト型ルームとして客室の価値を高めつつ、ある種の実証実験の場ともなっているのだ。

 IoTデバイスはカプセルホテルでも登場している。「豪華カプセルホテル 安心お宿プレミア 新橋汐留店」はカプセル業界初の“loTスマートカプセル”を標榜する。専用タブレットで、カフェや浴場 トイレの混み具合が一目でわかる。安心お宿では全店で、ビットコイン電子決済を導入するなど、様々なトライがみられるブランドだ。

 ホテルの語源は手厚いもてなしを意味するホスピタリィといわれる。ホテル活況による熾烈な顧客獲得合戦は多彩なサービスを誕生させているが、一方、ホテルとは人間によるホスピタリティを享受し、休み癒される場所というのが大原則だ。従来の常識にはとらわれないホテルサービスは、ゲストに何をもたらすのだろうか。

■文/瀧澤信秋(ホテル評論家)※写真提供も

あわせて読みたい

「IoT(モノのインターネット)」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本が世界第4位の移民大国な訳

    ビデオニュース・ドットコム

  2. 2

    翁長氏の治療批判する記事に苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    客離れに苦しむ鳥貴族の戦略ミス

    MONEY VOICE

  4. 4

    愛子さまにボーイフレンドのお噂

    SmartFLASH

  5. 5

    麻生氏サマータイム論はデマカセ

    赤木智弘

  6. 6

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬へ?

    田中龍作

  7. 7

    勝利優先で生徒追い込む高校野球

    文春オンライン

  8. 8

    とりあえず否定から入る日本人

    ヒロ

  9. 9

    すぐそこに迫る脱・現金化の大波

    MONEY VOICE

  10. 10

    新型ジムニーに国内外から熱視線

    フォーブス ジャパン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。