記事

高須院長 韓国の慰安婦問題再交渉は「無視すればいい」

【「韓国には呆れる」と語る高須院長】

 高須クリニックの高須克弥院長が世の中の様々な話題に提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は2018年の日本と朝鮮半島との関係について、ご意見をうかがいました。

 * * *
──あけましておめでとうございます。さて、2018年ですが、どうしても気になってしまうのが北朝鮮情勢です。金正恩・朝鮮労働党委員長は新年の挨拶で自分の机の上に核ミサイルの発射ボタンが置かれていると話しました。

高須:分かりやすい挑発だ。そりゃあトランプ大統領だって「オレの机の核ボタンのほうが強力だ」なんて反撃もするよ。ここで黙ってしまうのは、舐められたままで引っ込むのと同じだからね。

──そういった挑発の応酬の末には、実際の戦争が待っているのでしょうか?

高須:この挑発合戦がそのまま戦争になるということではないと思う。緊張状態とはいいつつも、北朝鮮にしたって実際に攻撃をするにはリスクが大きすぎる。アメリカだって戦争にならないほうがいいに決まっている。とりあえず舌戦を繰り広げているという感じなんだろうね。まだまだ、戦争にリアリティーを感じている状態ではないんじゃないかな。

 でも、だからといって何もしないでいいということではない。戦争が起きてしまうかもしれないということをしっかり想像しておく必要はある。もしも日本が攻撃されたらどうするべきなのか。日本政府、そして日本人はどういった態度で敵国と対峙すべきか。そういうことを無視するのは、いつかやられる時を待っているのと同じこと。攻撃された時に反撃できるようにする必要はあるし、あるいは攻撃されないようにすることも考えなくてはいけない。

──元旦に放送された『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)では漫才コンビ・ウーマンラッシュアワーの村本大輔が、もしも攻撃された場合、自分なら降伏するという主旨の発言をして話題となりました。つまり、「非武装中立」が理想であるという意見です。

高須:年末の『THE MANZAI』での時事ネタが面白かったから絶賛したのに、実はそんな意見を持っていたって知ってガッカリしたよ。しかも、沖縄は日本が中国から取ったものなんていう発言もしていて、ただの無知な男だったのか…と本当に残念な気持ちになってしまった。

 でも、村本くんはその後ツイッターで、「殺されてもいい」という発言を訂正していたんだよ。攻撃し返すのは嫌だから、とにかく逃げまくるという考えのようだ。そのツイートを見て、安心したよ。「正気に戻ったな」ってね(笑い)。

 まあ、ただ逃げるだけでは、日本の国土はやられてしまうから、根本的な対策にはならないんだけど、無駄に殺されるなんて絶対にありえない。そんな考えを持っていたら、ただ単に日本がずっと舐められ続けるだけだ。日本を愛する気持ちがあるのなら、積極的に日本を守る努力をする必要がある。もっと能動的にアクションをしていったほうがいいと思うね。

──北朝鮮情勢とともに気になるのが韓国との関係です。特に慰安婦問題についての日韓合意について、慰安婦の支援団体が被害者を無視した合意であると主張。文在寅大統領も「重大な欠陥があった」と発言しており、再交渉を求める可能性を示唆しています。

高須:まったくいつまでそんな話をしているんだろうか。呆れるよ。国と国が合意したものを後から「やっぱりやめます」と言ってくるなんて、普通の国家としてはありえない。「どうして自分から信用を落とすようなことをするのか?」なんて思ってしまうほどだね。

 まあ、韓国といえば大統領が替わるごとに、前政権を否定するというのがお決まりだから、文在寅が朴槿恵の仕事である日韓合意を潰そうとするのも自然な流れなんだろうね。でも、そんなもの現在の民主主義国家としては信じられないレベルのことだよ。封建時代ならそうなるのかもしれないけど、現代社会でそんな国が成立していることがもう信じられない。

 おそらく再交渉ということになって、さらに日本が補償金を払うようなことになれば、韓国はこれっきりで終わることはなく、何度も何度も要求してくるだろう。ここで韓国の要求を受け入れたら、未来永劫慰安婦問題は解決しないと思う。だから、ここはもう無視でもいいじゃないかな。韓国は日本が相手をしてくれるからいろいろ言ってくるわけで、完全に無視すればどうしようもなくなるからね。むしろ「相手をしてください」って尻尾を振ってくるかもしれない。

 正直言って、今の韓国はかなりつけ上がっている状態だ。もうそんなに優しくしてあげる必要もない。慰安婦問題はもう終わったと、こちら側から強く主張するのもひとつの方策だと思う。2018年の日本はもっともっと強くなるべきだね。

 * * *
 北朝鮮にも韓国にも、強い姿勢で対峙するべきだという高須院長。2018年は「能動的で強い日本」がキーワードとなりそう?

【プロフィール】
高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)、『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)、『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)、『行ったり来たり 僕の札束』(小学館)など。最新刊は『ダーリンは71歳・高須帝国より愛をこめて』(小学館)。

あわせて読みたい

「従軍慰安婦問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏が岩上氏を名誉毀損で提訴

    橋下徹

  2. 2

    羽生竜王vs藤井四段 対局は幻に?

    大村綾人

  3. 3

    よしのり氏「日韓合意は失敗」

    小林よしのり

  4. 4

    菅長官 望月記者に出馬勧め挑発

    NEWSポストセブン

  5. 5

    年収増で幸福なのは1000万円まで

    市川衛

  6. 6

    AmazonGo一般公開 課題は万引き

    後藤文俊

  7. 7

    白鵬へ反感拡大 貴乃花側は自信

    NEWSポストセブン

  8. 8

    よしのり氏 徴兵制の実現は無い

    小林よしのり

  9. 9

    松本人志 小室謝罪に「何の罪?」

    女性自身

  10. 10

    「池の水~」はテレ東に合わない

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。