記事

新しい時代にふさわしい「新しい政治」を始めよう!

1/2
 平成30年戊戌。
 いよいよ平成の御世を締めくくる年が幕を開けました。
 来年5月の皇位継承に向け、今年中に新しい元号が定められます。
 今年は、その「新しい時代」に向けた準備に勤しむ一年とせねばなりません。

 「新しい時代」という視点には、様々な意味が込められています。

 すでに世界は、百年に一度といわれる国際秩序の再編期に突入しています。強大化する軍事・経済力を背景に既存の秩序を塗り替えようとする中国、軍事力行使をためらわず国際情勢を揺さぶり続けるロシアを前に、「自国中心主義」を唱えるトランプ大統領を誕生させた米国が秩序維持の責任を放棄するかのような行動を重ねていることが混迷をさらに深めさせています。米中露といった強大国がせめぎ合う国際政治のメガ・トレンドから見れば、北朝鮮の核・ミサイル脅威や中東の混乱は局地的な現象に過ぎないともいえます。

 したがって、日本にとって常に注意を要するのはこの三カ国、とくに北朝鮮をめぐっては、米中の動向です。とりわけ「ディール(取引)の天才」と自称するトランプ大統領が、いつ、どういう形で中国や北朝鮮とディールするか目が離せません。冷戦終結以来初めて自国の安全保障に直接脅威を与える可能性が出てきた北朝鮮のICBM(大陸間弾道ミサイル)開発にストップをかけることはトランプ政権の至上命題です。そのためであれば、北朝鮮の(米国に届かない)中距離弾道ミサイルや核保有は容認してしまうかもしれません。中国の南シナ海支配も取引の材料にされてしまうかもしれません。そうなれば、中長期的には韓国や東南アジアが中国の影響圏に入ってしまうことも黙認することになりそうです。

 このように、新しい時代の国政情勢は決して甘くはありません。日本は、戦後初めて、(今まで米国にほぼ丸投げしてきた)自国の安全保障に自らの力で対処する必要に迫られることになるのです。今年は、そういう厳しい現実から目を背けることなく、安全保障や憲法改正の問題に正面から取り組んでいかねばなりません。

 私たちは同時に、「第4次産業革命」といわれる技術革新のビッグウェーブによって生活や社会が一変する激動の時代に入りました。とりわけ、深層学習によって加速化するAI(人工知能)の発達は、インターネットやロボット技術と相俟って、経済社会や産業構造を根こそぎ変えようとしています。20年前に米コダック社に起こったこと(*)が、今後5~10年ですべての産業、業種に起こるといわれています。

(*)1998年、コダック社は17万人を雇用し、全世界のフィルム・カメラの85%超のシェアを誇るメガ企業でした。ところが、今では当たり前となったデジタル・カメラの登場によってコダック社のビジネス・モデルは崩壊してしまいました。カメラ市場は瞬く間にこの革新的技術に席巻され、コダック社は2012年に倒産してしまいました。

 それでも、私たちは、今後10年以内にAIによって私たちの職の47%が置き換えられるだろう、といった将来予測に受け身の姿勢でいてはなりません。ダーウィンが進化論で喝破したように、環境変化に自らを適応させることができる国、社会、企業、人が生き残れるのです。短期的に景気が回復してきたこのタイミングこそ、「潜在成長率」を引き上げるための中長期的な取り組みの絶好機です。激動の新しい時代にふさわしい個性的で多彩な人材を輩出し続けなければなりません。すなわち、「人への投資」こそが国家の趨勢を決めるのです。

 150年前に、福沢諭吉が『学問のすゝめ』を著して、「学ぶことこそが己の運命を変え時代を切り開く」と説いて若き明治人に希望を与え彼らを奮い立たせたように、私たちも今こそ新しい時代にふさわしい「学びの環境」を整備するのです。

あわせて読みたい

「希望の党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    羽生竜王vs藤井四段 対局は幻に?

    大村綾人

  2. 2

    安倍首相が平昌を欠席すべき理由

    門田隆将

  3. 3

    佐藤優氏がICANと創価の縁を暴露

    天木直人

  4. 4

    年収増で幸福なのは1000万円まで

    市川衛

  5. 5

    橋下氏 会見開いた岩上氏を批判

    橋下徹

  6. 6

    橋下氏が岩上氏を名誉毀損で提訴

    橋下徹

  7. 7

    菅長官 望月記者に出馬勧め挑発

    NEWSポストセブン

  8. 8

    大雪で帰宅命令より朝出社禁止に

    かさこ

  9. 9

    幸福の科学 総裁長男が衝撃退職

    女性自身

  10. 10

    白鵬へ反感拡大 貴乃花側は自信

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。