記事

子供がお小遣いをほしがらなくなった理由

1/2

博報堂 生活総合研究所 上席研究員 酒井 崇匡

子ども達から物欲が消えつつある。博報堂生活総研が子ども(小4~中2)を対象に調査した結果、毎月決まった金額のおこづかいをもらう子が半数を下回り、「新しい商品が出るとすぐほしくなる」、「流行に関心がある」と回答した子どもは過去20年間で最低になった。背景にあるのはスマホをはじめとする情報環境の大変化だ。彼らはなにをほしがっているのか。博報堂生活総研の酒井崇匡上席研究員が考察する――。(第4回)

■特に動きが大きかった「消費と情報」

博報堂生活総合研究所が20年間にわたって実施している「子ども調査」では、その多くの項目が1997年の第1回調査から継続して聴取されています。調査対象となっている小4~中2の子どもたちの年齢はおおむね10~14歳。彼らを取り巻く環境は20年間で大きく変化しているものの、「そうは言っても“子どもは子ども”。変わらない部分も多いよね。」という意見も多く聞かれます。

では、実際にはどうなのでしょうか? 「子ども調査」で1997年から2017年まで継続聴取している項目は583項目あります。それらを分析したところ、約6割(348項目)には統計上有意な変化が見られました。約4割(235項目)の変化しなかった項目とは、「将来は結婚したいと思う」(97年85.8%→17年86.4%)、「特別な彼氏・彼女とよべる人がいる」(97年9.2%→17年7.6%)、「自分の将来は明るいと思う」(97年90.9%→17年92.4%)などです。

一方、変化した約6割の中でも、特に動きが大きかったのが「消費と情報」に関する項目でした。

■「物欲レス化」する子どもたち

消費に関して、私達が注目したのは子どもの物欲に関係する項目です。「値段が少し高くてもちょっといいものがほしい」、「新しい商品が出るとすぐほしくなることが多い」という意識が大きく減少し、過去最低値となりました。どうも、子どもの物欲が徐々に減ってきているようなのです。

同様の変化は子どものおこづかい事情にも現れています。1997年当時、私は中学3年生で毎月3000円程度のおこづかいをもらっていました。子ども調査でも1997年には8割近くの子どもが「おこづかいをもらっている」と回答していたのですが、今では6割近くまで減少。中でも、「毎月きまった金額をもらっている」という子は、半数を下回っています。

そうは言っても、おもちゃやゲーム、服などほしい物はいろいろあるんじゃないか? そう思って家庭訪問調査でもしつこく聞いてみたのですが、ある中1の男の子によると、「欲しいゲームはおじいちゃん、おばあちゃんが買ってくれるので、お金はあまりいらない」んだそうです。私達が取材した学童NPO代表の方も、「今の子どもたちは誕生日やクリスマス以外にも、「運動会で○位になった」というような機会に欲しい物を買ってもらえる子が増えている」と話されており、そのような状況の変化も一つの要因となっているようです。

■「流行に関心がある」が過去最低になった

欲求の減少は、モノだけでなく情報についても顕著です。「流行に関心がある」、「はやっているものを人より早く知りたい方だ」、「はやっているものを人よりも詳しく知りたい方だ」は今回、全て過去最低値となりました。

この背景となっている彼らを取り巻く情報環境の変化として最も大きいのは、やはり「スマホ」などのスマートデバイスの普及です。今回の調査は2017年2月から3月にかけて実施したのですが、その時点でスマートフォン(親所有のものを含む)を使ってネットを利用している小4~中2の子どもは56.4%と半数を超えています。

それだけでなく、携帯ゲーム機でYouTubeやWebサイトを見ている子も36.4%ほどおり、ネット結線されたテレビ(16.5%)などを含めると、子どもたちは平均してひとり当たり1.9種類のデバイスを使いこなしています。家庭でネット利用をしていない子は、もはや6.1%ほどしかいない状態です。

ちなみに自分専用のスマホを持っている子も小学生(小4~小6)では21.6%、中学生(中1~中2)では61.6%でした。小学生では家庭の方針や学校の指導などもあって、自分専用のスマホを持っている子はまだ少数派ですが、中学生になると6割以上はスマホを持っているのです。

彼らはスマホに限らず、複数のデバイスを使いこなすことで、情報はいつでも、いくらでも自分で引き出すことが可能です。常に最新の情報を追い求めていた上の世代と違い、まとめサイトなどの情報のデータベースも豊富にある今の子どもたちにとって、情報はあえて最新を追いかけなくても、気になった時に手元のデバイスを立ち上げれば、容易にキャッチアップできるものになったのです。

一方で、中学校の先生によると、流行にはあまり興味を示さなくなったものの、自分の興味のあることや趣味に関してはとても主体的で、大人がびっくりするほど詳しくなる子も多いんだそうです。

あわせて読みたい

「若者」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    田原氏「麻原彰晃はマジメな男」

    田原総一朗

  2. 2

    川上量生氏 五輪事業辞任を説明

    川上量生

  3. 3

    飲食経営の美談に隠れた労働問題

    東龍

  4. 4

    「ドラクエ式」が被災地で大活躍

    中妻穣太

  5. 5

    小室圭氏留学 皇室パワー利用か

    NEWSポストセブン

  6. 6

    セブンの生ビール販売中止は正解

    ヒロ

  7. 7

    橋下氏 エアコン検討より実施を

    橋下徹

  8. 8

    山本太郎氏の品位欠く罵声に呆れ

    早川忠孝

  9. 9

    LGBT支援を批判 自民議員に苦言

    足立康史

  10. 10

    中国の反日戦略を封じた米ロ会談

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。