記事

「炎で焼かれる兵士の動画」も…金正恩演説の危ないエピソード

金正恩氏(朝鮮中央テレビ)

北朝鮮の金正恩党委員長は1月1日、施政方針演説に当たる「新年の辞」の中で、次のように述べている。

「まさに1年前、私はこの席で党と政府を代表して、大陸間弾道ロケット試験発射の準備が最終段階で推進されているということを公表し、この1年間、その履行のための数次にわたる試験発射を安全かつ透明に行って確固たる成功を全世界に証明しました」

たしかに、北朝鮮が数次にわたるミサイル試射を成功させ、金正恩氏が1年前に語った言葉を証明して見せたのは事実だ。しかし1点、引っかかる部分がある。試射が「安全」に行われたとした言葉だ。

北朝鮮が過去に実施したミサイル発射実験においては、事故が多発していた様子が観測されている。

北朝鮮が先月29日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」型を発射した際、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の兵士と思しき人物が、エンジンから噴出された火炎に焼かれて死亡したとの情報が出ている。しかも北朝鮮が公開した映像に、その場面が映っていたという。

米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が北朝鮮国内の複数の情報筋の話として伝えたところでは、北朝鮮の軍内部ではもちろん、テレビでこれを見た人々の間で衝撃が広がっているという。

(参考記事:【画像】「炎に包まれる兵士」北朝鮮 、ICBM発射で死亡事故か…米メディア報道

500人死亡の地獄絵図

また、北朝鮮は3月22日で弾道ミサイルの発射に失敗した際、発射する前の運搬中か、ミサイルを立てる段階で爆発したとされている。米ジョンズ・ホプキンス大学の北朝鮮分析サイト「38ノース」は、同月28日に撮影された、東海岸の元山(ウォンサン)にある葛麻(カルマ)空港の衛星写真を分析。その結果、ミサイル発射台に向かう2本目の滑走路において、110メートル大の爆発の跡が確認されたのだ。

さらに、2016年10月20日にも、ムスダンと見られる中距離弾道ミサイルの発射実験が失敗に終わっており、このときには直後に起きた火災によって移動発射台が燃えたことがわかっている。いずれも人命被害は確認されていないが、兵士らが犠牲になっていたとしても不思議ではない。

前述した「兵士が焼かれる動画」に関しては、北朝鮮国内に目撃談が複数あり、人々は「金正恩はあれを目撃しながら、ミサイル発射成功を手を叩いて喜んだのか」との反発も出ているという。

(参考記事:「米軍が金正恩を爆撃してくれれば」北朝鮮庶民の毒舌が止まらない

そもそも北朝鮮では、人命軽視による死亡事故が繰り返し起きている。1989年には労働者500人の遺体が河原に散乱する「地獄絵図」も繰り広げられた。

(参考記事:北朝鮮、橋崩壊で「500人死亡」現場の地獄絵図

また最近の最前線(軍事境界線)における兵士亡命の続発に見られるように、軍の内部は相当に動揺している。上意下達で命令に従い、命をかけて作戦に当たるべき軍人といえども、理不尽な状況が続けば反発も強まるだろう。

金正恩氏の「新年の辞」における自信に満ちた言葉も、北朝鮮の危うい現実の裏返しと言えるのだ。

(参考記事:必死の医療陣、巨大な寄生虫…亡命兵士「手術動画」が北朝鮮国民に与える衝撃

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「金正恩」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    クロ現「縁切り死」特集に大反響

    キャリコネニュース

  2. 2

    リスク取らずの進次郎は負け組

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    裏切り続けた石破氏へ厳しい現実

    門田隆将

  4. 4

    進次郎氏が石破茂氏についた理由

    PRESIDENT Online

  5. 5

    「年収400万円の底辺」に違和感

    キャリコネニュース

  6. 6

    安倍首相の粛清に怯える議員たち

    NEWSポストセブン

  7. 7

    倉持由香 人生初の遺書で覚悟

    倉持由香

  8. 8

    総裁選の敗北者に待つ悲惨な末路

    文春オンライン

  9. 9

    NHK桑子アナのコメント力に苦言

    メディアゴン

  10. 10

    ひろゆき流 不味いタバコで減煙

    西村博之/ひろゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。