記事

竹田恒泰氏「皇室を守る」それこそが皇室の崩壊を招くと指摘

 天皇陛下の退位が2019年4月末に決定した。女性宮家創設の議論もなされている中、作家で明治天皇の玄孫にあたる竹田恒泰さんは、「皇室を守る」ことこそが皇室の崩壊を招くと語る。その真意は何か。

 * * *
 平たくいってしまえば、女性宮家とは「民間出身の男性を皇族にする」ということです。創設にあたっては、夫や子供の立場をどうするかということが議論されるでしょうが、では宮家当主の女性皇族を妻にした男性が、民間人として民間企業で普通に働けますか? そうなると、皇室に迎え入れるしかなくなるわけです。ですが、皇室においてそんなことはただの一度もありません。

 女性宮家を認めないということは、結婚後の女性皇族を排除したのではなく、民間出身の男性皇族を排除してきた歴史なのです。

 天皇はなぜ天皇なのか、といえば、紛れもなく「血統の原理」です。受験や選挙でたどり着くわけでもなく、闘争の末勝ち取るわけでもありません。その星に生まれた者が、粛々と宿命を背負っていくのです。

 しかし、女性宮家を創設すると、この原理が崩れることになります。つまり、本来ならその星のもとに生まれたわけではない人間にまで、天皇の座への道が開かれてしまうことを意味しています。そうなったとき、果たしてそれを日本の皇室と呼べるのでしょうか。

「皇室を守るため」

 そう声高に叫んでいる女性宮家容認派は、それこそが皇室の崩壊を招くということを理解していないのです。それは、女性・女系天皇においても同様でしょう。

 さらにいえば、特に近現代では、天皇と皇后が上手に役割分担してきました。女性天皇ということになれば、天皇の国事行為や宮中祭祀などの務めと、将来の天皇を産み育てるという皇后の役割をひとりで担うことになります。これは相当に過酷なことです。皇后陛下は失語症になってしまうほどのつらい日を乗り越えられていらっしゃいました。皇太子妃殿下もまた然りです。スーパーウーマンでもない限り、無理です。

 ではどうするべきか。解決策は、「血のスペア」「血の伴奏者」である宮家が、本来の役割を取り戻すことです。

 単純な話で、旧皇族を活用すればいいんです。1947年、GHQによって民間人となった11宮家のうち、5つの宮家は存続しています。今も男系の血筋を引く人が存在しています。具体的な方法は2つ。旧宮家を皇籍に復活させること。あるいは、断絶することが決まっている三笠宮家か高円宮家の養子にすることです。

 戦後70年が経過していて、「名前も顔も知らない旧宮家の人が皇族になるなんて」という意見もあるでしょうが、どこの誰かもわからない人を皇室に迎え入れようとする女性宮家なんかよりも、よっぽど現実的なのではないでしょうか。

※女性セブン2018年1月4・11日号

あわせて読みたい

「皇室」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    田原氏「麻原彰晃はマジメな男」

    田原総一朗

  2. 2

    「ドラクエ式」が被災地で大活躍

    中妻穣太

  3. 3

    川上量生氏 五輪事業辞任を説明

    川上量生

  4. 4

    小室圭氏留学 皇室パワー利用か

    NEWSポストセブン

  5. 5

    飲食経営の美談に隠れた労働問題

    東龍

  6. 6

    セブンの生ビール販売中止は正解

    ヒロ

  7. 7

    山本太郎氏の品位欠く罵声に呆れ

    早川忠孝

  8. 8

    橋下氏 エアコン検討より実施を

    橋下徹

  9. 9

    中国の反日戦略を封じた米ロ会談

    MAG2 NEWS

  10. 10

    LGBT支援を批判 自民議員に苦言

    足立康史

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。