記事

【イーツァ】、「未来の飲食店」「ヒット確実」も6店撤退!洒落たうどん自販機と同じ?

180103イーツァ00

■「未来のレストラン」「無人(ファストフード)レストラン」「日本にも進出しヒット確実」等とメディアで話題になっていたファスト・カジュアルのイーツァ(Eatsa)が不振だ。2015年に1号店をオープンしたイーツァは注文から決済、受け取りまで全てセルフサービスで行われ、スタッフと接することなく全てが完結するファスト・カジュアル・レストラン。メニューはキヌアをベースとし肉を一切使用しないヘルシーで低カロリーなサラダボウルが中心となる。メインメニューの価格は一律7.95ドル(最近、6.95ドルから値上げした)となっている。一方で、まったくスタッフがいないわけではなく、アシスタント用のスタッフが店内におり、厨房にも料理を作るスタッフもいるとの話だ。レストラン内から料理している姿を確認することはできない。

革新的・画期的ともいえるイーツァは昨年10月、カリフォルニア州バークレーやニューヨーク・マンハッタン、ワシントンDCにある5店の撤退を発表した。しかもこれらの店はオープンから1年前後というスピード撤退となっているのだ。残っているのはサンフランシスコ市内にある2店のみ。

実はイーツァの撤退はそれ以前にもあった。ロサンゼルス郊外のショッピングセンター「ザ・ビレッジ・アット・ウエストフィールド・トパンガ(The Village at Westfield Topanga)」に2015年12月、イーツァ3号店がオープンした。サンフランシスコ市内の1号店と2号店に続きオープンした南カリフォルニア店は、オープンから1年ほどで閉店したのだ。イーツァは当初、突然の閉店を「一時的(temporary)」とし再オープンを示唆していたが、閉店から2年近く経過しても再オープンの話は聞かない。

 今日はイーツァの画像を紹介しながら、8店舗(ピーク時)からわずか1年程度で2店舗となったイーツァの不振理由を明らかにする。

トップ画像:サンフランシスコに2015年にオープンしたイーツァ1号店。その後、イーツァはわずか1年程度で8店舗まで成長した。しかしそれから1年もたたずに6店舗の撤退だ。なぜか?

180103イーツァ01

イーツァでは注文から決済、受け取りまで全てセルフサービスで行われ、スタッフに接することなく食事ができる、画期的なファスト・カジュアル・レストランだ。注文したものが出来ると、受け取りボックスの液晶に自分の名前が表示され、タップするだけで取り出せる。

180103イーツァ02

注文は店内にある専用の端末か、スマートフォンにイーツァの専用アプリをダウンロードしてメニューをオーダーする。店内にはスタッフが一人だけ常駐し、端末でのオーダー等で困ったことがあればアシストしてくれる。

180103イーツァ04

受け取りボックスの上には「現在の注文(Current Orders)」として注文者の名前(ファーストネームもしくはニックネームにラストネームのイニシャル)が表示される。トップに「Fumitoshi G.」とある。横には受け取りの「ボックス8(cubby 8)」となっている.

180103イーツァ05

「ボックス8(cubby 8)」のガラス扉に「Fumitoshi G.」と映っている。名前の右側にある「タップ2回して(Tap Twice)」をタップしてガラス扉を開けるのだ。後藤が専用アプリからオーダーしたのは「パシフック豆腐丼(Pacific Tofu Bowl)」とコーヒーだ。

180103イーツァ06

「パシフック豆腐丼(Pacific Tofu Bowl)」にもキヌアがたっぷり入っており、トッピングの食材はどれも新鮮で美味しかった。ボリュームもあり女性には食べきれないかもしれない。ビジタリアンなサラダ丼といっても結構、ガッツリ系だ。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。イーツァのファースト・インプレッションは、ドライブインなどにあった「うどん・そば自販機」でした。イーツァのハイテクなパッと見に騙されてはいけません(笑)。うどん・そば自販機を巨大にして、IT化し、小洒落たファスト・カジュアル・レストラン仕様にしたのがイーツァです。だから流行らない。以前、クライアントから「イーツァを日程に入れたい」という意向がありましたが、日程時間(極めて短い日程)を理由に「見学するほどでもない」と省いたほどです。

イーツァの問題点は自販機ということ。注文したメニューは透明なボックスに用意されますが、皮肉にもイーツァはブラックボックスなんですね。「誰が調理しているのか?」「どうやって作っているのか?」が見えないのです。アメリカのトレンドは「情報の透明化」です。食材は透明化していますが、調理方法などはオープン・キッチンでないブラックボックスなんですね。

⇒ロボット(機械)が作っているのか?どんな人がどうやって調理しているのか?どのようなキッチンなのか?食材の保管はどうなっているのか?など全く見えないので無意識に気持ち悪いと感じてしまうのです。初めにオープン・キッチン等で展開し、お客さんに安心させてからのイーツァ仕様ならわかりますが、いきなりのクローズド・キッチンから始めた多店舗展開は難しいと思いました。

これと同じことがアマゾン・フレッシュ・ピックアップにも言えます。ドライブスルー専用スーパーのアマゾン・フレッシュ・ピックアップはダークストアです。スーパーといっても倉庫で、一般の買い物客は入っていけません。店の中で買い物ができるインストア・ショッピングはなく、倉庫となる300坪弱の「ダークストア(dark store)」に専用の駐車スペースがついた食料品の受け渡し専用拠点です。倉庫がダークボックスなので、生鮮品を選べないばかりか、どのように食品が扱われているかも見えないのです。

 シカゴでアジア系ファーストカジュアル・レストラン展開するワォバォ(WOW BAO)がイーツァと契約し同システムを導入した店をオープンしています。オープンキッチンのウォバォのイーツァ系レストランが、どうなるのかが注目されます。

あわせて読みたい

「飲食業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    羽生竜王vs藤井四段 対局は幻に?

    大村綾人

  2. 2

    橋下氏が岩上氏を名誉毀損で提訴

    橋下徹

  3. 3

    年収増で幸福なのは1000万円まで

    市川衛

  4. 4

    よしのり氏「日韓合意は失敗」

    小林よしのり

  5. 5

    菅長官 望月記者に出馬勧め挑発

    NEWSポストセブン

  6. 6

    AmazonGo一般公開 課題は万引き

    後藤文俊

  7. 7

    白鵬へ反感拡大 貴乃花側は自信

    NEWSポストセブン

  8. 8

    佐藤優氏がICANと創価の縁を暴露

    天木直人

  9. 9

    安倍首相が平昌を欠席すべき理由

    門田隆将

  10. 10

    「池の水~」はテレ東に合わない

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。