記事

韓国と北朝鮮の対話は両国次第、金正恩氏の誠意に疑問=米国務省

[ワシントン 2日 ロイター] - 米国務省のノアート報道官は2日、韓国と北朝鮮が対話するかどうかは両国が決めることとした上で、仮に対話が実現しても金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が誠実に対応するかは疑問、との認識を示した。

報道官は記者団に対し「両国が話し合いを望むと決断するなら、それはもちろん両国の選択となる。キム氏は米国と韓国を分裂させようとしているのかもしれないが、そうはならないと断言しておく。話し合いの席におけるキム氏の誠意にわれわれは非常に懐疑的だ」と語った。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

あわせて読みたい

「金正恩」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ヒカキンが寄付呼びかけ16万人増

    MAG2 NEWS

  2. 2

    ひろゆき氏 高齢化は可視化する

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    安倍3選を阻止できる唯一の人物

    PRESIDENT Online

  4. 4

    小泉・小沢が組んでも影響力ない

    早川忠孝

  5. 5

    進次郎氏の国会改革案は中身ない

    AbemaTIMES

  6. 6

    習主席の権力に異変 崩壊始まる?

    ヒロ

  7. 7

    よしのり氏 自衛隊員増やすべき

    小林よしのり

  8. 8

    加藤鷹が明かすSEX下手男の特徴

    いいんちょ

  9. 9

    ストロー廃止に意識が低い日本人

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  10. 10

    真備町の洪水 住民の懸念現実に

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。