記事

韓国と北朝鮮の対話は両国次第、金正恩氏の誠意に疑問=米国務省

[ワシントン 2日 ロイター] - 米国務省のノアート報道官は2日、韓国と北朝鮮が対話するかどうかは両国が決めることとした上で、仮に対話が実現しても金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が誠実に対応するかは疑問、との認識を示した。

報道官は記者団に対し「両国が話し合いを望むと決断するなら、それはもちろん両国の選択となる。キム氏は米国と韓国を分裂させようとしているのかもしれないが、そうはならないと断言しておく。話し合いの席におけるキム氏の誠意にわれわれは非常に懐疑的だ」と語った。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

あわせて読みたい

「金正恩」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    那覇市長選 与党が敗北した要因

    田中龍作

  3. 3

    韓国また合意棚上げ? 注目の判決

    tenten99

  4. 4

    3億円事件告白 出版社の仕込みか

    tokyo editor

  5. 5

    サウジ記者殺害 米IT企業が窮地?

    幻冬舎plus

  6. 6

    50人以上応募 音喜多新党に期待

    早川忠孝

  7. 7

    文大統領の苦しい国家運営と外交

    ヒロ

  8. 8

    「汚い顔は失礼」神田うのが炎上

    女性自身

  9. 9

    堀江氏「もう一度東大受ける」

    MAG2 NEWS

  10. 10

    マツコが悟った松田聖子のすごさ

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。