記事

韓国と北朝鮮の対話は両国次第、金正恩氏の誠意に疑問=米国務省

[ワシントン 2日 ロイター] - 米国務省のノアート報道官は2日、韓国と北朝鮮が対話するかどうかは両国が決めることとした上で、仮に対話が実現しても金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が誠実に対応するかは疑問、との認識を示した。

報道官は記者団に対し「両国が話し合いを望むと決断するなら、それはもちろん両国の選択となる。キム氏は米国と韓国を分裂させようとしているのかもしれないが、そうはならないと断言しておく。話し合いの席におけるキム氏の誠意にわれわれは非常に懐疑的だ」と語った。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

あわせて読みたい

「金正恩」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毎日が危ない? 崩壊する新聞社

    fujipon

  2. 2

    よしのり氏「テレ朝の方が悪い」

    小林よしのり

  3. 3

    矢沢永吉 チケット電子化の理由

    BLOGOS編集部

  4. 4

    橋下氏 福田氏のセクハラに言及

    AbemaTIMES

  5. 5

    北の核実験中止 日本には脅威か

    緒方 林太郎

  6. 6

    熱狂が一転 ニュータウンの末路

    NEWSポストセブン

  7. 7

    F-2の後継機 F-22を土台に開発か

    ロイター

  8. 8

    愛子さま 受験組入らず内部進学

    女性自身

  9. 9

    辻元氏「戦後政治最大の汚点」

    辻元清美

  10. 10

    日本でIQOS伸び悩み 株価が暴落

    広瀬隆雄

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。