記事

中森明菜がディナーショーで明かした「テレビ出演の話が来ない理由」 - 「週刊文春」編集部

「今の時代なに? 4Kって。毛穴なんて全部映っちゃう。あれって脅迫でしょう(笑)。昔から女優ライトってあったでしょ。あんなもんじゃ足らなーい。絶対にムリムリムリ(笑)」

 中森明菜(52)のディナーショーは“自虐トーク”のオンパレードだった――。

 2016年、7年ぶりとなるディナーショー(7都市10公演)で公の場に復帰した明菜。デビュー35周年となる17年は、14都市18公演。


出演への“DESIRE”はあり

「昨年はワイドショーでも話題になり、本人も手応えを感じ満足していた。今年は自信をもって公演数を拡大。限界いっぱいまで座席を増やす会場もあった」(スポーツ紙記者)

 チケットは3万6000円から5万円とトップクラスの五木ひろしに次ぐ値段。それでも即日完売というのだから人気は健在だ。

「年1度しか見られない彼女のディナーショーはプラチナチケット。オークションサイトでは最高13万円で取引されていた」(同前)

 しかしその割に、昨年ほどには話題は盛り上がらず。その理由を芸能レポーターが解説する。

「17年は本格的な活動をスタートさせると思われたが、そういう動きもなく、年1回のディナーショーとアルバムで稼いでいくことがわかりマスコミはトーンダウン。ステージも前年同様に生バンドがいないカラオケで、ダンサーもなし。これで5万円は少し高い」


パンフレット5,000円也

 17年12月中旬、名古屋のホテルで行われたディナーショーに小誌記者も潜入。約500人が詰め掛けた会場は、40~50代の男性が6割。グッズはバスローブ2万1000円、パンフレット5000円と高額商品が目立つ。

 午後8時。銀色の髪飾りに純白ドレスを纏った明菜がステージに登場。歓声と拍手、そして悲鳴が入り混じる中、熱唱が始まった。

「昨年は明菜ちゃんも緊張していた。今年のほうがいい」とは全公演を追っかけている女性ファン。ステージを左右に動き回り、衣装チェンジではクレオパトラのような全身黄金の姿も披露。カバー曲を中心に低音から高音まで出し切り、後半は「飾りじゃないのよ涙は」「TATTOO」「ミ・アモーレ」「1/2の神話」のヒットメドレー。「DESIRE」では全盛期を彷彿とさせるビブラートを効かせ、声量を見せつけた。

 MC中、女性ファンにバースデーソングを歌うサプライズも。

「今日が誕生日? 24歳? ハッピーバースデートゥーユー♪ 元気ですね。明日は闇ですよ(笑)。そうそういいことは続きません(笑)。頑張りましょうね。“24”という響きは私にとってはあまり好きじゃなーい(笑)。すみません! 気にしないでください」

 明菜が自殺未遂騒動を起したのは1989年、24歳の誕生日2日前のことだった。自らの辛い過去も笑いにする余裕。ファンからの「明菜ちゃん、テレビ出て!」の声に、本音を洩らす場面もあった。

「昔からのイメージあるでしょ私。性格が悪いとか。ワガママ言うとか。……ドタキャンするとか(笑)。そんなイメージだから(テレビ出演の話が)来ないんです。『呼んでドタキャンされたらたまったもんじゃないから呼べない』って思われているみたいですよ。残念でしたね。私は全然行く気満々なんだけどね」

 予定時間を10分越えて計18曲を熱唱し、健在ぶりを示した明菜。ドタキャンイメージはもう“いいかげんにして~”!?

(「週刊文春」編集部)

あわせて読みたい

「テレビ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリらしくない演出に失望

    メディアゴン

  2. 2

    年金受給 何歳から貰ったら得か

    竹中正治

  3. 3

    黙って性行為するのは日本人だけ

    AbemaTIMES

  4. 4

    予測可能だったビットコイン急落

    近藤駿介

  5. 5

    よしのり氏「無知は恥であり罪」

    小林よしのり

  6. 6

    河野外相が外交の現状に危機感

    河野太郎

  7. 7

    宮台真司氏 ウーマン村本を擁護

    AbemaTIMES

  8. 8

    小室哲哉 看護師と繰り返し密会

    文春オンライン

  9. 9

    ワンピース歌舞伎 古参客が苦言

    NEWSポストセブン

  10. 10

    迷走する「旧民主党」再分裂も?

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。