記事

イランで反政府デモ続く 大統領は「何でもない」と

[画像を元記事で見る]

イラン北東部で12月28日に始まり複数都市に広がった反政府デモは、1日も続いた。ハッサン・ロウハニ大統領は「何でもない」と声明で述べたが、デモは5日目に入っても収束していない。

首都テヘランでは1日夜、デモ参加者らが政府に反対するスローガンを繰り返し叫び、複数の車を燃やしたとされる。警察によると、同国中部の都市で警官1人が死亡した。

ロウハニ大統領は、抗議行動は国民に与えられた「機会であり、脅威ではない」としながらも、「法律違反者」を取り締まると約束した。

一方で、米国はデモ参加者らの「大胆な抵抗」への支持をあらためて表明した。

デモは28日に北東部マシュハドで物価上昇と腐敗への抗議として始まったが、より大きな政府批判に発展している。

衝突はどこで起こっているのか

最新の情報によると、テヘランでは大勢の警察が警備に当たっているという。メヘル通信は、タクシー1台が燃やされたと伝えた。31日夜にはテヘランのエンゲラブ広場で、デモを鎮圧しようとする警官隊が催涙ガスと高圧放水砲を使用した。

また国営メディアはある警官の話として、中部イスファハン近郊ナジャファバドで、警官隊が銃撃を受け、警官1人が死亡、3人が負傷したと伝えた。

ソーシャルメディアへの投稿から、東部ビールジャンドや西部ケルマンシャー、南西部シャーデガーンでも新たにデモが起こっているのが分かる。

国営テレビは、31日夜から1日朝にかけて10人が死亡したと伝えたが、西部のハマダン州の知事がさらに3人が死亡したと述べた。

  • テヘランの南西300キロにある西部の町で6人が撃たれて死亡
  • トゥイセルカンがあるハマダン州の知事がイラン学生通信(ISNA)が語ったところによるとトゥイセルカンでさらに3人が死亡
  • 当局者によると、南西部の町イゼーで2人が死亡
  • ロレスターン州ドル―ドの衝突で2人が死亡

これに先立ち発生した衝突で、2人が死亡している。

イラン国内で抗議デモが発生した主な場所

イラン国内で抗議デモが発生した主な場所

イラン大統領の反応

ロウハニ大統領は大統領府ウェブサイトに掲載した声明で、衝突を深刻視しない態度を示した。

ロウハニ氏は「これは何でもない。批判と抗議行動は機会であり、脅威ではない」と述べる一方、「暴徒や法律違反者」に対して行動をとるとも約束した。

[画像を元記事で見る]

ロウハニ氏は、「法律と人々の願いに反するスローガンを叫び、革命の尊厳と価値を侮辱する少数派に我が国は対処する」と述べた。

その後ツイッターで、政府は人々の生活の問題や腐敗に対する要求に耳を傾ける必要があるとコメントし、より融和的な姿勢を示した。

イランの革命防衛隊は、騒動が続くようなら反政府デモは国の「鉄拳」を受けることになると警告し、強硬姿勢を取った。

革命防衛隊は同国最高指導者とつながりを持つ、強大な権力を握る組織で、イスラム主義的制度を守ることに専念している。特派員らによると、革命防衛隊が正式にデモの取り締まりを始めれば、状況が大幅に深刻化したのを示すという。

司法府のアーヤトッラー・サーデグ・アーモリー・ラーリージャーニー長官は1日、「暴徒」と「破壊行為をする者たち」への取り締まりを呼び掛けた。

ラーリージャーニー長官は、「この状況を利用している人たちもいる。これは間違っている」と述べた。

一連のデモに関連して、これまでに最大400人が逮捕されたもよう。

米国の反応

ドナルド・トランプ米大統領は1日、イランの指導者らとさらに激しい言葉の応酬を繰り広げ、「偉大なイランの人々は何年も抑圧されてきた。食べ物と自由に飢えている」とツイート。さらに大文字で、「変化のときだ!」と書いた。(原文の英語では太字部分は大文字で強調)

https://twitter.com/realDonaldTrump/status/947810806430826496

マイク・ペンス副大統領はさらに強い調子で、「イランの人々が繰り広げる勇気ある抵抗は、自由を求め、独裁政治と闘う全ての人々に希望と信念を与えている。我々は彼らを失望させてはいけないし、そうさせない」とツイッターに投稿した。

欧州連合(EU)は、市民が平和的な抗議を行う権利をイランが保証するよう呼びかけ、イラン当局と接触しており、状況を注視していると述べた。

一方で、英国のボリス・ジョンソン外相は、「デモ参加者らが提起する理にかなった、重要な問題について意義ある議論をすべきだ。このような議論を許容するよう、イラン当局に求める」と述べた。

(英語記事 Iran unrest: New protests as Rouhani plays down violence

あわせて読みたい

「イラン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリらしくない演出に失望

    メディアゴン

  2. 2

    年金受給 何歳から貰ったら得か

    竹中正治

  3. 3

    黙って性行為するのは日本人だけ

    AbemaTIMES

  4. 4

    予測可能だったビットコイン急落

    近藤駿介

  5. 5

    よしのり氏「無知は恥であり罪」

    小林よしのり

  6. 6

    河野外相が外交の現状に危機感

    河野太郎

  7. 7

    宮台真司氏 ウーマン村本を擁護

    AbemaTIMES

  8. 8

    小室哲哉 看護師と繰り返し密会

    文春オンライン

  9. 9

    ワンピース歌舞伎 古参客が苦言

    NEWSポストセブン

  10. 10

    迷走する「旧民主党」再分裂も?

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。