記事

「年収は住むところで決まる」

今エンリコ・モレッティの「年収は『住むところ』で決まる」という本(プレジデント社 読んでいるのはKindle版)を読んでいる。軽い表題の本だが、中身はしっかりした経済学の本なので、まだ読み終えていない。

この本を読み始めたきっかけは「東京どこに住む?」(速水 健朗著 朝日新書)に、モレッティの学説が紹介されていたからだ。ちなみに「東京・・」は気楽に読むことができる本なのですぐ読み終わった。

モレッティの主張は「昨今の経済論議の中では見落とされがちだが、一国の経済のある部分が経済的に苦しんでいるなかで、別の部分が繁栄を謳歌しているケースがある。とくに際立っているのは、一国内での地理的な格差が拡大してきていることだ」(日本語版への序章)だ。

この地域的な格差という事実を念頭に置かないと、東京都心部への人口集中・地方の衰退・空き家問題等を正確に分析することはできないだろう。

モレッティの研究は米国をベースにしたものだが、日本でもほぼ同じような現象が起きていると考えてよいだろう。

WSJにThe Divide between America's prospererous cities and struggling small towns「アメリカの繁栄する都市と苦しむ小さな町」という統計データをベースにした記事がでていた。これは地域格差を可視化したものである。

データの幾つかを紹介しよう。

現在約99.5百万人が住む大都市圏中心部では大不況の2007年以降人口は9.5%増加しているが、地方では人口は0.4%しか増加していない。

大都市圏中心部の家計収入の中央値は、68,240ドルだが地方では、43,505ドルである。

16歳以上の男子の労働参加率は、大都市圏中心部では65%だが、地方では56%である。

何故都市に住むと給料が良くなるのか?給料が良くなったから都市中心部に住むのではないのか?といった疑問が起きるだろう。

私もそれらの疑問を持ち上がら、「年収は住むところで決まる」を読んでいるが、都市特に都心部には情報が集まり、その情報に接しているだけで「頭が良くなり」「生産性が向上する」というのが、結論になりそうだ。

「田舎の三年 京の昼寝」という諺がある。田舎で本を読んで勉強するより、京の都に出て、昼寝でもしながら、色々なところに出歩いているだけで、知識が身に着くという意味だ。

昔の人も都市の持つ力を直観していたのだろうか?

あわせて読みたい

「年収」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ朝は色仕掛けの手法を明かせ

    三田次郎

  2. 2

    小室さん母 出勤往復にタクシー

    女性自身

  3. 3

    逆効果?野党の#MeToo運動に苦言

    大西宏

  4. 4

    セクハラを政治利用 野党に指摘

    AbemaTIMES

  5. 5

    内閣支持率3割切るも野党は低迷

    舛添要一

  6. 6

    手入れ、値段…革靴通勤に疑問

    キャリコネニュース

  7. 7

    買春で知事辞任 米山氏の母嘆き

    SmartFLASH

  8. 8

    安倍首相の続投希望 企業の7割超

    ロイター

  9. 9

    麻生氏はなぜ福田次官かばったか

    NEWSポストセブン

  10. 10

    立民議員 審議時間返してほしい

    初鹿明博

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。