記事

銀座ホテル戦争 無印良品が手掛けるMUJIホテルの勝算は

【日本に先駆け1月に中国で開業する「MUJIホテル」(写真:時事)】

 2年半後に迫った東京五輪を見据えて、インバウンド需要を狙ったホテル建設ラッシュが続いている。特に火花を散らしているのが、日本一の商業地、銀座である。

 2018年、開業の先陣を切るのが銀座朝日ビル跡地に建つ、外資のハイアット系ホテル。次いで、ニュートーキョー跡地(場所は有楽町エリア)ではディベロッパーのヒューリックが自主運営する高級ビジネスホテル。

 そして2019年春、旧プランタン銀座裏手の読売新聞社所有跡地に建設中なのが無印良品(運営は良品計画)が手がける「MUJIホテル」(ホテル運営は小田急電鉄グループの企業)だ。翌2020年も、森トラストが誘致するマリオット系の最高級ブランド、エディションホテルが控えている。

 この中である意味、無印良品のホテルは最も注目度が高いといっていい。ホテル展開に慣れた外資系やディベロッパー系の案件でなく、小売業系のホテルであるからだ(「MUJIホテル」そのものは2018年1月18日に深センで、同3月20日には北京でと、中国での開業が日本よりも先行)。

 過去、ダイエーが福岡市でシーホークホテル、神戸市でオリエンタルホテルを、旧セゾングループがホテル西洋銀座、そしてインターコンチネンタルホテル買収などでホテル事業に進出したが、いずれも後に売却、譲渡する結果になっている。

 無印良品といえば、鉛筆1本、スプーン1本から食品、雑貨、衣料品、家具、別会社では住宅事業も手がける企業。そして商品はすべてシンプルなデザインでナチュラル、ウッディ、色調も原色は極力使わず、生成りやモノトーンの配色で統一している。それだけに、この世界観に共鳴、共感するファンは俗に“ムジラー”とも称され、無印良品の商品群に囲まれて生活することに満たされているようだ。

 運営会社の良品計画側も、「これがいい、ではなく、これでいい」を商品コンセプトとし、地球との共生に強いこだわりを持ちながら、無駄を削ぎ落したシンプルな生活提案をし続けるというのが変わらぬ哲学で、暮らし方の提案そのものが無印良品だという点が、他社には真似のできない世界観だとしている。つまり、企業コンセプト自体を商品に落とし込んで売る会社ともいえるわけで、ここが他の小売業とは決定的に違うといっていい。

 ホテルにおける知見やノウハウで、ダイエーや旧セゾングループと違うのは、前述したように、グループ会社で住宅事業を手がけてきたことも活きてくるからだ。

 URと組んだ、リノベーションによる団地再生プロジェクトでは、すでに東京・板橋区高島平での団地物件をはじめとした実績がある。たとえばリビングの床は麦わらパネルにし、い草を使用する畳もサラサラ感のある麻畳に、さらにダイニングテーブルの高さをシステムキッチンの高さに合わせる、無印良品のシェルフを使用して仕切りをつくり、外せば一体空間になる伸び縮み自在なLDKの工夫など。

 このほか、戸建て住宅のほうでも従来タイプのお仕着せでない、「無印良品の3つの家」を軸にしている(「木の家」=大きな吹き抜けでゆるやかにつながる一室空間の家。「窓の家」=好きな大きさで窓を開けられる三角屋根の家。「縦の家」=6つの部屋を組み合わせて暮らす空間を縦に広げた家)。

 以前、良品計画の金井政明社長(現在は会長)は、こう語っていたことがあった。

「億ションのマンションなら、ジャグジーバスは大抵、標準装備でしょう。で、3000万円のマンションならバスのサイズはこんなものと、供給側の論理でだいたい決まっているのが普通です。でも、3000万円のマンションでもバスだけはこだわり、ジャグジーが欲しい人もいるわけです。ならば、我々がそれを実現してしまおうと」

 そこでMUJIホテルである。無印良品の住宅も、モデルルーム内には自社商品の装飾が施せ、リノベーション物件の場合も同様だ。その住宅と並んで、無印良品の従来のステレオタイプではない空間設計の仕様を体感してもらうには、ホテルはうってつけともいえる。照明や壁紙、ベッド、クローゼット、バスやトイレの作りこみと関連アメニティグッズなど、他のホテルでは手がけそうにない空間や商品設計が期待できるからだ。

 さらに、ホテルの下層階に下りれば、無印良品の大型店がある仕組み。無印良品の世界観を体験した宿泊者たちが、今度は実店舗で単品ごとに商品を手に取り、色味や手触りを実感しながら高い購買率につなげ、インバウンドの客層であれば母国に帰国して口コミで無印良品の良さが伝播していく――そんな仕掛けといっていいだろう。

 そういう意味で、日本では初となるMUJIホテルは、ほかの銀座エリア内のホテル群とは一線を画したホテルになるだろう。それだけ独自性で勝負できるわけで、勝算はかなりあるはずだ。

 もちろん、銀座エリアに限らずホテル戦争はこれからさらに熾烈さを増していく。場合によっては東京五輪後、稼働率が低空飛行となり、ホテルを手仕舞いするところも出てくるかもしれない。MUJIホテルの場合も、銀座で想定以上の業績を収めることができれば、他の大都市でも横展開していく可能性はあるが、逆に、意外に苦戦した場合はどうか。

 実は、銀座のMUJIホテルには“可変性”がある。最初からホテル仕様の躯体にしてしまうと、事務所用途に比べて少し階高が低いため、ホテル用から事務所用には戻せなくなってしまうのだが、MUJIホテルの場合、階高を高めに確保して造るため、ホテルとしては贅沢な空間だが、これが将来、仮にホテル用途をやめてしまった場合、事務所用途に戻せるように設計されているのである。

 つまりリスクヘッジ的な観点からいえば、仮に万一、MUJIホテルが将来、クローズすることになったとしても、事務所用途に転用できるのであれば、家主の読売新聞社が違うオフィステナントを探すこともできる。

 場合によっては、下層階に無印良品の大型店を置くだけに、いまは東池袋に本社を置く良品計画が当地に本社移転し、自社の大型店舗と直結して、顧客の声や反応をダイレクトに吸い上げることも可能だ。

 場所も小売業にとって文句なしの銀座。しかも東京五輪を過ぎれば、年々地価が下がり、当地の家賃も一転して下がっていく可能性もある。そうなれば、良品計画にとっても悪い話ではないはずだ。もし、そこまで視野に入れてのMUJIホテル計画だとしたら、良品計画は実にしたたかで、逞しい企業だといえるだろう。

■文/河野圭祐(月刊『BOSS』編集委員)

あわせて読みたい

「無印良品」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    平然と行われる男性へのセクハラ

    sionsuzukaze

  2. 2

    よしのり氏 昭恵氏は世間知らず

    SmartFLASH

  3. 3

    娘の闇…Yahoo!知恵袋で衝撃展開

    キャリコネニュース

  4. 4

    よしのり氏 青木理氏の詭弁指摘

    小林よしのり

  5. 5

    橋下氏 天敵の米山氏辞任に言及

    AbemaTIMES

  6. 6

    次官セクハラで核心避けるTV報道

    メディアゴン

  7. 7

    希望解党で長島昭久氏の去就は

    早川忠孝

  8. 8

    安倍TPP強行採決のツケが現実味

    大串博志

  9. 9

    自民議員 ツイート批判受け謝罪

    長尾敬

  10. 10

    麻原三女 西田教授の回答を公開

    松本麗華

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。