記事

トランプ政権にとって、2018年は「ひどい1年」か「最悪の1年」か ~選挙の強さ、動員力、共和党支持者への訴えかけの力が失われてきた~ - 鈴木 一人

 2018年はアメリカ中間選挙の年である。中間選挙、特に大統領に就任してから最初の選挙となる1期目の中間選挙は、新大統領への期待が試される選挙であり、その後の政権運営に大きな影響を与える。

歴代の大統領は中間選挙で苦しんできた

 2010年の中間選挙でオバマ政権は下院で過半数を失い、上院も共和党との議席差が縮まることで苦しんだ。ブッシュ政権は9.11翌年に行われた1期目の中間選挙は乗り切ったが、2006年の中間選挙では下院の多数を失い、上院では民主・共和両党が同数となる結果となった。1994年のクリントン政権は上下両院で多数を失い、その後の政権運営が厳しくなった。


議会幹部と会談するトランプ大統領 ©getty

 では、トランプ政権の中間選挙はどのような結果をもたらすであろうか。その予兆とも言えるのが、12月12日に投開票が行われたアラバマ州上院補選での共和党の敗北だった。共和党が予備選で元州最高裁判事のロイ・ムーアを選出し、民主党のダグ・ジョーンズと争った選挙だが、選挙戦の最中に「ムーアが過去に14歳の少女と関係を持った」という大きなスキャンダルが発覚して、圧倒的有利とみられていたムーアが敗れるという波乱になった。

波乱のアラバマ上院補選から見える三つのトレンド

 アラバマ州はいわゆる「赤い州」、つまり共和党の強固な地盤であり、スキャンダルが出るまでは70%の確率でムーアが勝利するとみられていたが、それでも敗れたことから三つのことが読み取れる。

 一つは女性スキャンダル、とりわけアメリカで社会的な力を持つようになった「MeToo運動」が選挙に与える影響である。2017年のTIME誌の「今年の人」の表紙を飾ったのは「Silence Breakers(沈黙を破った人たち)」という、過去の性的暴行を告発する女性達であった。ハリウッド、ジャーナリズム、経済界、そして政界などで、過去の性的暴行の告発を受け、辞任に至ったケースが数多い。ケンタッキー州議会の議員が、過去に10代の女性と性的関係を持った疑いを否定した声明を発表した後に自殺するという事件まで起きている。2018年の中間選挙でも、候補となった政治家が過去のスキャンダルを暴かれ、アラバマ州のような共和党の強力な地盤でも勝てない可能性が出てきた。

 もう一つは共和党内の内紛である。ムーアが勝利した共和党の予備選では、他にも複数の候補が出馬しており、当初トランプ大統領はルーサー・ストレンジを支持していた。ストレンジはアラバマ州選出のジェフ・セッションズが司法長官となったため、その空席を埋める穏健保守の立場の代行議員だった。

 そのままセッションズの空席を埋めるための補選に出馬し、手堅く予備選を勝つかと思われた矢先、かつてトランプ陣営の選対本部長を務め、ホワイトハウスに入って「闇の大統領」と呼ばれたスティーブン・バノンが共和党エスタブリッシュメントとの戦いを宣言。極端な言行が見られるムーアを推挙し、予備選でストレンジと争うことになった。


アラバマ州上院補選のキャンペーンで熱弁をふるうバノン元大統領顧問 ©getty

 ある意味ではトランプ大統領とバノン元大統領顧問との代理戦争のような形になった予備選で勝利したのがムーアであった。この事実は、共和党内での路線対立があり、さらにはバノンが推挙する候補がしばしば過去に問題を多くはらむ人物である、という傾向も示している。

 2018年の中間選挙で、こうした内紛が表面化し、各選挙区で共和党エスタブリッシュメント候補と反エスタブリッシュメント候補が対立するようなことになれば、選挙が波乱含みになる可能性がある。

本来ならば共和党に圧倒的有利な選挙だが

 三つ目は本来共和党が圧倒的有利な中間選挙でもし負けるようなことがあれば、トランプ政権は危険な状態になる、ということである。中間選挙は下院の全議席と上院の3分の1の議席が改選となるが、上院では2012年に選出された議員が対象であり、このときはオバマ大統領の2期目の当選となった大統領選と重なっていたため、民主党が大きく勝利していた。今回の選挙では共和党の改選議席が8であるのに対し、民主党は23議席(+民主党系無所属2議席)の改選となる。そのため、共和党は8議席を守った上で民主党の議席をどれだけ奪えるか、という構図にある。

 しかし、「赤い州」アラバマの上院補選に見られるように、トランプ大統領が現地に乗り込んでムーアの支持演説を行うなど、強力にてこ入れしたにもかかわらず敗北したことは、スキャンダルの影響だけでなく、トランプ大統領が持っていた選挙の強さ、動員力、共和党支持者への訴えかけの力が失われてきた兆しでもある。しかも、このアラバマ州補選で敗れたため、共和党は上院で51議席となり、与野党の議席差が極めて小さくなっている。

 この状態で共和党が中間選挙で8議席を守れず、また民主党の25議席から奪うことができなければ、上院での多数派逆転すらあり得る。そうなればトランプ大統領による政権運営が一層難しくなるだけでなく、トランプ大統領の弾劾プロセスへのハードルも低くなる(弾劾は下院による弾劾訴追から始まり、その後上院の弾劾裁判へと移るので下院の結果次第でもある)。


議会運営の雲行きは怪しい ©iStock.com

 2018年におけるトランプ政権の行方は、弾劾を巡る議論にも相当左右されるであろう。弾劾は合衆国憲法第2条第4節に示される「大統領並びに副大統領、文官は国家反逆罪をはじめ収賄、重犯罪や軽罪により弾劾訴追され有罪判決が下れば、解任される」という条件で発動される。

 現在、トランプ大統領が選挙期間中、そして当選後にロシアと共謀したかどうかという疑惑をモラー特別検察官のチームが捜査している。この捜査は2017年後半になって選挙期間中にトランプ大統領の側近として仕えていたフリン元大統領安保補佐官がモラー特別検察官に協力し、情報提供をしているだけでなく、選挙期間中からトランプ大統領に仕えていたヒックス・ホワイトハウス広報部長も協力していると言われる。またモラー特別検察官はトランプ陣営の電子メールを数万通入手したとも報じられており、捜査は年末になって佳境に入っているが、これらの結果が何らかの形で2018年に出てくるであろう。

最大の懸案は北朝鮮の脅威への対処

 中間選挙で選出された議員は2019年1月から任期が始まるため、すぐに弾劾プロセスが始まることはないが、2018年中に捜査の結果が様々な形で報じられ、トランプ大統領のロシアとの共謀への関与が明らかになってくれば、弾劾目前としてレームダック状態になる可能性は高いと思われる。もちろん、そうした結果が出ない可能性もあるだろうし、中間選挙で上下両院とも共和党が多数となる可能性もある。しかし、この事件が世間を騒がせることは間違いないであろう。

 政権の足元がぐらつく中、トランプ大統領は様々な懸案を処理していかなければならない。その最大のものは北朝鮮の脅威への対処だが、これについては、2018年中に北朝鮮のミサイル開発がどこまで進展するかで状況は変わるとは言え、当面は制裁を強化し、中国の履行を求める、ということ以上のことはできないだろう。


中国訪問時には歓迎されたが…… ©getty

 その中国との関係においては、トランプ政権の支持者が最も懸念する貿易不均衡の問題にどう対処するか、という点が注目される。トランプ政権は中国に対して厳しい姿勢を取る方向に舵を切ったとみられるが、中間選挙へのアピールとして中国との通商交渉をまとめ、貿易不均衡を是正する措置を実効的にしていかなければならない。しかし、中国はトランプ政権の要求を真正面から受け止めるつもりはなく、のらりくらりとかわしながら、実効性のある措置はとられないだろう。

 同じく貿易問題として、NAFTAの再交渉についても何らかの結論を出さなければいけない状況にあるが、足元が弱まっているトランプ政権の交渉能力は限られている。強硬な姿勢を見せてもメキシコ、カナダともアメリカの要求に十分応える姿勢は見せていない。

 このように、トランプ政権の行方にはあまり明るい材料がなく、2018年は暗雲が立ちこめる1年になる可能性が高い。2017年末にまとまる可能性のある減税策が何らかの効果を生み出し、アメリカ経済が好調を維持し、雇用を創出していけば、暗雲を吹き払う可能性もあるかもしれない。しかし、ダウ平均が史上最高をマークしてもトランプ大統領の支持率は一向に上がらず、むしろ40%を切る状態がずっと続いている現状を見ると、経済指標の良さが支持に結びついていないことがわかる。トランプ政権にとっての2018年は、単なる「ひどい1年」で終わるのか、それとも「最悪の1年」になってしまうのか、二つの選択肢しかないように思える。

(鈴木 一人)

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    笑うしかない安倍首相の五輪出席

    天木直人

  2. 2

    堀江氏「新幹線高すぎ」に反響

    THE PAGE

  3. 3

    大雪で帰宅命令より朝出社禁止に

    かさこ

  4. 4

    橋下氏 恫喝訴訟と指摘され反論

    橋下徹

  5. 5

    NHKが証明したTVの無駄な演出

    メディアゴン

  6. 6

    性行為なしの援助交際続ける少女

    渋井哲也

  7. 7

    賃金払えない店が潰れるのは正常

    非国民通信

  8. 8

    尾木ママ iPS不正で国の責任指摘

    キャリコネニュース

  9. 9

    青山繁晴氏 首相の平昌行き反対

    AbemaTIMES

  10. 10

    iPhoneが暴走するバグが見つかる

    S-MAX

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。