記事

米軍より先に北朝鮮軍を瓦解させる「本当の敵」の正体


金正恩氏(朝鮮中央通信)

2017年の北朝鮮を振り返る(8)

北朝鮮では1990年代、社会主義的な計画経済と国民への配給システムが事実上、崩壊。その後はなし崩し的に市場経済化が進んでいる。それに伴い、市場での商売に励む国民の購買力が増し、その力強い需要に応える形で、食糧供給が改善してきた。

しかし、その例外に置かれているのが軍隊だ。規律に縛られた兵士たちは商売に取り組むことができず、現金収入を得られないから市場で食べ物を買うことができない。配給の食糧は横流しされ、少なくない兵士たちが栄養失調に苦しんでいるとされる。つまり、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の本当の敵は米軍でも韓国軍でもなく、「飢餓」であると言うことができるのだ。

(参考記事:兵士の月給はたった9円…金正恩氏の「腹ペコ軍隊」は餓死寸前

このような背景から、飢えに苦しむ兵士たちが協同農場を襲撃し、農作物を略奪する事件が頻発。地域住民からは「あんな土匪(馬賊)みたいなやつらを使って一体どんな戦争をするというのか」と罵られている。飢えた兵士たちは、国境を越えて中国にまで侵入し、たびたび強盗事件を起こしている。そのため、中朝国境地域の中国側では、地元住民が自警団を結成して対応するほどだ。

(参考記事:独占入手!中国軍に制圧・連行される「北朝鮮脱走兵」の現場写真

今年の秋にも、収穫を控えた北朝鮮の協同農場では、兵士たちの襲撃と略奪に備えて厳戒態勢が敷かれた。しかし、そうした努力も結局は役に立たないと、咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋は語る。

「農民が警戒したところで、武装した兵士の集団に襲撃されたらひとたまりもない。1年の糧が根こそぎ奪われてしまう。軍が絡んでるとあって、保安署(警察署)は手を出せず、被害をお上に訴える方法もない。泣き寝入りするしかない」

また、朝鮮半島情勢が緊張を増す中、訓練はより厳しくなっているが、配給が増えるわけではない。そのため空腹に耐えかねた兵士たちによる略奪が激化するという悪循環に陥っている。

情報筋によると、規律を引き締めるべき軍官(将校)たちまでもが、「事(戦争)がいつ起きるかわからないから、食べられるうちに腹いっぱい食べておけ」と言って、兵士たちの略奪を煽っている。

ここまで軍紀の乱れ切った軍隊が、世界最強の米軍と戦って勝てるはずなどないのだ。こんな状態が今後も続けば、戦争をする前に瓦解してしまうのではないか。飢餓、略奪、性上納の強要といった行為が横行する朝鮮人民軍に、果たして本気で戦争を構想する余裕などあるのだろうか。

(参考記事:北朝鮮女性を苦しめる「マダラス」と呼ばれる性上納行為

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    那覇市長選 与党が敗北した要因

    田中龍作

  3. 3

    韓国また合意棚上げ? 注目の判決

    tenten99

  4. 4

    3億円事件告白 出版社の仕込みか

    tokyo editor

  5. 5

    サウジ記者殺害 米IT企業が窮地?

    幻冬舎plus

  6. 6

    50人以上応募 音喜多新党に期待

    早川忠孝

  7. 7

    文大統領の苦しい国家運営と外交

    ヒロ

  8. 8

    「汚い顔は失礼」神田うのが炎上

    女性自身

  9. 9

    堀江氏「もう一度東大受ける」

    MAG2 NEWS

  10. 10

    マツコが悟った松田聖子のすごさ

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。