記事

年末座談会 輝く!2017年おじさん大賞(前編)プチ鹿島、鈴木涼美、おぐらりゅうじ、大嶋奈都子 - 「文春オンライン」編集部

1/2

 2017年、世間を騒がせたニュースの渦中にはいつも「おじさん」がいました。まさに“オモテに出てはいけない”二階俊博議員から、籠池ファミリー、立憲民主党の枝野代表、船越英一郎に出川哲朗、貴乃花親方、海外ではトランプ大統領やケヴィン・スペイシー……。今年ニュースになったおじさんを一気に振り返ります。「年末座談会 2017年おじさん大賞」の始まりです!(続く後編も公開中です)


左から、プチ鹿島さん、大嶋奈都子さん、鈴木涼美さん、おぐらりゅうじさん

――本日は、「2017年 第1回おじさん大賞」の選考会へお越しいただき、まことにありがとうございます。文春オンラインの連載陣の皆さん、本当におじさんに詳しいんですよね(笑)。よく原稿でも書いてイジっていただいて。

鹿島 新聞の政治面にはイジりたくなるおじさんがたくさん出てきますからね。「第1回おじさん大賞」の選考会なんて、めちゃくちゃ重要じゃないですか! 「おじさん有識者会議」ですね。


「選考委員長」のプチ鹿島さん

鈴木 私は『おじさんメモリアル』(扶桑社)を出版してから、「おじさんの悪口言ってください」っていう仕事の依頼がたくさん来てます。

おぐら イジるにしても悪口にしても、おじさんっていろんな属性の中で唯一と言っていいほど、誰もが認める「叩いてもいい存在」になってますよね。それだけ権力の側にいて、量的にも質的にも叩かれることをしているからなんですけど。

鹿島 これ、最初に聞いておきたいんですけど、「おじさん」っていうのは好意的な言い方なんですか? 僕、最近よく分からないんですよ。「オレ、オヤジくさいかなあ」「オヤジとおじさんの違い、ご存知ですか?」っていうニベアメンのCMがあって。どっちもダメじゃねえかと思うんですけど。オヤジとおじさん。

ニベアメン アクティブエイジバーム「おじさんとオヤジ篇」

鈴木 私は悪意を込めて「おじさん」って呼んでます(笑)。だって、自分もおばさんって言われたら嫌じゃないですか。敬意を持って呼ぶなら……おじさま? 奥田瑛二とかになると「おじさま」ですね。

――実は、文春オンラインで筆者のイラストを描いている大嶋奈都子さんは「おじさんスタンプ」の第一人者なんです。大嶋さんのご専門は「シロウトおじさん」なんですよね?


大嶋奈都子さん

大嶋 はい。ライフワークとしてずっとおじさんのスタンプを作っています。よく街中で背中の丸まり具合とか造形が気になって、一般のおじさんを観察して絵を描くと、“描きごたえ”があって筆が乗るといいますか。

おじさんは偏向していて当たり前

おぐら  生態の観察といえば、今年『ざんねんないきもの事典』(高橋書店)がベストセラーになりましたが、おじさんも「ざんねんないきもの」枠なんですよ。ただ、47歳の鹿島さんも、37歳の僕も立派なおじさんじゃないですか。そこは忘れちゃいけないと思って、今日はここにいます。

鹿島 言い訳できないです(苦笑)。僕は週刊誌やスポーツ新聞をまるっと「オヤジジャーナル」と名付けてすごく気が楽になったんですよ。おじさんが発信しておじさんが受信するメディアという意味で。というのは、変な話、小学生の頃からスポーツ新聞とか週刊誌が好きなんです。

鈴木 えー! そうなんですね。

鹿島 ええ。だから、やっと自分の年齢が追い付いてきたなと思っています。一般紙にも同じように「オヤジジャーナル」的要素がある。僕は6紙あったら6人のおじさんが毎日自分の正義をぶつけ合っていると思ってるんです。

おぐら 新聞の社説や週刊誌のコラムには、オヤジの小言が満載ですよね。「あれはいかがなものか」って、理解できないことがあると自分のせいではなく、世の中のせいにしがち。

鹿島 だから、偏向していて当たり前なんです。僕は、6人のおじさんが毎日社説とかで自分の正義を発信しているのを見るのがたまらないんですよね。きょうは自分がおじさんであることも頭の片隅に置きながら、あくまでも「観察者」の視点からしゃべりたいと思います。

まずは「オモテに出てはいけないあの人」から

――それでは、皆さんお一人ずつ「おじさん大賞」候補を挙げていっていただきましょう!

鹿島 僕のイチ押しはみんなが知ってるおじさん、二階俊博さんです。あの人はオモテに出ちゃいけない人なんですよ。言ってみれば自民党の「裏番長」的な感じでよろしくやっていたのが、当時の幹事長だった谷垣(禎一)さんが急に自転車事故で政界引退へ追い込まれた。あれって本当にイレギュラーなハプニングだったじゃないですか。じゃあ誰を幹事長にするかというときに、もう二階さんしかいなかったんですよね。

 僕は、二階さんが自民党幹事長になったあたりから安倍政権の潮目がちょっと変わったと見ています。それまでは安倍さんの隣に谷垣さんというハト派的な人を置いていたからバランスはそれなりに取れたんですけど、二階さんが隣に来るようになってから、ちょっと危なっかしくなったと思うんですよね。

おぐら 政治家にとって「失言は毎日。仕事だから」とか言いますし。

鹿島 国会で演説してヤジが飛んでくると「黙って聞け」って言うでしょう。

鈴木 でも、あそこまで乱暴な方って、私はそんなに好感度が低くはないんですけど。面白いじゃないですか。このご時世に、ある意味「炎上を恐れない実直さ」すら感じます。

鹿島 二階さんみたいな人って半径5メートル以内にいる人からは好かれてるような気がするんですよね。昭和オヤジの典型・田中角栄ラインだから。

鈴木 私もそう思う。トランプは、どちらかといえば安倍さんよりは二階さんタイプなのかな。おじさんとして、すごくチャーミングです。主張に何の素晴らしさもないし、自分の国を任せたくはないけど(笑)。


鈴木涼美さん

おぐら 関係性があったうえで丁寧にお願いしたら、裏口入学の斡旋とか気前よくやってくれそうですもんね。

鹿島 二階さんはどこか古くて懐かしいんだけど、こういう人が本当にポッと出ちゃう危なっかしさ、僕は見ていて面白いんですよね。期待に応えてくれるし。

おぐら 最近だと、女性記者の部屋に入って抱きついて無理やりキスをしたと報道された岩手県の岩泉町長とか。


おぐらりゅうじさん

鈴木 あの、性欲の強そうな(笑)。

おぐら 地方にはオモテに対応できないおじさんたくさんいますよね。

ムラ社会に生息する野生のおじさんは本当にヤバい

鹿島 地方は本当にヤバい。僕らが気付いていないだけで、のうのうと暮らしてるんですよ。2014年に大ブレイクした兵庫県の野々村竜太郎元県議。僕はあの人の功績が意外とデカかったと思っていて。あの号泣会見で、みんな「地方ヤバくない?」って気付きましたからね。

おぐら 女子中学生をLINEで脅して、私設ファンクラブ「山本けいたん応援隊」まで結成していたとされる元大阪府議は僕と同い年ですよ。

鹿島 あとは、みんなの党の塩村文夏都議がヤジを飛ばされた「東京都議会ヤジ事件」がありましたよね。僕らはみんな、国会のことは見ていたけど都議会はスルーしていた。あの時は、自分の家の庭の石をひっくり返したら、身近なところにとんでもない虫がウジャウジャいるのがわかっちゃったような感覚でしたよ。

鈴木 SPEEDの今井絵理子と付き合ってたのも、橋本健元神戸市議でしたね。

おぐら 地方には野生のおじさんがまだまだ生息してる。

鈴木 私、日経新聞の記者だったとき、都道府県会館に常駐していた時期があって。会議中の市長が挨拶してる中でナンパしてくるんです。「帰り、丸の内だったら乗っていっていいよ」とか(笑)。

おぐら これまで「閉じられた地方」だったはずが、ネットによって明るみに出て、いまや簡単に炎上しますね。

鈴木 地方だけじゃなくて、ムラ社会は閉鎖的なローカルルールがたくさんありますよ。私、以前とある番組でアシスタントMCをやったんですね、代理で。なぜ私が代理だったかというと、ゲストが大御所AV監督だったんです。普段アシスタントを務めていらっしゃるアナウンサーの方が、とてもじゃないけど対応できない、ということになって。その監督、AVムラで生きてきた年月が長すぎて「おまんこって言わないでください」って言われても守れないんですよ。隣に座った女性の「あそこの締まり具合」についてすぐ興味を持って聞いてくるし(笑)。

おぐら もう30年ぐらい言い続けているだろうからね。それが当たり前になってる。

鈴木 AV強要問題なんかで、いますごくAVムラがスケルトン状態になってはいるんだけど……。そういう人たちに「今から社会勉強してください」って言っても無理がありますよね。別にAVムラの中で生きてくれる分には何の害もないんです。いい人だし。だから、地方の町長にしても無理やり引っ張り出してきて、叩くのはちょっとかわいそうかなとも思って。

あわせて読みたい

「貴乃花」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    大雪で帰宅命令より朝出社禁止に

    かさこ

  2. 2

    堀江氏「新幹線高すぎ」に反響

    THE PAGE

  3. 3

    性行為なしの援助交際続ける少女

    渋井哲也

  4. 4

    白米を食べられない子供が増加中

    NEWSポストセブン

  5. 5

    尾木ママ iPS不正で国の責任指摘

    キャリコネニュース

  6. 6

    橋下氏 会見開いた岩上氏を批判

    橋下徹

  7. 7

    青山繁晴氏 首相の平昌行き反対

    AbemaTIMES

  8. 8

    賃金払えない店が潰れるのは正常

    非国民通信

  9. 9

    石破氏 軍オタの左翼と呼ばれる

    AbemaTIMES

  10. 10

    橋下氏 スパコン不正ひどすぎる

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。