記事

昨日の処刑人が、今日は罪人に…北朝鮮の権力中枢「一寸先は闇」

金正恩氏(朝鮮中央通信)

2017年の北朝鮮を振り返る(6)

北朝鮮は今年、米国からの軍事的圧力と国連安保理による経済制裁を受けながら、核実験を1回、長距離弾道ミサイルの発射実験を3回、中距離弾道ミサイルの発射実験を2回行った。強硬姿勢を貫いた金正恩党委員長は、自信を深めているかもしれない。

一方で、北朝鮮の内政には異変が感知されている。最近になり、黄炳瑞(ファン・ビョンソ)朝鮮人民軍(北朝鮮軍)総政治局長と金元弘(キム・ウォノン)同第1副局長が粛清されたとされているのだ。

「ポルノ撮影」の情報

この情報は11月、韓国の情報機関・国家情報院(国情院)によって明らかにされた。国情院は、朝鮮労働党組織指導部が朝鮮人民軍総政治局に対して20年ぶりとなる検閲を進め、その過程で黄氏と金氏など相当数の幹部が処罰されたもようだと述べた。

これに続く形で、韓国紙・中央日報は今月12日、黄氏が朝鮮労働党からの「出党」(追放)処分を受け、金氏が政治犯収容所に収監されたと報じた。

国情院と韓国統一省は中央日報の報道について「そのような事実は確認されていない」としながらも、国情院傘下のシンクタンクである国家安全保障戦略研究院は18日、黄氏が深刻な降格処分を受け、某省庁で勤務し、金氏は農場で働いているという見解を示した。

さらに、北朝鮮の公式報道も黄氏と金氏が、なんらかの処分を受けたことを間接的に裏付けていた。

12月、北朝鮮では第8回軍需工業大会が開かれた。しかし会場のひな壇に、本来ならいるべき黄氏と金氏の姿はなかった。その後に行われた党細胞委員長大会にも2人の姿は見えなかった。いずれの大会にも金正恩氏が参加しており、これらの行事が非常に重要なものとして位置づけられていたことがわかる。その場における不在は、黄氏と金氏が北朝鮮政治の表舞台から消え去ったことを意味しているようにも思える。

また、金正恩氏は昨年まで、父・金正日総書記の命日(12月17日)には党や軍の幹部を引き連れ、遺体の安置された錦繍山(クムスサン)太陽宮殿を参拝していた。しかし今年は、たった1人での参拝だった。別途、党や軍、政府の幹部らも参拝したが、参拝者の名前も写真も公開されていない。権力中枢の異変を悟られまいと、敢えて公開しなかったのだろう。

黄氏と金氏はこの数年間、金正恩体制を表裏から支えてきた核心人物と言える。2013年12月、金正恩氏は叔父である張成沢(チャン・ソンテク)元国防副委員長を粛清・処刑した。2人は、この粛正劇で主導的な立場にあったと見られている。

4年前に権勢を振るっていた張氏を引きずり下ろした2人が、今度は「やられて」しまったことになる。2人にどのような処分が下されたのかまだ不明な点が多いが、金氏の立場は、非常に危ういと筆者は見ている。

張氏は処刑されるに当たり、罪状のひとつとして、2009年に失敗した貨幣改革(デノミネーション)の責任を押しつけられた。このデノミ失敗では多くの国民が財産を失っており、国家に対する恨みの種となっていた。張氏が処刑されて以降、一部の平壌市民の間では「張成沢が貨幣改革で北朝鮮経済を悪化させた」との話が出回っていると聞く。張氏をスケープゴート(生贄)にしたプロパガンダが、まんまと成功しているのだ。

金氏の粛正の背景には、彼がトップを務めていた国家保衛省(秘密警察)の越権行為があったとの説がある。同省が主導した粛清の相当部分が、特定の有力者が自分の政敵を抹殺するために虚偽の密告を行って仕組んだ「謀略」だったと判明したというのだ。

(参考記事:「家族もろとも銃殺」「機関銃で粉々に」…残忍さを増す北朝鮮の粛清現場を衛星画像が確認

保衛省は、拷問を厭わぬ残忍さで庶民から恐れられ、同時に忌み嫌われている。また政治犯収容所も運営し、北朝鮮の体制を支える恐怖政治の象徴となってきた。そしてそれだけに、国際社会からの人権攻勢の矢面に立たざるを得ないのだ。

(参考記事:北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは…

金正恩氏が、恐怖政治に対する庶民の反発をやわらげ、あるいは人権侵害に対する国際的な非難をかわす狙いで、金氏に全ての責任を押しつけるのはあり得ないことではない。先述の国家安全保障戦略研究院は、黄氏は組織指導部で果たした役割から復帰する可能性があるが、金氏の復帰は難しいという見解を示している。

2012年3月、金正恩氏は国際婦女節を記念して行われた音楽公演「女性は花だね」を観覧した。公演では、サプライズ演出として元女性歌手の玄松月(ヒョン・ソンウォル)氏が観客席から舞台に上がり美声を披露した。そしてこの公演では、金氏もまた、周囲から促されて妻とともに歌を披露している。

2013年8月、日本と韓国のメディアは、玄氏が公開処刑されたと報じた。玄氏ら北朝鮮の有名芸術団のメンバー9人がポルノ動画を撮影し、金正恩氏の夫人・李雪主(リ・ソルチュ)氏を中傷したからだとされた。

(参考記事:美貌の女性らが主導…北朝鮮芸術家「ポルノ撮影」事件の真相

後に、玄氏は健在であることが確認されたが、彼女が事件から近い位置にいたことは確かだろう。そして、芸術団員らに対する捜査を行い、むごたらしい公開処刑を実行したのが金氏の率いる国家保衛省だった。

あれから時が流れ、玄氏は今年10月に行われた党の総会で、異例の抜擢を受け高位幹部となった。金氏の現状と比べると、まさに天国と地獄である。北朝鮮の権力中枢は、まさに「一寸先は闇」なのだ。

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    笑うしかない安倍首相の五輪出席

    天木直人

  2. 2

    堀江氏「新幹線高すぎ」に反響

    THE PAGE

  3. 3

    大雪で帰宅命令より朝出社禁止に

    かさこ

  4. 4

    橋下氏 恫喝訴訟と指摘され反論

    橋下徹

  5. 5

    NHKが証明したTVの無駄な演出

    メディアゴン

  6. 6

    性行為なしの援助交際続ける少女

    渋井哲也

  7. 7

    賃金払えない店が潰れるのは正常

    非国民通信

  8. 8

    尾木ママ iPS不正で国の責任指摘

    キャリコネニュース

  9. 9

    青山繁晴氏 首相の平昌行き反対

    AbemaTIMES

  10. 10

    iPhoneが暴走するバグが見つかる

    S-MAX

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。